Top > Search of International Patents > BRANCHED POLYALKYLENE GLYCOL DERIVATIVE, PHOTOSENSITIVE COMPOSITION, CROSSLINKED MATERIAL, AND SUBSTRATE

BRANCHED POLYALKYLENE GLYCOL DERIVATIVE, PHOTOSENSITIVE COMPOSITION, CROSSLINKED MATERIAL, AND SUBSTRATE

Foreign code F100002249
File No. F100002249
Posted date Aug 31, 2010
Country WIPO
International application number 2008JP072123
International publication number WO 2009/072590
Date of international filing Dec 5, 2008
Date of international publication Jun 11, 2009
Priority data
  • P2007-316316 (Dec 6, 2007) JP
Title BRANCHED POLYALKYLENE GLYCOL DERIVATIVE, PHOTOSENSITIVE COMPOSITION, CROSSLINKED MATERIAL, AND SUBSTRATE
Abstract Disclosed is a substrate comprising a base material and a crosslinked material arranged on the base material, wherein the crosslinked material comprises a branched polyalkylene glycol derivative having: three or more polyalkylene glycol groups each having a polymerizable substituent at the terminal; and a linkage group having a valency of 3 or more and capable of binding to the polyalkylene groups. The substrate can be patterned with a high degree of accuracy and can keep the unadhered state of a cell thereon stably for a long term.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】 末端に重合性置換基を有するポリアルキレングリコール基の3以上と、前記ポリアルキレングリコール基と結合する3価以上の連結基と、を有する分岐ポリアルキレングリコール誘導体。

【請求項2】 前記ポリアルキレングリコール基の4以上を有する請求項1に記載の分岐ポリアルキレングリコール誘導体。

【請求項3】 前記ポリアルキレングリコール基は、下記一般式(1)で表される請求項1又は請求項2に記載の分岐ポリアルキレングリコール誘導体。
【化学式1】 
[式中、X1は重合性置換基を表し、mは2~4の整数を、nは5~1000の整数をそれぞれ表す]

【請求項4】 下記一般式(2)で表される請求項1~請求項3のいずれか1項に記載の分岐ポリアルキレングリコール誘導体。
【化学式2】 
[式中、L2は単結合又はメチレン基を表し、pは1又は2を表し、qは1~70の整数を表す。R2は末端に重合性置換基を有するポリアルキレングリコール基又は末端に水酸基を有するポリアルキレングリコール基を表す]

【請求項5】 前記重合性置換基は、下記一般式(3)及び一般式(4)の少なくとも1種で表される置換基である請求項1~請求項4のいずれか1項に記載の分岐ポリアルキレングリコール誘導体。
【化学式3】 
[式中、L3は単結合又は2価の連結基を表し、L4は2価の連結基を表し、R3は水素原子又は炭素数1~3のアルキル基を表す]

【請求項6】 前記重合性置換基の少なくとも1つは、下記一般式(5)で表される置換基である請求項1~請求項5のいずれか1項に記載の分岐ポリアルキレングリコール誘導体。
【化学式4】 
[式中、L5は単結合又は2価の連結基を表し、R5は置換基を表し、iは1又は2を表す]

【請求項7】 請求項1~請求項6のいずれか1項に記載の分岐ポリアルキレングリコール誘導体を含有する感光性組成物。

【請求項8】 請求項7に記載の感光性組成物を硬化させて形成された架橋体。

【請求項9】 基材と、前記基材上に配置された請求項8に記載の架橋体とを含む基板。

【請求項10】 前記基材は、アミノ基を有するシランカップリング剤、エチレン性不飽和基を有するシランカップリング剤、及びポリリジンから選ばれる少なくとも1種で表面処理された基材である請求項9に記載の基板。

【請求項11】 前記基材は、細胞接着性タンパク質で表面処理された基材である請求項9または請求項10に記載の基板。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • Tokyo University Of Science Educational Foundation Administrative Organization
  • Inventor
  • Otsuka, Hidenori
  • Satomi, Tomomi
  • Ueno, Koji
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BE BF BG BH BJ BR BW BY BZ CA CF CG CH CI CM CN CO CR CU CY CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI FR GA GB GD GE GH GM GN GQ GR GT GW HN HR HU ID IE IL IN IS IT JP KE KG KM KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LV LY MA MC MD ME MG MK ML MN MR MT MW MX MY MZ NA NE NG NI NL NO NZ OM PG PH PL PT RO RS RU SC SD SE SG SI SK SL SM SN ST SV SY SZ TD TG TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close