Top > Search of International Patents > METHOD FOR PRODUCTION OF PURIFIED ANTHOCYANIN

METHOD FOR PRODUCTION OF PURIFIED ANTHOCYANIN meetings

Foreign code F100002196
File No. F100002196
Posted date Jun 18, 2010
Country WIPO
International application number 2008JP054411
International publication number WO 2008/111589
Date of international filing Mar 11, 2008
Date of international publication Sep 18, 2008
Priority data
  • P2007-062641 (Mar 12, 2007) JP
Title METHOD FOR PRODUCTION OF PURIFIED ANTHOCYANIN meetings
Abstract Disclosed is a method for producing a anthocyanin in the purified form readily from a crude dye fraction containing contaminants and the anthocyanin. The method comprises the steps of: providing a flavone capable of forming a metal complex with the anthocyanin and at least one metal ion selected from an alkali earth metal ion and a heavy metal ion; contacting a crude dye fraction containing the contaminants and the anthocyanin with the flavone in the solution in the presence of the at least one metal ion to form a metal complex comprising the anthocyanin, the flavone and the metal ion; removing the contaminants contained in the crude dye fraction from the solution and collecting the metal complex; and treating the metal complex with an acid or the like to dissociate the anthocyanin from the metal complex. The method enables to produce an anthocyanin having a high purity.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】アントシアニンを含む粗色素画分から精製アントシアニンを精製する精製アントシアニンの製造方法であって、下記工程(A)~(D)を含むことを特徴とする製造方法。(A) アントシアニンとアルカリ土類金属および重金属の少なくとも一方の金属イオンと共に金属錯体を形成するフラボノイドを準備する工程(B) アルカリ土類金属および重金属の少なくとも一方の金属イオンの存在下、液体中で、前記粗色素画分と前記フラボノイドとを接触させ、前記アントシアニンと前記フラボノイドと前記金属イオンとを含む金属錯体を形成させる工程(C) 前記液体から前記金属錯体を回収する工程(D) 前記金属錯体からアントシアニンを解離させる工程

【請求項2】前記フラボノイドが、ツユクサ由来フラボン、ヤグルマギク由来フラボン、ヒマラヤケシ由来フラボノールおよび青色サルビア由来のフラボンからなる群から選択された少なくとも一つのフラボン類である、請求の範囲1記載の製造方法。

【請求項3】前記フラボノイドが、フラボコンメリン、apigenin 7,4’-diglucoside、apigenin 4’-(6-O-malonylglucoside)-7-glucuronide、flavonol 3-getiobioseおよびflavonol 3-(6-O-glucosyl-b-O-galactoside)からなる群から選択された少なくとも一つである、請求の範囲1記載の製造方法。

【請求項4】前記粗色素に含まれるアントシアニンが、2種類以上のアントシアニンである、請求の範囲1記載の製造方法。

【請求項5】前記アントシアニンが、B環に2つ以上のOH基を有する、ペオニジン系配糖体アントシアニン、デルフィニジン系配糖体アントシアニン、ペチュニジン系配糖体アントシアニンおよびデルフィニジン系配糖体アントシアニンからなる群から選択された少なくとも一つのアントシアニンである、請求の範囲1記載の製造方法。

【請求項6】前記粗色素画分が、植物から抽出したアントシアニンを含む粗色素画分であり、前記植物が、シソ、赤キャベツ、ブドウ、黒トウモロコシ、赤大根、ベリー類、豆類、いも類、米類、紫玉ねぎ、オリーブ、およびリンゴからなる群から選択された少なくとも一つの植物である、請求の範囲1記載の製造方法。

【請求項7】前記アルカリ土類金属イオンが、マグネシウムイオンである、請求の範囲1記載の製造方法。

【請求項8】前記重金属イオンが、亜鉛、ニッケル、カドミウム、鉄、コバルト、アルミニウム、銅、マンガン、クロムおよび錫からなる群から選択された少なくとも一つの金属イオンである、請求の範囲1記載の製造方法。

【請求項9】前記(B)工程に先立って、前記粗色素画分をアルカリ処理し、前記粗色素画分に含まれるアントシアニンをアンヒドロベースまたはアンヒドロベースアニオンに変換する工程を含む、請求の範囲1記載の製造方法。

【請求項10】前記(C)工程において、エタノール沈殿法または分子量分画法により、前記液体から前記金属錯体を回収する、請求の範囲1記載の製造方法。

【請求項11】前記(C)工程において、前記分子量分画法がゲル濾過法である、請求の範囲10記載の製造方法。

【請求項12】前記(D)工程において、前記金属錯体に、酸性処理、加熱処理および超音波処理からなる群から選択された少なくとも一つの処理を施して、前記金属錯体からアントシアニンを解離させる、請求の範囲1記載の製造方法。

【請求項13】前記(D)工程において、前記金属錯体に酸性処理を施して、前記金属錯体からアントシアニンを解離させ、前記(D)工程の後、前記(D)工程の酸性処理によって得られたプラス荷電のアントシアニンと電気的に中性のフラボノイドと前記金属イオンとを含む混合物を陽イオン交換樹脂に供して、前記アントシアニンを吸着させ、前記フラボノイドを除去した後、前記吸着したアントシアニンを溶出する、請求の範囲1記載の製造方法。

【請求項14】請求の範囲1記載の製造方法により得られる精製アントシアニン。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • National University Corporation Kagawa University
  • Inventor
  • Tamura, Hirotoshi
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BE BF BG BH BJ BR BW BY BZ CA CF CG CH CI CM CN CO CR CU CY CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI FR GA GB GD GE GH GM GN GQ GR GT GW HN HR HU ID IE IL IN IS IT JP KE KG KM KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LV LY MA MC MD ME MG MK ML MN MR MT MW MX MY MZ NA NE NG NI NL NO NZ OM PG PH PL PT RO RS RU SC SD SE SG SI SK SL SM SN SV SY SZ TD TG TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
Shikoku TLO is introducing the seeds of 4 inside 20 university and a technical college. Please ask to the following about the detailed contents of seeds. I am waiting for an inquiry.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close