Top > Search of International Patents > SYSTEM FOR INCREASING ACTIVITY OF SPECIFIC PROMOTER, AND VECTOR CARRYING THE SYSTEM

SYSTEM FOR INCREASING ACTIVITY OF SPECIFIC PROMOTER, AND VECTOR CARRYING THE SYSTEM

Foreign code F100002255
Posted date Sep 28, 2010
Country WIPO
International application number 2010JP056117
International publication number WO 2010/114143
Date of international filing Mar 30, 2010
Date of international publication Oct 7, 2010
Priority data
  • P2009-082358 (Mar 30, 2009) JP
Title SYSTEM FOR INCREASING ACTIVITY OF SPECIFIC PROMOTER, AND VECTOR CARRYING THE SYSTEM
Abstract Disclosed is a system which can increase the transcriptional activity of a specific promoter to increase the specific expression of a target gene. Specifically disclosed is a system for increasing the transcriptional activity of a specific promoter, which comprises a first expression cassette and a second expression cassette, wherein the first expression cassette comprises the specific promoter and DNA linked downstream of the specific promoter and prepared by fusing DNA that encodes a DNA binding domain of GAL4, DNA that encodes a glucocorticoid receptor (GR) having, inserted therein, DNA encoding polyglutamine (Poly Q), and DNA that encodes a transcription activation domain for VP16 in this order, the first expression cassette can express a transcriptional factor that is a fusion protein of a DNA binding domain of GAL4 (GAL4 DBD), a glucocorticoid receptor (GR) having, inserted therein, polyglutamine (Poly Q) or polyproline (PolyP) and a transcription activation domain, and the second expression cassette is responsible to the transcriptional factor and comprises a inducible promoter containing a GAL4 binding site (GAL4/TATA) and the target gene linked downstream of the inducible promoter.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】 特異的プロモーターの下流にGAL4のDNA結合ドメインをコードするDNA、ポリグルタミン(Poly Q)若しくはポリプロリン(PolyP)をコードするDNAが挿入されたグルココルチコイドレセプター(GR)をコードするDNA及びVP16の転写活性化ドメインをコードするDNAがこの順で融合したDNAを連結した第1の発現カセットであって、GAL4のDNA結合ドメイン(GAL4 DBD)とポリグルタミン(Poly Q)若しくはポリプロリン(PolyP)が挿入されたグルココルチコイドレセプター(GR)と転写活性化ドメインの融合タンパク質である転写因子を発現し得る第1の発現カセット、並びに前記転写因子に応答性であり、GAL4結合部位を含む誘導性プロモーター(GAL4/TATA)の下流に標的遺伝子を連結した第2の発現カセットを含む、前記特異的プロモーターの転写活性を上昇させるためのシステム。

【請求項2】 第1の発現カセットの下流に第2の発現カセットが1つのDNA構築物中に連結されている、請求項1記載のシステム。

【請求項3】 第1の発現カセットと第2の発現カセットを異なるDNA構築物として含む、請求項1記載のシステム。

【請求項4】 特異的プロモーターが、NkX2.5 プロモーター、GATA4プロモーター、MLC(myosin light chain)2v プロモーター、cardiac ankirin repeat プロモーター、ANF プロモーター、BNP(brain natriuretic factor)プロモーター、ANP(atrial natriuretic factor)プロモーター、synapsin 1プロモーター、tubulin α1プロモーター、SCG10 プロモーター、GFAP プロモーター、
calcium/calmodulin?dependent protein kinase II プロモーター、neuron?specific enolaseプロモーター、platelet?derived growth factor beta(PDGF?β)chainプロモーター、hTERTプロモーター、前立腺特異的抗原(PSA)プロモーター、癌胎児性抗原(CEA)プロモーター、α?フェトプロテイン(AFP)プロモーター、シクロオキシゲナーゼ?2(COX?2)プロモーター及びチロシナーゼプロモーターからなる群から選択される組織特異的又は腫瘍特異的プロモータである、請求項1~3のいずれか1項に記載のシステム。

【請求項5】 標的遺伝子がレポーター遺伝子又は疾患の治療に用い得る治療用遺伝子である、請求項1~4のいずれか1項に記載のシステム。

【請求項6】 治療用遺伝子が腫瘍の治療に用い得る癌抑制遺伝子である請求項5記載のシステム。

【請求項7】 癌抑制遺伝子がREIC/Dkk?3遺伝子である、請求項6記載のシステム。

【請求項8】 請求項1~7のいずれか1項に記載のシステムを保持したベクター。

【請求項9】 アデノ随伴ウイルスベクターである請求項8記載のベクター。

【請求項10】 外殻に標的細胞特異的結合ペプチドが挿入され、該標的細胞特異的結合ペプチドを発現する細胞に対する指向性を有する外殻改変ウイルスベクターである、請求項9記載のアデノ随伴ウイルスベクター。

【請求項11】 標的細胞特異的結合ペプチドがRGD、CDCRGDCFC(配列番号36)、NGR、CNGRCVSGCAGRC(配列番号37)、CLSSRLDAC(配列番号40)、CNSRLHLRC(配列番号41)、CENWWGDVC(配列番号42)、WRCVLREGPAGGCAWFNRHRL(配列番号43)、CLPVASC(配列番号44)、CGAREMC(配列番号45)、CKSTHDRLC(配列番号46)、CGNKRTRGC(配列番号47)、APRPG(配列番号48)、KQAGDV(配列番号49)、LDV、KRLDGS(配列番号50)及びDGEA(配列番号51)からなる群から選択されるアミノ酸配列を含む、請求項10記載のアデノ随伴ウイルスベクター。

【請求項12】 請求項7~11のいずれか1項に記載のベクターを含む疾患検出又は治療用製剤。

【請求項13】 治療用遺伝子がREIC/Dkk?3遺伝子であり、標的細胞特異的結合ペプチドが、CDCRGDCFC(配列番号36)で現されるアミノ酸配列を有する、請求項12記載の腫瘍治療用製剤。

【請求項14】 GAL4のDNA結合ドメインをコードするDNA、ポリグルタミン(Poly Q)若しくはポリプロリン(PolyP)をコードするDNAが挿入されたグルココルチコイドレセプター(GR)をコードするDNA及びVP16の転写活性化ドメインをコードするDNAがこの順で融合したDNAからなる転写因子をコードするDNA配列を含むDNA構築物。

【請求項15】 配列番号22で表される配列からなるDNAを含む、請求項14記載のDNA構築物。

【請求項16】 特異的プロモーターの下流にGAL4のDNA結合ドメインをコードするDNA、ポリグルタミン(Poly Q)若しくはポリプロリン(PolyP)をコードするDNAが挿入されたグルココルチコイドレセプター(GR)をコードするDNA及びVP16の転写活性化ドメインをコードするDNAがこの順で融合したDNAを連結した第1の発現カセットであって、GAL4のDNA結合ドメイン(GAL4 DBD)とポリグルタミン(Poly Q)若しくはポリプロリン(PolyP)が挿入されたグルココルチコイドレセプター(GR)と転写活性化ドメインの融合タンパク質である転写因子を発現し得る第1の発現カセット、並びに前記転写因子に応答性であり、GAL4結合部位を含む誘導性プロモーター(GAL4/TATA)の下流に標的遺伝子を連結した第2の発現カセットを上記特異的プロモーターが活性である細胞に導入することにより、特異的プロモーターの活性をin vitroで上昇させる方法。

【請求項17】 特異的プロモーターが、NkX2.5 プロモーター、GATA4プロモーター、MLC(myosin light chain)2v プロモーター、cardiac ankirin repeat プロモーター、ANF プロモーター、BNP(brain natriuretic factor)プロモーター、ANP(atrial natriuretic factor)プロモーター、synapsin 1プロモーター、tubulin α1プロモーター、SCG10 プロモーター、GFAP プロモーター、calcium/calmodulin?dependent protein kinase II プロモーター、neuron?specific enolaseプロモーター、platelet?derived growth factor beta(PDGF?β)chainプロモーター、hTERTプロモーター、前立腺特異的抗原(PSA)プロモーター、癌胎児性抗原(CEA)プロモーター、α?フェトプロテイン(AFP)プロモーター、シクロオキシゲナーゼ?2(COX?2)プロモーター及びチロシナーゼプロモーターからなる群から選択される組織特異的又は腫瘍特異的プロモーターである、請求項16記載の方法。

【請求項18】 標的遺伝子がレポーター遺伝子又は疾患の治療に用い得る治療用遺伝子である、請求項16又は17に記載の方法。

【請求項19】 治療用遺伝子が腫瘍の治療に用い得る癌抑制遺伝子である請求項18記載の方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION OKAYAMA UNIVERSITY
  • Inventor
  • KUMON, Hiromi
  • KASHIWAKURA, Yuji
  • WATANABE, Masami
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE(UTILITY MODEL),AG,AL(UTILITY MODEL),AM(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),AO(UTILITY MODEL),AT(UTILITY MODEL),AU,AZ(UTILITY MODEL),BA,BB,BG(UTILITY MODEL),BH(UTILITY MODEL),BR(UTILITY MODEL),BW,BY(UTILITY MODEL),BZ(UTILITY MODEL),CA,CH,CL(UTILITY MODEL),CN(UTILITY MODEL),CO(UTILITY MODEL),CR(UTILITY MODEL),CU(INVENTOR'S CERTIFICATE),CZ(UTILITY MODEL),DE(UTILITY MODEL),DK(UTILITY MODEL),DM,DO(UTILITY MODEL),DZ,EC(UTILITY MODEL),EE(UTILITY MODEL),EG(UTILITY MODEL),ES(UTILITY MODEL),FI(UTILITY MODEL),GB,GD,GE(UTILITY MODEL),GH(UTILITY CERTIFICATE),GM,GT(UTILITY MODEL),HN(UTILITY MODEL),HR(CONSENSUAL PATENT),HU(UTILITY MODEL),ID,IL,IN,IS,JP(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),KG(UTILITY MODEL),KM,KN,KP(INVENTOR'S CERTIFICATE)(UTILITY MODEL),KR(UTILITY MODEL),KZ(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),LA,LC,LK,LR,LS(UTILITY MODEL),LT,LU,LY,MA,MD(UTILITY MODEL),ME,MG,MK,MN,MW,MX(UTILITY MODEL),MY(UTILITY-INNOVATION),MZ(UTILITY MODEL),NA,NG,NI(UTILITY MODEL),NO,NZ,OM(UTILITY MODEL),PE(UTILITY MODEL),PG,PH(UTILITY MODEL),PL(UTILITY MODEL),PT(UTILITY MODEL),RO,RS(PETTY PATENT),RU(UTILITY MODEL),SC,SD,SE,SG,SK(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SM,ST,SV(UTILITY MODEL),SY,TH(PETTY PATENT),TJ(UTILITY MODEL),TM(PROVISIONAL PATENT),TN,TR(UTILITY MODEL),TT(UTILITY CERTIFICATE),TZ,UA(UTILITY MODEL),UG(UTILITY CERTIFICATE),US,UZ(UTILITY MODEL),VC(UTILITY CERTIFICATE),VN(PATENT FOR UTILITY SOLUTION),ZA,ZM,ZW,EP(AT,BE,BG,CH,CY,CZ,DE,DK,EE,ES,FI,FR,GB,GR,HR,HU,IE,IS,IT,LT,LU,LV,MC,MK,MT,NL,NO,PL,PT,RO,SE,SI,SK,SM,TR),OA(BF(UTILITY MODEL),BJ(UTILITY MODEL),CF(UTILITY MODEL),CG(UTILITY MODEL),CI(UTILITY MODEL),CM(UTILITY MODEL),GA(UTILITY MODEL),GN(UTILITY MODEL),GQ(UTILITY MODEL),GW(UTILITY MODEL),ML(UTILITY MODEL),MR(UTILITY MODEL),NE(UTILITY MODEL),SN(UTILITY MODEL),TD(UTILITY MODEL),TG(UTILITY MODEL)),AP(BW(UTILITY MODEL),GH(UTILITY MODEL),GM(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),LR(UTILITY MODEL),LS(UTILITY MODEL),MW(UTILITY MODEL),MZ(UTILITY MODEL),NA(UTILITY MODEL),SD(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SZ(UTILITY MODEL),TZ(UTILITY MODEL),UG(UTILITY MODEL),ZM(UTILITY MODEL),ZW(UTILITY MODEL)),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,MD,RU,TJ,TM)

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close