Top > Search of International Patents > ENCRYPTION DEVICE, DECRYPTION DEVICE, ENCRYPTION PROGRAM, DECRYPTION PROGRAM, AND RECORDING MEDIUM

ENCRYPTION DEVICE, DECRYPTION DEVICE, ENCRYPTION PROGRAM, DECRYPTION PROGRAM, AND RECORDING MEDIUM

Foreign code F110002370
Posted date Jan 13, 2011
Country WIPO
International application number 2008JP055132
International publication number WO 2008/114829
Date of international filing Mar 19, 2008
Date of international publication Sep 25, 2008
Priority data
  • P2007-071432 (Mar 19, 2007) JP
Title ENCRYPTION DEVICE, DECRYPTION DEVICE, ENCRYPTION PROGRAM, DECRYPTION PROGRAM, AND RECORDING MEDIUM
Abstract An encryption device includes: an input unit (20) which inputs a plain text x; a first pseudo-random number generation unit (30) which generates a secret key K and a header r as pseudo-random number sequences, respectively; a second pseudo-random number generation unit (40) which generates a pseudo-random number sequence rx having the header r as the initial value; a conversion processing unit (50) which converts a set (r, cx) formed by cx as the result of the exclusive-OR operation between the plain text x and the pseudo-random number sequence rx and the header r, by using S-BOX; a rearrangement processing unit (60) which divides unified data dx into n blocks bi (i = 0, ..., n-1) and rearranges the n blocks bi(i = 0, ..., n-1) by using the secret key K so as to generate an encrypted text fcx; and an output unit (70) which outputs the encrypted text fcx.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】平文を入力する入力部と、第一及び第二の擬似乱数列を生成する秘密の擬似乱数生成部と、前記第一の擬似乱数列を初期値として第三の擬似乱数列を生成する公開可能な擬似乱数生成部と、前記平文と前記第三の擬似乱数列とを排他的論理和したデータに前記第一の擬似乱数列をヘッダとして付加したデータを所定の非線形関数を用いて変換する変換処理部と、前記変換されたデータを複数のブロックデータに分割し、前記第二の擬似乱数列に基づき生成された再配置表を秘密鍵として用いることにより前記複数のブロックデータを重複することなく再配置したデータを暗号文として生成する再配置処理部と、前記生成された暗号文を出力する出力部と、を備えたことを特徴とする暗号装置。

【請求項2】請求項1に記載の暗号装置において、前記変換処理部は、前記所定の非線形関数として前記再配置表を用いて変換を行うことを特徴とする暗号装置。

【請求項3】平文を入力する入力部と、第一及び第二の擬似乱数列を生成する秘密の擬似乱数生成部と、前記第一の擬似乱数列を鍵として前記平文をブロック暗号化するブロック暗号文生成部と、前記ブロック暗号化されたデータに前記第一の擬似乱数列をヘッダとして付与したデータを所定の非線形関数を用いて変換する変換処理部と、前記変換されたデータを複数のブロックデータに分割し、前記第二の擬似乱数列に基づき生成された再配置表を秘密鍵として用いることにより前記複数のブロックデータを重複することなく再配置したデータを暗号文として生成する再配置処理部と、前記生成された暗号文を出力する出力部と、を備えたことを特徴とする暗号装置。

【請求項4】請求項3に記載の暗号装置において、前記変換処理部は、前記所定の非線形関数として前記再配置表を用いて変換を行うことを特徴とする暗号装置。

【請求項5】暗号文を入力する入力部と、前記暗号文を所定の分割数に分割し、秘密鍵としての所定の再配置表を用いて分割されたデータを元の配置に戻す逆再配置処理部と、所定の非線形関数を用いて逆再配置されたデータを逆変換し、逆変換されたデータを先頭から所定のデータ長を有する第1のデータと残りの第2のデータと分離する逆変換処理部と、前記第1のデータを初期値として擬似乱数列を生成する公開可能な擬似乱数生成部と、生成された擬似乱数列と前記第2のデータとを排他的論理和したデータを平文として出力する出力部と、を備えたことを特徴とする復号装置。

【請求項6】請求項5に記載の復号装置において、前記逆変換処理部は、前記所定の非線形関数として前記所定の再配置表を用いて逆変換を行うことを特徴とする復号装置。

【請求項7】暗号文を入力する入力部と、前記暗号文を所定の分割数に分割し、秘密鍵としての所定の再配置表を用いて分割されたデータを元の配置に戻す逆再配置処理部と、所定の非線形関数を用いて逆再配置されたデータを逆変換し、逆変換されたデータを先頭から所定のデータ長を有する第1のデータと残りの第2のデータと分離する逆変換処理部と、擬似乱数列を生成する秘密の擬似乱数生成部と、生成された擬似乱数列を鍵として用いることにより前記第2のデータをブロック復号化したデータを平文として出力する出力部と、を備えたことを特徴とする復号装置。

【請求項8】請求項7に記載の復号装置において、前記逆変換処理部は、前記所定の非線形関数として前記所定の再配置表を用いて逆変換を行うことを特徴とする復号装置。

【請求項9】コンピュータを、平文を入力する入力手段と、第一及び第二の擬似乱数列を生成する秘密の擬似乱数生成手段と、前記第一の擬似乱数列を初期値として第三の擬似乱数列を生成する公開可能な擬似乱数生成手段と、前記平文と前記第三の擬似乱数列とを排他的論理和したデータに前記第一の擬似乱数列をヘッダとして付加したデータを所定の非線形関数を用いて変換する変換処理手段と、前記変換されたデータを複数のブロックデータに分割し、前記第二の擬似乱数列に基づき生成された再配置表を秘密鍵として用いることにより前記複数のブロックデータを重複することなく再配置したデータを暗号文として生成する再配置処理手段と、前記生成された暗号文を出力する出力手段と、して機能させることを特徴とする暗号プログラム。

【請求項10】請求項9に記載の暗号プログラムにおいて、前記変換処理手段は、前記所定の非線形関数として前記再配置表を用いて変換を行うことを特徴とする暗号プログラム。

【請求項11】コンピュータを、平文を入力する入力手段と、第一及び第二の擬似乱数列を生成する秘密の擬似乱数生手段と、前記第一の擬似乱数列を鍵として前記平文をブロック暗号化するブロック暗号文生成手段と、前記ブロック暗号化されたデータに前記第一の擬似乱数列をヘッダとして付与したデータを所定の非線形関数を用いて変換する変換処理手段と、前記変換されたデータを複数のブロックデータに分割し、前記第二の擬似乱数列に基づき生成された再配置表を秘密鍵として用いることにより前記複数のブロックデータを重複することなく再配置したデータを暗号文として生成する再配置処理手段と、前記生成された暗号文を出力する出力手段と、して機能させることを特徴とする暗号プログラム。

【請求項12】請求項11に記載の暗号プログラムにおいて、前記変換処理手段は、前記所定の非線形関数として前記再配置表を用いて変換を行うことを特徴とする暗号プログラム。

【請求項13】コンピュータを、暗号文を入力する入力手段と、前記暗号文を所定の分割数に分割し、秘密鍵としての所定の再配置表を用いて分割されたデータを元の配置に戻す逆再配置処理手段と、所定の非線形関数を用いて逆再配置されたデータを逆変換し、逆変換されたデータを先頭から所定のデータ長を有する第1のデータと残りの第2のデータと分離する逆変換処理手段と、前記第1のデータを初期値として擬似乱数列を生成する公開可能な擬似乱数生成手段と、生成された擬似乱数列と前記第2のデータとを排他的論理和したデータを平文として出力する出力手段と、して機能させることを特徴とする復号プログラム。

【請求項14】請求項13に記載の復号プログラムにおいて、前記逆変換処理部は、前記所定の非線形関数として前記所定の再配置表を用いて逆変換を行うことを特徴とする復号プログラム。

【請求項15】コンピュータを、暗号文を入力する入力手段と、前記暗号文を所定の分割数に分割し、秘密鍵としての所定の再配置表を用いて分割されたデータを元の配置に戻す逆再配置処理手段と、所定の非線形関数を用いて逆再配置されたデータを逆変換し、逆変換されたデータを先頭から所定のデータ長を有する第1のデータと残りの第2のデータと分離する逆変換処理手段と、擬似乱数列を生成する秘密の擬似乱数生成手段と、生成された擬似乱数列を鍵として用いることにより前記第2のデータをブロック復号化したデータを平文として出力する出力手段と、して機能させることを特徴とする復号プログラム。

【請求項16】請求項15に記載の復号プログラムにおいて、前記逆変換処理部は、前記所定の非線形関数として前記所定の再配置表を用いて逆変換を行うことを特徴とする復号プログラム。

【請求項17】請求項9乃至16のいずれか1項に記載のプログラムが記録されたコンピュータが読み取り可能な記録媒体。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • TOKYO DENKI UNIVERSITY
  • Inventor
  • SUZUKI, Shuichi
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE(UTILITY MODEL),AG,AL(UTILITY MODEL),AM(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),AO,AT(UTILITY MODEL),AU,AZ(UTILITY MODEL),BA,BB,BG(UTILITY MODEL),BH,BR(UTILITY MODEL),BW(UTILITY MODEL),BY(UTILITY MODEL),BZ(UTILITY MODEL),CA,CH,CN(UTILITY MODEL),CO(UTILITY MODEL),CR(UTILITY MODEL),CU(INVENTOR'S CERTIFICATE),CZ(UTILITY MODEL),DE(UTILITY MODEL),DK(UTILITY MODEL),DM(UTILITY MODEL),DO(UTILITY MODEL),DZ,EC(UTILITY MODEL),EE(UTILITY MODEL),EG(UTILITY MODEL),ES(UTILITY MODEL),FI(UTILITY MODEL),GB,GD,GE(UTILITY MODEL),GH,GM,GT,HN,HR(CONSENSUAL PATENT),HU(UTILITY MODEL),ID,IL,IN,IS,JP(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),KG(UTILITY MODEL),KM,KN,KP(INVENTOR'S CERTIFICATE)(UTILITY MODEL),KR(UTILITY MODEL),KZ(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),LA,LC,LK,LR,LS(UTILITY MODEL),LT,LU,LY,MA,MD(UTILITY MODEL),ME(PETTY PATENT),MG,MK,MN,MW,MX(UTILITY MODEL),MY(UTILITY-INNOVATION),MZ(UTILITY MODEL),NA,NG,NI(UTILITY MODEL),NO,NZ,OM,PG,PH(UTILITY MODEL),PL(UTILITY MODEL),PT(UTILITY MODEL),RO,RS(PETTY PATENT),RU(UTILITY MODEL),SC,SD,SE,SG,SK(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SM,SV(UTILITY MODEL),SY,TJ(UTILITY MODEL),TM(PROVISIONAL PATENT),TN,TR(UTILITY MODEL),TT(UTILITY CERTIFICATE),TZ,UA(UTILITY MODEL),UG(UTILITY CERTIFICATE),US,UZ(UTILITY MODEL),VC(UTILITY CERTIFICATE),VN,ZA,ZM,ZW,EP(AT,BE,BG,CH,CY,CZ,DE,DK,EE,ES,FI,FR,GB,GR,HR,HU,IE,IS,IT,LT,LU,LV,MC,MT,NL,NO,PL,PT,RO,SE,SI,SK,TR),OA(BF(UTILITY MODEL),BJ(UTILITY MODEL),CF(UTILITY MODEL),CG(UTILITY MODEL),CI(UTILITY MODEL),CM(UTILITY MODEL),GA(UTILITY MODEL),GN(UTILITY MODEL),GQ(UTILITY MODEL),GW(UTILITY MODEL),ML(UTILITY MODEL),MR(UTILITY MODEL),NE(UTILITY MODEL),SN(UTILITY MODEL),TD(UTILITY MODEL),TG(UTILITY MODEL)),AP(BW,GH,GM,KE,LS,MW,MZ,NA,SD,SL,SZ,TZ,UG,ZM,ZW),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,MD,RU,TJ,TM)
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close