Top > Search of International Patents > ANTI-TUMOR AGENT AND IMMUNOSTIMULATING AGENT

ANTI-TUMOR AGENT AND IMMUNOSTIMULATING AGENT meetings

Foreign code F100002201
File No. F100002201
Posted date Jun 18, 2010
Country WIPO
International application number 2006JP325817
International publication number WO 2007/074788
Date of international filing Dec 25, 2006
Date of international publication Jul 5, 2007
Priority data
  • P2005-376609 (Dec 27, 2005) JP
Title ANTI-TUMOR AGENT AND IMMUNOSTIMULATING AGENT meetings
Abstract [PROBLEMS] To provide a pharmaceutical composition comprising a ceramide-related substance having little adverse side effects as an active ingredient by using a raw material that is highly safe to a human body and is inexpensive. [MEANS FOR SOLVING PROBLEMS] A pharmaceutical composition comprising at least one sphingoglycolipid derivative that is produced from a beer waste and is represented by the formula below as an active ingredient: wherein R3 represents H or OH; R4 is as defined by (a) or (b): (a) when R3 is H, R4 represents (CH2)13CH3 or (CH2)6CH=CHCH2CH=CH(CH2)4CH3; and (b) when R3 is OH, R4 represents (CH2)yCH3 (where Y represents an integer of 13 to 21) or (CH2)z1CH=CH(CH2)Z2CH3(where Z1 and Z2 independently represent 0 or a natural number, provided that Z1+Z2=19).
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】下記の式(1)で示されるスフィンゴ糖脂質誘導体の一以上を有効成分として含有する医薬用組成物。【化9】(1)ここで、R1はモノカルボン酸がカルボキシル基で酸アミド結合した残基を表し、またR2は(CH2X1CH=CH(CH2X2CH3(ここで、X1、及びX2は0又は自然数であって、X1+X2=10である。)である。

【請求項2】下記の式(2)で示されるスフィンゴ糖脂質誘導体の一以上を有効成分として含有する医薬用組成物。【化10】(2)ここで、R1はモノカルボン酸がカルボキシル基で酸アミド結合した残基を表す。

【請求項3】下記の式(3)で示されるスフィンゴ糖脂質誘導体の一以上を有効成分として含有する医薬用組成物。【化11】(3)ここで、R3はH又はOHを表し、R4は下記(a)又は(b)で定義される。(a)R3がHの場合、R4は(CH213CH3、又は(CH26CH=CHCH2CH=CH(CH24CH3である。(b)R3がOHの場合、R4は(CH2YCH3(ここで、Yは13~21の整数である。)、又は(CH2Z1CH=CH(CH2Z2CH3(ここで、Z1、及びZ2は0又は自然数であって、Z1+Z2=19である。)である。

【請求項4】前記(b)は以下で定義される請求項3に記載の医薬用組成物。(b)R3がOHの場合、R4は(CH2YCH3(ここで、Yは13~21の整数である。)、又は(CH212CH=CH(CH27CH3である。

【請求項5】前記スフィンゴ糖脂質誘導体は天然のスフィンゴ糖脂質誘導体である請求項1から4のいずれか一に記載の医薬用組成物。

【請求項6】前記スフィンゴ糖脂質誘導体はビール等の製造工程で得られるビール粕より抽出されるスフィンゴ糖脂質誘導体である請求項1から4のいずれか一に記載の医薬用組成物。

【請求項7】前記医薬用組成物は抗腫瘍剤として用いるための医薬用組成物である請求項1から6のいずれか一に記載の医薬用組成物。

【請求項8】前式(1)で示されるスフィンゴ糖脂質誘導体の一以上を有効成分として、大腸がん細胞、肝臓がん細胞、皮膚がん細胞、肺腺がん細胞、白血病細胞のいずれかの腫瘍細胞に対して選択的な細胞傷害性を有する請求項7に記載の医薬用組成物。

【請求項9】前式(2)で示されるスフィンゴ糖脂質誘導体の一以上を有効成分として、大腸がん細胞、肝臓がん細胞、皮膚がん細胞、肺腺がん細胞、白血病細胞のいずれかの腫瘍細胞に対して選択的な細胞傷害性を有する請求項7に記載の医薬用組成物。

【請求項10】前式(3)で示されるスフィンゴ糖脂質誘導体の一以上を有効成分として、大腸がん細胞、肝臓がん細胞、皮膚がん細胞、肺腺がん細胞、白血病細胞のいずれかの腫瘍細胞に対して選択的な細胞傷害性を有する請求項7に記載の医薬用組成物。

【請求項11】前記医薬用組成物は免疫賦活剤として用いるための医薬用組成物である請求項1から6のいずれか一に記載の医薬用組成物。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • University Of The Ryukyus
  • Dna Bank Co., Ltd.
  • Orion Breweries, Ltd.
  • Inventor
  • Oku, Hirosuke
  • Iwasaki, Hironori
  • Takara, Kensaku
  • Watanabe, Hisami
  • Matsuzaki, Goro
  • Ishikawa, Takahiro
  • Takeuchi, Kouji
  • Taira, Akira
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE AT BF BW AM AG BE BJ GH AZ AL BG CF GM BY AM CH CG KE KG AT CY CI LS KZ AU CZ CM MW MD AZ DE GA MZ RU BA DK GN NA TJ BB EE GQ SD TM BG ES GW SL BR FI ML SZ BW FR MR TZ BY GB NE UG BZ GR SN ZM CA HU TD ZW CH IE TG CN IS CO IT CR LT CU LU CZ LV DE MC DK NL DM PL DZ PT EC RO EE SE EG SI ES SK FI TR GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IS JP KE KG KM KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LV LY MA MD MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PG PH PL PT RO RS RU SC SD SE SG SK SL SM SV SY TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close