Top > Search of International Patents > GAMMA RAY DETECTOR AND METHOD OF RECONSTRUCTING GAMMA RAY

GAMMA RAY DETECTOR AND METHOD OF RECONSTRUCTING GAMMA RAY

Foreign code F090002139
File No. F090002139
Posted date Dec 11, 2009
Country WIPO
International application number 2007JP059973
International publication number WO 2008/139625
Date of international filing May 15, 2007
Date of international publication Nov 20, 2008
Title GAMMA RAY DETECTOR AND METHOD OF RECONSTRUCTING GAMMA RAY
Abstract [PROBLEMS] To provide a gamma ray detector and a method of reconstructing a gamma ray which can be used for SPECT and PET and can be remarkably enhanced in detection sensitivity with respect to gamma rays by combining and reconstructing the information on Compton-scattered gamma rays and can reduce the exposure of a subject to radioactive materials, remarkably reducing the possibilities that the subject becomes a radioactive victim. [MEANS FOR SOLVING PROBLEMS] The gamma ray detector comprises a scintillator (12) for absorption formed of an absorptive substance having a high rate of absorption with respect to gamma rays (1) in an energy region emitted from the subject, a scintillator (14) for Compton scattering which is formed of a Compton scattering substance having a high probability of Compton scattering gamma rays, and an energy detector (16) which combines gamma ray energy absorptions simultaneously measured by the two types of scintillators and reconstructs the gamma rays emitted from the subject. The two types of scintillators (12) and (14) are arranged in multiple layers so as to absorb or Compton-scatter the whole energy of the gamma rays (1).
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】被検体から放出されるエネルギー領域のガンマ線に対して、吸収確率の高い吸収物質からなる吸収用シンチレータと、
前記ガンマ線に対して、コンプトン散乱の確率の高いコンプトン散乱物質からなるコンプトン散乱用シンチレータと、
前記2種のシンチレータにおいて同時計測したガンマ線のエネルギー吸収量を合算し被検体から放出されたガンマ線を再構築するエネルギー検出装置を備え、
前記2種のシンチレータは、前記ガンマ線の全エネルギーを吸収又はコンプトン散乱するように、多層に配列されている、ことを特徴とするガンマ線検出器。

【請求項2】前記吸収用シンチレータとコンプトン散乱用シンチレータは、同一面内及び積層方向において、交互に又はランダムに配置される、ことを特徴とする請求項1に記載のガンマ線検出器。

【請求項3】前記コンプトン散乱物質は、炭素分子と水素分子からなる質量数の小さい有機材料である、ことを特徴とする請求項1に記載のガンマ線検出器。

【請求項4】前記エネルギー検出装置は、吸収用シンチレータと光学的に結合し該吸収用シンチレータの発光量を検出する吸収発光量検出器と、
コンプトン散乱用シンチレータと光学的に結合し該コンプトン散乱用シンチレータの発光量を検出するコンプトン散乱発光量検出器と、
前記各発光量から同一のガンマ線によるエネルギー量を演算する演算装置とからなる、ことを特徴とする請求項1に記載のガンマ線検出器。

【請求項5】前記コンプトン散乱発光量検出器は、コンプトン散乱用シンチレータの所定面に所定間隔で光学的に配列された複数の光量検出器からなり、
前記演算装置は、前記複数の光量検出器の光量分布から、ガンマ線の入射位置を演算する、ことを特徴とする請求項4に記載のガンマ線検出器。

【請求項6】被検体から放出されるエネルギー領域のガンマ線に対して、吸収確率の高い吸収物質からなる吸収用シンチレータと、コンプトン散乱の確率の高いコンプトン散乱物質からなるコンプトン散乱用シンチレータとを、ガンマ線のエネルギーを吸収又はコンプトン散乱するように多層に配列し、前記2種のシンチレータにおいて同時計測したガンマ線のエネルギー吸収量を合算して被検体から放出されたガンマ線を再構築する、ことを特徴とするガンマ線再構築方法。

【請求項7】前記コンプトン散乱用シンチレータの所定面に光学的に配列された複数の光量検出器を取り付け、該複数の光量検出器の光量分布から、ガンマ線の入射位置を演算する、ことを特徴とする請求項6に記載のガンマ線再構築方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • National Institute Of Radiological Sciences
  • Inventor
  • Nakamura, Hidehito
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BE BF BG BH BJ BR BW BY BZ CA CF CG CH CI CM CN CO CR CU CY CZ DE DK DM DZ EC EE EG ES FI FR GA GB GD GE GH GM GN GQ GR GT GW HN HR HU ID IE IL IN IS IT JP KE KG KM KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LV LY MA MC MD MG MK ML MN MR MT MW MX MY MZ NA NE NG NI NL NO NZ OM PG PH PL PT RO RS RU SC SD SE SG SI SK SL SM SN SV SY SZ TD TG TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close