Top > Search of International Patents > RADIATION DETECTION METHOD, DEVICE AND POSITRON-EMISSION TOMOGRAPHIC DEVICE

RADIATION DETECTION METHOD, DEVICE AND POSITRON-EMISSION TOMOGRAPHIC DEVICE

Foreign code F090002135
File No. F090002135
Posted date Dec 11, 2009
Country WIPO
International application number 2008JP057035
International publication number WO 2009/125480
Date of international filing Apr 9, 2008
Date of international publication Oct 15, 2009
Title RADIATION DETECTION METHOD, DEVICE AND POSITRON-EMISSION TOMOGRAPHIC DEVICE
Abstract On the radiation source side of a scintillator (including a Cherenkov radiator), a photodetector for detecting incident time is provided to obtain information (energy, the incident time, an incident position, etc.) on radiations incident on the scintillator by outputs from the photodetector. This makes it possible to precisely identify the incident position etc. of the radiations on the scintillator.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】シンチレータ(チェレンコフ放射体を含む)の放射線源側に、入射時刻を検出するための受光器を設け、
該受光器の出力によりシンチレータに入射した放射線の情報を得ることを特徴とする放射線検出方法。

【請求項2】前記受光器が、シンチレータの放射線源側にのみ設けられていることを特徴とする請求項1に記載の放射線検出方法。

【請求項3】前記受光器が、シンチレータの放射線源側に設けられ、これを補助する検出器が、シンチレータの側部や反対側にも設けられていることを特徴とする請求項1に記載の放射線検出方法。

【請求項4】前記シンチレータと受光器からなる放射線検出器がDOI検出器であることを特徴とする請求項1乃至3のいずれかに記載の放射線検出方法。

【請求項5】前記シンチレータと受光器の組合せを積層したことを特徴とする請求項1乃至4のいずれかに記載の放射線検出方法。

【請求項6】ペアとなる放射線検出器が放射線源を挟んで対向するように設けられ、コインシデンス計測やタイムオブフライト計測を行なうことを特徴とする請求項1乃至5のいずれかに記載の放射線検出方法。

【請求項7】放射線検出器が放射線源を囲うようにリング状に配列され、各放射線検出器を構成するシンチレータと受光器の間に錐状のライトガイドを設けて、該ライトガイドへの入射光路径に対し出射光路径を絞るようにしたことを特徴とする請求項1乃至6のいずれかに記載の放射線検出方法。

【請求項8】シンチレータ(チェレンコフ放射体を含む)の放射線源側に設けられた、入射時刻を検出するための受光器と、
該受光器の出力によりシンチレータに入射した放射線の情報を得る手段と、
を備えたことを特徴とする放射線検出装置。

【請求項9】前記受光器が、シンチレータの放射線源側にのみ設けられていることを特徴とする請求項8に記載の放射線検出装置。

【請求項10】前記受光器が、シンチレータの放射線源側に設けられ、これを補助する受光器が、シンチレータの側部や反対側にも設けられていることを特徴とする請求項8に記載の放射線検出装置。

【請求項11】前記シンチレータと受光器からなる放射線検出器がDOI検出器であることを特徴とする請求項8乃至10のいずれかに記載の放射線検出装置。

【請求項12】前記シンチレータと受光器の組合せが積層されていることを特徴とする請求項8乃至11のいずれかに記載の放射線検出装置。

【請求項13】ペアとなる放射線検出器が放射線源を挟んで対向するように設けられ、コインシデンス計測やタイムオブフライト計測を行なうことを特徴とする請求項8乃至12のいずれかに記載の放射線検出装置。

【請求項14】放射線検出器が放射線源を囲うようにリング状に配列され、各放射線検出器を構成するシンチレータと受光器の間に錐状のライトガイドを設けて、該ライトガイドへの入射光路径に対し出射光路径を絞るようにしたことを特徴とする請求項8乃至13のいずれかに記載の放射線検出装置。

【請求項15】請求項8乃至14のいずれかに記載の放射線検出装置を備えたことを特徴とする陽電子放射断層撮像装置。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • National Institute Of Radiological Sciences
  • Inventor
  • Shibuya, Kengo
  • Yamaya, Taiga
  • Inadama, Naoko
  • Nishikido, Fumihiko
  • Yoshida, Eiji
  • Murayama, Hideo
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BE BF BG BH BJ BR BW BY BZ CA CF CG CH CI CM CN CO CR CU CY CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI FR GA GB GD GE GH GM GN GQ GR GT GW HN HR HU ID IE IL IN IS IT JP KE KG KM KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LV LY MA MC MD ME MG MK ML MN MR MT MW MX MY MZ NA NE NG NI NL NO NZ OM PG PH PL PT RO RS RU SC SD SE SG SI SK SL SM SN SV SY SZ TD TG TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close