Top > Search of International Patents > FUSED TRICYCLIC COMPOUND HAVING ALDOSE REDUCTASE INHIBITORY ACTIVITY

FUSED TRICYCLIC COMPOUND HAVING ALDOSE REDUCTASE INHIBITORY ACTIVITY meetings

Foreign code F110002366
Posted date Jan 13, 2011
Country WIPO
International application number 2008JP072942
International publication number WO 2009/078423
Date of international filing Dec 17, 2008
Date of international publication Jun 25, 2009
Priority data
  • P2007-325944 (Dec 18, 2007) JP
  • P2008-273685 (Oct 24, 2008) JP
Title FUSED TRICYCLIC COMPOUND HAVING ALDOSE REDUCTASE INHIBITORY ACTIVITY meetings
Abstract Disclosed is a fused tricyclic compound having aldose reductase inhibitory activity. Specifically disclosed is a fused tricyclic compound represented by general formula (I). [In the formula (I), R1 represents a hydrogen atom, a halogen atom or the like; R2 represents an optionally protected carboxyl group; R3 represents a hydrogen atom, a halogen atom or the like; A represents an alkylene group; B represents an oxygen atom, a sulfur atom or a group represented by formula (II); and X represents an oxygen atom or a sulfur atom.] [In the formula (II), R4 represents an alkyl group substituted by an aryl, cycloalkyl or heterocyclic group, or an aryl group.]
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】一般式
【化学式1】「式中、R1は、同一または異なって、水素原子、ハロゲン原子、置換されていてもよい、アルキル、シクロアルキル、アルキレンもしくはアルコキシ基、もしくは保護されていてもよい、ヒドロキシルもしくはカルボキシル基から選ばれる1~3個の原子または置換基を;R2は、保護されていてもよいカルボキシル基を;R3は、同一または異なって、水素原子、ハロゲン原子、オキソ基、置換されていてもよい、アルキルもしくはアルコキシ基、もしくは保護されていてもよいカルボキシル基から選ばれる1~2個の原子または置換基を;Aは、アルキレン基を;Bは、酸素原子、硫黄原子または式
【化学式2】(式中、R4は、アリール、シクロアルキルもしくは複素環式基で置換されたアルキル基またはアリール基を示す。)を;
Xは、酸素原子または硫黄原子を、それぞれ示す。」
で表される縮合三環化合物。

【請求項2】Bが酸素原子または硫黄原子である1,3,4,9-テトラヒドロピラノ[3,4-b]インドール誘導体を母核とする請求の範囲1記載の縮合三環化合物。

【請求項3】Bが式、
【化学式3】(式中、R4は、アリール、シクロアルキルもしくは複素環式基で置換されたアルキル基またはアリール基を示す。)であるテトラヒドロ-β-カルボリン誘導体を母核とする請求の範囲1記載の縮合三環化合物。

【請求項4】一般式
【化学式4】「式中、R1は、同一または異なって、水素原子、ハロゲン原子、置換されていてもよい、アルキル、シクロアルキル、アルキレンもしくはアルコキシ基、もしくは保護されていてもよい、ヒドロキシルもしくはカルボキシル基から選ばれる1~3個の原子または置換基を;R2は、保護されていてもよいカルボキシル基を;R3は、同一または異なって、水素原子、ハロゲン原子、オキソ基、置換されていてもよい、アルキルもしくはアルコキシ基、もしくは保護されていてもよいカルボキシル基から選ばれる1~2個の原子または置換基を;Aは、アルキレン基を;Bは、酸素原子、硫黄原子または式
【化学式5】(式中、R4は、アリール、シクロアルキルもしくは複素環式基で置換されたアルキル基またはアリール基を示す。)を;
Xは、酸素原子または硫黄原子を、それぞれ示す。」
で表される縮合三環化合物を含有するアルドース還元酵素阻害剤。

【請求項5】Bが酸素原子または硫黄原子である1,3,4,9-テトラヒドロピラノ[3,4-b]インドール誘導体を母核とする縮合三環化合物を含有する請求の範囲4記載のアルドース還元酵素阻害剤。

【請求項6】Bが式、
【化学式6】(式中、R4は、アリール、シクロアルキルもしくは複素環式基で置換されたアルキル基またはアリール基を示す。)であるテトラヒドロ-β-カルボリン誘導体を母核とする縮合三環化合物を含有する請求の範囲4記載のアルドース還元酵素阻害剤。

【請求項7】一般式
【化学式7】「式中、R1は、同一または異なって、水素原子、ハロゲン原子、置換されていてもよい、アルキル、シクロアルキル、アルキレンもしくはアルコキシ基、もしくは保護されていてもよい、ヒドロキシルもしくはカルボキシル基から選ばれる1~3個の原子または置換基を;R2は、保護されていてもよいカルボキシル基を;R3は、同一または異なって、水素原子、ハロゲン原子、オキソ基、置換されていてもよい、アルキルもしくはアルコキシ基、もしくは保護されていてもよいカルボキシル基から選ばれる1~2個の原子または置換基を;Aは、アルキレン基を;Bは、酸素原子、硫黄原子または式
【化学式8】(式中、R4は、アリール、シクロアルキルもしくは複素環式基で置換されたアルキル基またはアリール基を示す。)を;
Xは、酸素原子または硫黄原子を、それぞれ示す。」
で表される縮合三環化合物を主成分とする治療薬。

【請求項8】Bが酸素原子または硫黄原子である1,3,4,9-テトラヒドロピラノ[3,4-b]インドール誘導体を母核とする縮合三環化合物が主成分である請求の範囲7記載の治療薬。

【請求項9】Bが式、
【化学式9】(式中、R4は、アリール、シクロアルキルもしくは複素環式基で置換されたアルキル基またはアリール基を示す。)であるテトラヒドロ-β-カルボリン誘導体を母核とする縮合三環化合物が主成分である請求の範囲7記載の治療薬。

【請求項10】ポリオール代謝が亢進またはアルドース還元酵素が過剰発現している病気の治療に用いる請求の範囲7~9のいずれかに記載の治療薬。

【請求項11】病気が、糖尿病合併症、動脈硬化症、心臓または脳の虚血・再還流障害、全身性炎症反応性症候群、敗血症状態での心筋障害・腎不全、癌のいずれかである請求の範囲10記載の治療薬。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • National University Corporation University of Toyama
  • Inventor
  • TOYOOKA, Naoki
  • KATO, Atsushi
  • ADACHI, Isao
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE(UTILITY MODEL),AG,AL(UTILITY MODEL),AM(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),AO(UTILITY MODEL),AT(UTILITY MODEL),AU,AZ(UTILITY MODEL),BA,BB,BG(UTILITY MODEL),BH(UTILITY MODEL),BR(UTILITY MODEL),BW(UTILITY MODEL),BY(UTILITY MODEL),BZ(UTILITY MODEL),CA,CH,CN(UTILITY MODEL),CO(UTILITY MODEL),CR(UTILITY MODEL),CU(INVENTOR'S CERTIFICATE),CZ(UTILITY MODEL),DE(UTILITY MODEL),DK(UTILITY MODEL),DM(UTILITY MODEL),DO(UTILITY MODEL),DZ,EC(UTILITY MODEL),EE(UTILITY MODEL),EG(UTILITY MODEL),ES(UTILITY MODEL),FI(UTILITY MODEL),GB,GD,GE(UTILITY MODEL),GH(UTILITY CERTIFICATE),GM,GT(UTILITY MODEL),HN,HR(CONSENSUAL PATENT),HU(UTILITY MODEL),ID,IL,IN,IS,JP(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),KG(UTILITY MODEL),KM,KN,KP(INVENTOR'S CERTIFICATE)(UTILITY MODEL),KR(UTILITY MODEL),KZ(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),LA,LC,LK,LR,LS(UTILITY MODEL),LT,LU,LY,MA,MD(UTILITY MODEL),ME,MG,MK,MN,MW,MX(UTILITY MODEL),MY(UTILITY-INNOVATION),MZ(UTILITY MODEL),NA,NG,NI(UTILITY MODEL),NO,NZ,OM(UTILITY MODEL),PG,PH(UTILITY MODEL),PL(UTILITY MODEL),PT(UTILITY MODEL),RO,RS(PETTY PATENT),RU(UTILITY MODEL),SC,SD,SE,SG,SK(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SM,ST,SV(UTILITY MODEL),SY,TJ(UTILITY MODEL),TM(PROVISIONAL PATENT),TN,TR(UTILITY MODEL),TT(UTILITY CERTIFICATE),TZ,UA(UTILITY MODEL),UG(UTILITY CERTIFICATE),US,UZ(UTILITY MODEL),VC(UTILITY CERTIFICATE),VN(PATENT FOR UTILITY SOLUTION),ZA,ZM,ZW,EP(AT,BE,BG,CH,CY,CZ,DE,DK,EE,ES,FI,FR,GB,GR,HR,HU,IE,IS,IT,LT,LU,LV,MC,MT,NL,NO,PL,PT,RO,SE,SI,SK,TR),OA(BF(UTILITY MODEL),BJ(UTILITY MODEL),CF(UTILITY MODEL),CG(UTILITY MODEL),CI(UTILITY MODEL),CM(UTILITY MODEL),GA(UTILITY MODEL),GN(UTILITY MODEL),GQ(UTILITY MODEL),GW(UTILITY MODEL),ML(UTILITY MODEL),MR(UTILITY MODEL),NE(UTILITY MODEL),SN(UTILITY MODEL),TD(UTILITY MODEL),TG(UTILITY MODEL)),AP(BW(UTILITY MODEL),GH(UTILITY MODEL),GM(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),LS(UTILITY MODEL),MW(UTILITY MODEL),MZ(UTILITY MODEL),NA(UTILITY MODEL),SD(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SZ(UTILITY MODEL),TZ(UTILITY MODEL),UG(UTILITY MODEL),ZM(UTILITY MODEL),ZW(UTILITY MODEL)),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,MD,RU,TJ,TM)
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close