Top > Search of International Patents > FLUORESCENT LABELED FUSED PROTEIN FOR ASSAYING ADENOSINE TRIPHOSPHATE

FLUORESCENT LABELED FUSED PROTEIN FOR ASSAYING ADENOSINE TRIPHOSPHATE

Foreign code F090002166
File No. F090002166
Posted date Feb 26, 2010
Country WIPO
International application number 2008JP055535
International publication number WO 2008/117792
Date of international filing Mar 25, 2008
Date of international publication Oct 2, 2008
Priority data
  • P2007-082560 (Mar 27, 2007) JP
Title FLUORESCENT LABELED FUSED PROTEIN FOR ASSAYING ADENOSINE TRIPHOSPHATE
Abstract It is intended to provide a substance which makes it possible to highly accurately assay ATP by a convenient procedure without depending on a protein concentration. It is also intended to provide a method of assaying ATP using this substance. These objects can be achieved by a fluorescent labeled fused protein, wherein two fluorescent substances respectively serving as a donor and an acceptor in fluorescence resonance energy transfer (FRET) are individually bonded to a protein capable of undergoing a structural change depending on the binding to ATP (i.e., an protein that is a subunit of ATP synthase), and a method which comprises bringing this fluorescent labeled fused protein into contact with a test substance and then measuring the fluorescence spectrum.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】アデノシン三リン酸(ATP)合成酵素のサブユニットであるεタンパク質を構成するアミノ酸配列の部分を含むタンパク質に蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)におけるドナー及びアクセプターとなりうる2種類の蛍光物質をそれぞれ結合させてなる蛍光標識融合タンパク質。

【請求項2】前記εタンパク質を構成するアミノ酸配列の部分が、少なくともATP特異的に構造変化を生じうる部分を含む、請求の範囲第1項に記載の蛍光標識融合タンパク質。

【請求項3】ドナー及びアクセプターとなりうる2種類の蛍光物質が、前記εタンパク質を構成するアミノ酸配列の部分を含むタンパク質の、N末端ドメイン及びC末端ドメインに、それぞれ結合させてなる請求の範囲第1項又は第2項に記載の蛍光標識融合タンパク質。

【請求項4】前記εタンパク質を構成するアミノ酸配列の部分を含むタンパク質が、野生型εタンパク質を構成するアミノ酸配列に対し、1~8個のアミノ酸が、置換、欠失、挿入又は付加されている請求の範囲第1項~第3項のいずれか1に記載の蛍光標識融合タンパク質。

【請求項5】蛍光標識が、蛍光タンパク質であり、ドナー及びアクセプターの組み合わせが、シアンフルオレセントプロテイン(CFP)及びイエローフルオレセントプロテイン(YFP)、ブルーフルオレセントプロテイン(BFP)及びグリーンフルオレセントプロテイン(GFP)、あるいはグリーンフルオレセントプロテイン(GFP)及びレッドフルオレセントプロテイン(RFP)のいずれかである請求の範囲第1項~第4項のいずれか1に記載の蛍光標識融合タンパク質。

【請求項6】請求の範囲第1項~第5項のいずれか1に記載の蛍光標識融合タンパク質をコードするDNA。

【請求項7】請求の範囲第6項に記載のDNAを含み、該DNAから蛍光標識融合タンパク質を発現しうるベクター。

【請求項8】少なくとも以下の工程を含むATPの測定方法:
1)請求の範囲第1項~第5項のいずれか1に記載の蛍光標識融合タンパク質を、被験物質と接触させて反応させる工程;
2)上記蛍光タンパク質と被験物質を反応させた後に、蛍光標識融合タンパク質と被験物質の混合物から発光した蛍光を測定する工程。

【請求項9】被験物質が、ATPを含む生体であり、該生体内でATPと蛍光標識融合タンパク質を接触させて反応させる請求の範囲第8項に記載の測定方法。

【請求項10】生体内でATPと蛍光標識融合タンパク質を接触させて反応させる方法が、生体内に請求の範囲第6項のDNAを導入させて、生体内で蛍光標識融合タンパク質を発現させることによる請求の範囲第9項に記載の測定方法。

【請求項11】請求の範囲第1項~第4項のいずれか1に記載の蛍光標識融合タンパク質、請求の範囲第6項に記載のDNA又は請求の範囲第7項に記載のプラスミドを含むATP測定用試薬。

【請求項12】請求の範囲第6項に記載のDNA又は請求の範囲第7項に記載のベクターと、蛍光標識融合タンパク質を発現させるために必要な試薬を含むATP測定用試薬キット。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • The New Industry Research Organization
  • Osaka University
  • Rikkyo Gakuin
  • Inventor
  • Noji, Hiroyuki
  • Imamura, Hiromi
  • Iino, Ryota
  • Yamada, Yasuyuki
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BE BF BG BH BJ BR BW BY BZ CA CF CG CH CI CM CN CO CR CU CY CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI FR GA GB GD GE GH GM GN GQ GR GT GW HN HR HU ID IE IL IN IS IT JP KE KG KM KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LV LY MA MC MD ME MG MK ML MN MR MT MW MX MY MZ NA NE NG NI NL NO NZ OM PG PH PL PT RO RS RU SC SD SE SG SI SK SL SM SN SV SY SZ TD TG TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close