Top > Search of International Patents > ELECTRONIC ELEMENT AND ELECTROCONDUCTIVITY CONTROL METHOD

ELECTRONIC ELEMENT AND ELECTROCONDUCTIVITY CONTROL METHOD meetings

Foreign code F100002326
Posted date Dec 14, 2010
Country WIPO
International application number 2008JP065045
International publication number WO 2009/028426
Date of international filing Aug 22, 2008
Date of international publication Mar 5, 2009
Priority data
  • P2007-219050 (Aug 24, 2007) JP
Title ELECTRONIC ELEMENT AND ELECTROCONDUCTIVITY CONTROL METHOD meetings
Abstract An electronic element includes: an electroconductivity change body (2) having an electroconductivity which changes according to an electric field and an electric field applying device (3) which applies an electric field to the electroconductivity change body (2). The electroconductivity change body (2) includes RFe2O4 and its electroconductivity is changed by the internal electron state change in accordance with an electric field (4) applied by the electric field application device (3) from outside.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】外部から印加された電場に応じて内部の電子の状態が変化することで電気伝導度が変化する電気伝導度変化体と、前記電気伝導度変化体に外部から電場を与える電場付与手段とを備え、前記電気伝導度変化体は、その組成が(RMbO3-δn(MaO)m(Rは、In,Sc,Y,Dy,Ho,Er,Tm,Yb,Lu,Ti,Ca,Sr,Ce,Sn,Hfから選ばれる少なくとも1種類の元素、Ma、Mbは、Ti,Mn,Fe,Co,Cu,Ga,Zn,Al,Mg,Cdから重複を許して選ばれる少なくとも1種類の元素、nは1以上の整数、mは0以上の整数、δは0以上0.2以下の実数)で表され、層状三角格子構造を有する化合物からなることを特徴とする電子素子。

【請求項2】前記層状三角格子構造を有する化合物は、RFe2O4-δであることを特徴とする請求項1記載の電子素子。

【請求項3】前記電場付与手段は、前記電気伝導度変化体上に形成された第1電極と、前記電気伝導度変化体上に、前記第1電極に対して電気的に離れて配置された第2電極とを含み、前記第1電極と前記第2電極との間に電圧を印加することで前記電気伝導度変化体に電場を与えることが可能に構成されていることを特徴とする請求項1または2記載の電子素子。

【請求項4】前記電場付与手段は、前記第1電極と前記第2電極との間に電圧を印加するための電圧印加手段を含むことを特徴とする請求項3記載の電子素子。

【請求項5】前記第1電極と前記第2電極との間に印加される電圧は、0.7V以下の電圧であることを特徴とする請求項3または4記載の電子素子。

【請求項6】前記第1電極及び前記第2電極は、前記電気伝導度変化体の層状三角格子構造に対して第1の軸上で対向する位置に配置されるとともに、前記電気伝導度変化体に対して、前記第1の軸とは異なる第2の軸上で対向する位置に第3電極、及び第4電極が形成され、前記第1電極と前記第2電極との間に電圧を印加することで、前記第3電極と前記第4電極との間での電流電圧特性が変化するように構成されていることを特徴とする請求項3~5のいずれか一項記載の電子素子。

【請求項7】前記第1電極及び前記第2電極は、前記電気伝導度変化体の層状三角格子構造に対して所定の軸上で対向する位置に配置され、前記第1電極と前記第2電極との間に電圧を印加して電流を流すことで、前記電気伝導度変化体の電流電圧特性を高抵抗状態から低抵抗状態へと遷移させることが可能に構成されるとともに、その抵抗状態の遷移の抵抗変化履歴への依存性を利用して、前記電気伝導度変化体に情報を保持することを特徴とする請求項3~5のいずれか一項記載の電子素子。

【請求項8】前記電気伝導度変化体は、前記第1電極と前記第2電極との間で一方の向きへの電流印加履歴がない場合に、前記第1電極と前記第2電極との間で前記一方の向きに流す電流を増大させていくと、その抵抗状態が高抵抗状態から低抵抗状態へと遷移するとともに、前記一方の向きへの電流印加履歴がある場合に、前記第1電極と前記第2電極との間で前記一方の向きに流す電流を増大させていくと、その抵抗状態は低抵抗状態にあって抵抗状態の遷移を伴わないことを特徴とする請求項7記載の電子素子。

【請求項9】前記電気伝導度変化体は、前記第1電極と前記第2電極との間で他方の向きへと電流を流すことで、前記一方の向きについての電流印加履歴が消失されることを特徴とする請求項8記載の電子素子。

【請求項10】電気伝導度変化体に外部から電場を与え、前記電気伝導度変化体に印加された電場に応じた内部の電子の状態の変化によって前記電気伝導度変化体の電気伝導度の変化を制御するとともに、前記電気伝導度変化体は、その組成が(RMbO3-δn(MaO)m(Rは、In,Sc,Y,Dy,Ho,Er,Tm,Yb,Lu,Ti,Ca,Sr,Ce,Sn,Hfから選ばれる少なくとも1種類の元素、Ma、Mbは、Ti,Mn,Fe,Co,Cu,Ga,Zn,Al,Mg,Cdから重複を許して選ばれる少なくとも1種類の元素、nは1以上の整数、mは0以上の整数、δは0以上0.2以下の実数)で表され、層状三角格子構造を有する化合物からなることを特徴とする電気伝導度制御方法。

【請求項11】前記層状三角格子構造を有する化合物は、RFe2O4-δであることを特徴とする請求項10記載の電気伝導度制御方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • National University Corporation Okayama University
  • Inventor
  • IKEDA, Naoshi
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE(UTILITY MODEL),AG,AL(UTILITY MODEL),AM(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),AO(UTILITY MODEL),AT(UTILITY MODEL),AU,AZ(UTILITY MODEL),BA,BB,BG(UTILITY MODEL),BH(UTILITY MODEL),BR(UTILITY MODEL),BW(UTILITY MODEL),BY(UTILITY MODEL),BZ(UTILITY MODEL),CA,CH,CN(UTILITY MODEL),CO(UTILITY MODEL),CR(UTILITY MODEL),CU(INVENTOR'S CERTIFICATE),CZ(UTILITY MODEL),DE(UTILITY MODEL),DK(UTILITY MODEL),DM(UTILITY MODEL),DO(UTILITY MODEL),DZ,EC(UTILITY MODEL),EE(UTILITY MODEL),EG(UTILITY MODEL),ES(UTILITY MODEL),FI(UTILITY MODEL),GB,GD,GE(UTILITY MODEL),GH(UTILITY CERTIFICATE),GM,GT(UTILITY MODEL),HN,HR(CONSENSUAL PATENT),HU(UTILITY MODEL),ID,IL,IN,IS,JP(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),KG(UTILITY MODEL),KM,KN,KP(INVENTOR'S CERTIFICATE)(UTILITY MODEL),KR(UTILITY MODEL),KZ(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),LA,LC,LK,LR,LS(UTILITY MODEL),LT,LU,LY,MA,MD(UTILITY MODEL),ME(PETTY PATENT),MG,MK,MN,MW,MX(UTILITY MODEL),MY(UTILITY-INNOVATION),MZ(UTILITY MODEL),NA,NG,NI(UTILITY MODEL),NO,NZ,OM(UTILITY MODEL),PG,PH(UTILITY MODEL),PL(UTILITY MODEL),PT(UTILITY MODEL),RO,RS(PETTY PATENT),RU(UTILITY MODEL),SC,SD,SE,SG,SK(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SM,ST,SV(UTILITY MODEL),SY,TJ(UTILITY MODEL),TM(PROVISIONAL PATENT),TN,TR(UTILITY MODEL),TT(UTILITY CERTIFICATE),TZ,UA(UTILITY MODEL),UG(UTILITY CERTIFICATE),US,UZ(UTILITY MODEL),VC(UTILITY CERTIFICATE),VN(PATENT FOR UTILITY SOLUTION),ZA,ZM,ZW,EP(AT,BE,BG,CH,CY,CZ,DE,DK,EE,ES,FI,FR,GB,GR,HR,HU,IE,IS,IT,LT,LU,LV,MC,MT,NL,NO,PL,PT,RO,SE,SI,SK,TR),OA(BF(UTILITY MODEL),BJ(UTILITY MODEL),CF(UTILITY MODEL),CG(UTILITY MODEL),CI(UTILITY MODEL),CM(UTILITY MODEL),GA(UTILITY MODEL),GN(UTILITY MODEL),GQ(UTILITY MODEL),GW(UTILITY MODEL),ML(UTILITY MODEL),MR(UTILITY MODEL),NE(UTILITY MODEL),SN(UTILITY MODEL),TD(UTILITY MODEL),TG(UTILITY MODEL)),AP(BW(UTILITY MODEL),GH(UTILITY MODEL),GM(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),LS(UTILITY MODEL),MW(UTILITY MODEL),MZ(UTILITY MODEL),NA(UTILITY MODEL),SD(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SZ(UTILITY MODEL),TZ(UTILITY MODEL),UG(UTILITY MODEL),ZM(UTILITY MODEL),ZW(UTILITY MODEL)),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,MD,RU,TJ,TM)

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close