Top > Search of International Patents > BIODEGRADABLE POROUS HOLLOW PARTICLE, AND PRODUCTION METHOD AND APPLICATION THEREOF

BIODEGRADABLE POROUS HOLLOW PARTICLE, AND PRODUCTION METHOD AND APPLICATION THEREOF

Foreign code F100002353
Posted date Dec 15, 2010
Country WIPO
International application number 2010JP053626
International publication number WO 2010/101240
Date of international filing Mar 5, 2010
Date of international publication Sep 10, 2010
Priority data
  • P2009-053149 (Mar 6, 2009) JP
Title BIODEGRADABLE POROUS HOLLOW PARTICLE, AND PRODUCTION METHOD AND APPLICATION THEREOF
Abstract Disclosed is a method where pore diameter and other attributes can be easily controlled, and which can produce porous particles with a novel form having a hollow section. Namely, disclosed is a production method for porous particles formed from a diblock copolymer which includes a step where water, an organic solvent, and the abovementioned diblock copolymer comprising a site derived from a particular aliphatic polyester resin (polylactic acid, etc.) and a site derived from a hydrophilic macromolecule (polyethylene glycol, etc.) are emulsified or admixed. Porous particles having a hollow section are obtained by making the quantity of the abovementioned water less than or equal to the quantity to saturate the abovementioned organic solvent. The pore diameter of the porous particles can be made relatively larger by making the length of the hydrophilic macromolecule site in the abovementioned diblock copolymer relatively longer (increasing the hydrophilic-lipophilic balance value). Furthermore, the abovementioned diblock copolymer may also include a mixture of at least two types (e.g. an oil-soluble diblock copolymer and a water-soluble diblock copolymer).
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】 構成成分のヒドロキシカルボン酸またはジカルボン酸の炭素原子数が2~6である脂肪族ポリエステル樹脂(A)由来のブロックと親水性高分子(B)由来のブロックとからなるジブロック共重合体(C)により形成された、中空部を有する多孔質微粒子。

【請求項2】 前記中空部を有する多孔質微粒子の平均外径が0.05~500μmであり、その微粒子全体に存在する平均細孔径が0.005~10μmであり、かつ中空部の平均径が0.01~450μmである、請求項1に記載の多孔質微粒子。

【請求項3】 前記ジブロック共重合体(C)のGPCで測定した数平均分子量Mnが500~200,000の範囲にあり、重量平均分子量Mwが500~200,000の範囲にあり、かつ分子量分布Mw/Mnが1.00~2.00の範囲にある、請求項1または2に記載の多孔質微粒子。

【請求項4】 前記脂肪族ポリエステル樹脂(A)のGPCで測定した数平均分子量Mnが100~200,000の範囲にあり、重量平均分子量Mwが100~200,000の範囲にあり、分子量分布Mw/Mnが1.00~2.00の範囲にある、請求項1~3のいずれかに記載の多孔質微粒子。

【請求項5】 前記親水性高分子(B)のGPCで測定した数平均分子量Mnが100~200,000の範囲にあり、重量平均分子量Mwが100~200,000の範囲にあり、分子量分布Mw/Mnが1.00~2.00の範囲にある、親水性高分子(B)に由来するものである、請求項1~4のいずれかに記載の多孔質微粒子。

【請求項6】 前記脂肪族ポリエステル系樹脂(A)が、ポリ乳酸、ポリグリコール酸、ポリカプロン酸およびポリブチレンサクシネートからなる群より選ばれる少なくとも1種の脂肪族ポリエステル樹脂である、請求項1~5のいずれかに記載の多孔質微粒子。

【請求項7】 前記親水性高分子(B)が、ポリオキシエチレン、ポリオキシプロピレン、ポリビニルアルコール、ポリ酢酸ビニル共重合体の部分加水分解物、ポリメタクリル酸、ポリアクリル酸、ポリアクリルアミド、ポリアスパラギン酸、多糖類、ポリイソプロピルアクリルアミド、ポリスチレンスルホン酸ナトリウムおよびそれらの誘導体からなる群から選ばれた少なくとも1種の親水性高分子である、請求項1~6のいずれかに記載の多孔質微粒子。

【請求項8】 前記ジブロック共重合体(C)の構成比率が、前記脂肪族ポリエステル樹脂(A)由来のブロックの重合度100部に対して親水性高分子(B)由来のブロックの重合度が0.1~100,000部となる範囲である、またはジブロック共重合体(C)のHLB値が0.4以上20未満である、請求項1~7のいずれかに記載の多孔質微粒子。

【請求項9】 前記ジブロック共重合体(C)が、HLB値が0.4以上12以下である油溶性ジブロック共重合体(C1)と、HLB値が8以上20未満でありかつ該油溶性ジブロック共重合体(C1)よりもHLB値が少なくとも2大きい値を有する水溶性ジブロック共重合体(C2)とを含む、少なくとも2種のジブロック共重合体から構成される混合物である、請求項1~8のいずれかに記載の多孔質微粒子。

【請求項10】 前記ジブロック共重合体(C)が、前記油溶性ジブロック共重合体(C1)100重量部に対して、前記水溶性ジブロック共重合体(C2)を100~1,000,000重量部の割合で含む、少なくとも2種のジブロック共重合体から構成される混合物である、請求項1~9のいずれかに記載の多孔質微粒子。

【請求項11】 (1)構成成分のヒドロキシカルボン酸またはジカルボン酸の炭素原子数が2~6である脂肪族ポリエステル樹脂(A)由来のブロックおよび親水性高分子(B)由来のブロックからなるジブロック共重合体(C)を、飽和溶解量以下の水を含んでいてもよい有機溶媒と混合する工程、
 (2)上記工程(1)の調製物と水との混合物を乳化することによりエマルションを形成させる工程、および
 (3)上記工程(2)により得られたエマルションから有機溶媒を留去することにより多孔質微粒子を形成させる工程を含む、上記ジブロック共重合体(C)により形成された中空部を有する多孔質微粒子の製造法。

【請求項12】 前記有機溶媒が、ジブロック共重合体(C)を溶解し、エステル、エーテル、ケトン、ハロゲン化炭化水素、芳香族化合物、アルコール、ミネラルオイル、シリコンオイルおよび炭酸エステルからなる群から選ばれた少なくとも1種の有機溶媒である、請求項11に記載の多孔質微粒子の製造法。

【請求項13】 前記ジブロック共重合体(C)として、前記工程(1)において、HLB値が0.4以上12以下である油溶性ジブロック共重合体(C1)を用い、さらに前記工程(2)において、HLB値が8以上20未満でありかつ該油溶性ジブロック共重合体(C1)よりもHLB値が少なくとも2大きい値を有する水溶性ジブロック共重合体(C2)を用いる、請求項11または12に記載の多孔質微粒子の製造法。

【請求項14】 前記油溶性ジブロック共重合体(C1)100重量部に対して、前記水溶性ジブロック共重合体(C2)を100~1,000,000重量部の割合で用いる、請求項13に記載の多孔質微粒子の製造法。

【請求項15】 前記有機溶媒が、油溶性ジブロック共重合体(C1)を溶解し、エステル、エーテル、ケトン、芳香族化合物およびアルコールからなる群から選ばれた少なくとも1種の有機溶媒である、請求項13または14に記載の多孔質微粒子の製造法。

【請求項16】 請求項1~10のいずれかに記載の中空部を有する多孔質微粒子、または請求項11~15のいずれかに記載の製造方法により得られる中空部を有する多孔性微粒子を用いた、除放性医薬用、除放性農薬用、固定化酵素・固定化微生物用、触媒用、動物細胞培養用または分離材料用の多孔質カプセル。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION OKAYAMA UNIVERSITY
  • Inventor
  • ONO, Tsutomu
  • KIMURA, Yukitaka
  • MURANAKA, Makoto
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE(UTILITY MODEL),AG,AL(UTILITY MODEL),AM(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),AO(UTILITY MODEL),AT(UTILITY MODEL),AU,AZ(UTILITY MODEL),BA,BB,BG(UTILITY MODEL),BH(UTILITY MODEL),BR(UTILITY MODEL),BW(UTILITY MODEL),BY(UTILITY MODEL),BZ(UTILITY MODEL),CA,CH,CL(UTILITY MODEL),CN(UTILITY MODEL),CO(UTILITY MODEL),CR(UTILITY MODEL),CU(INVENTOR'S CERTIFICATE),CZ(UTILITY MODEL),DE(UTILITY MODEL),DK(UTILITY MODEL),DM,DO(UTILITY MODEL),DZ,EC(UTILITY MODEL),EE(UTILITY MODEL),EG(UTILITY MODEL),ES(UTILITY MODEL),FI(UTILITY MODEL),GB,GD,GE(UTILITY MODEL),GH(UTILITY CERTIFICATE),GM,GT(UTILITY MODEL),HN(UTILITY MODEL),HR(CONSENSUAL PATENT),HU(UTILITY MODEL),ID,IL,IN,IS,JP(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),KG(UTILITY MODEL),KM,KN,KP(INVENTOR'S CERTIFICATE)(UTILITY MODEL),KR(UTILITY MODEL),KZ(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),LA,LC,LK,LR,LS(UTILITY MODEL),LT,LU,LY,MA,MD(UTILITY MODEL),ME,MG,MK,MN,MW,MX(UTILITY MODEL),MY(UTILITY-INNOVATION),MZ(UTILITY MODEL),NA,NG,NI(UTILITY MODEL),NO,NZ,OM(UTILITY MODEL),PE(UTILITY MODEL),PG,PH(UTILITY MODEL),PL(UTILITY MODEL),PT(UTILITY MODEL),RO,RS(PETTY PATENT),RU(UTILITY MODEL),SC,SD,SE,SG,SK(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SM,ST,SV(UTILITY MODEL),SY,TH(PETTY PATENT),TJ(UTILITY MODEL),TM(PROVISIONAL PATENT),TN,TR(UTILITY MODEL),TT(UTILITY CERTIFICATE),TZ,UA(UTILITY MODEL),UG(UTILITY CERTIFICATE),US,UZ(UTILITY MODEL),VC(UTILITY CERTIFICATE),VN(PATENT FOR UTILITY SOLUTION),ZA,ZM,ZW,EP(AT,BE,BG,CH,CY,CZ,DE,DK,EE,ES,FI,FR,GB,GR,HR,HU,IE,IS,IT,LT,LU,LV,MC,MK,MT,NL,NO,PL,PT,RO,SE,SI,SK,SM,TR),OA(BF(UTILITY MODEL),BJ(UTILITY MODEL),CF(UTILITY MODEL),CG(UTILITY MODEL),CI(UTILITY MODEL),CM(UTILITY MODEL),GA(UTILITY MODEL),GN(UTILITY MODEL),GQ(UTILITY MODEL),GW(UTILITY MODEL),ML(UTILITY MODEL),MR(UTILITY MODEL),NE(UTILITY MODEL),SN(UTILITY MODEL),TD(UTILITY MODEL),TG(UTILITY MODEL)),AP(BW(UTILITY MODEL),GH(UTILITY MODEL),GM(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),LS(UTILITY MODEL),MW(UTILITY MODEL),MZ(UTILITY MODEL),NA(UTILITY MODEL),SD(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SZ(UTILITY MODEL),TZ(UTILITY MODEL),UG(UTILITY MODEL),ZM(UTILITY MODEL),ZW(UTILITY MODEL)),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,MD,RU,TJ,TM)

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close