Top > Search of International Patents > SENTENCE EVALUATING DEVICE AND SENTENCE EVALUATING PROGRAM

SENTENCE EVALUATING DEVICE AND SENTENCE EVALUATING PROGRAM

Foreign code F110002428
File No. 94-PCT
Posted date Feb 3, 2011
Country WIPO
International application number 2006JP310372
International publication number WO 2006/134759
Date of international filing May 24, 2006
Date of international publication Dec 21, 2006
Priority data
  • P2005-174675 (Jun 15, 2005) JP
Title SENTENCE EVALUATING DEVICE AND SENTENCE EVALUATING PROGRAM
Abstract A sentence evaluating device (14) comprises a marking unit (21) for comparing the answer sentence made by the user and the right answer sentences stored in a right answer sentence database (18) and corresponding to the answer sentence, marking the answer sentence for each right answer sentence by a mark deduction method using a below-mentioned criterion, and adopting the height score as the score of the answer sentence. The marking a unit (21) has work group evaluating means (25) for marking the answer sentence in respect of the difference between the word group in the answer sentence and that in the correct answer sentence, a part-of-speech evaluating means (27) for making the answer sentence in respect of the parts of speech of the words in the answer sentence and the correct answer sentence, and final evaluating means (29) for finally marking the answer sentence after the markings by the evaluating means (25 to 28).
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】原文となる問題文に対して所定言語で翻訳された解答文の評価を行う文章評価装置において、前記問題文に対する正解の翻訳文となる正解文が記憶された正解文データベースと、前記正解文と前記解答文との対比により、当該解答文に対する採点処理を行う採点部とを備え、前記採点部は、前記正解文及び前記解答文の中の語群の相違に着目して採点する語群評価手段を備え、前記語群評価手段は、前記正解文及び解答文の間で同一若しくは近似の語群を抽出して当該同一若しくは近似の語群を評価対象語とし、前記正解文及び前記解答文の間での各評価対象語の位置の相違若しくは前記評価対象語の並び順の相違に応じて点数に差を付けることを特徴とする文章評価装置。

【請求項2】前記語群評価手段は、前記同一の語群と近似の語群とで点数に差を付けることを特徴とする請求項1記載の文章評価装置。

【請求項3】前記語群評価手段は、正解文及び解答文の間での語群の相違が、当該語群を構成する単語の間での活用形の相違及び/又はスペルミスにすぎない場合に、近似の語群とすることを特徴とする請求項1又は2記載の文章評価装置。

【請求項4】所定の単語がその活用形とともに記憶された辞書データベースを備え、前記採点部は、前記辞書データベースを基に、前記正解文及び前記解答文の中の単語の活用形の相違に着目して採点する活用形評価手段を備え、前記活用形評価手段は、既に評価済みの評価対象語を除く単語の中から、前記正解文及び解答文の間で活用形が相違する単語を新たな評価対象語として抽出し、当該新たな評価対象語について、前記正解文及び前記解答文の間での位置の相違に応じて点数に差を付けることを特徴とする請求項1記載の文章評価装置。

【請求項5】前記採点部は、前記解答文の中の単語のスペルミスに着目して採点するスペル評価手段を備え、前記スペル評価手段は、既に評価済みの評価対象語を除く単語の中から、前記正解文及び前記解答文の間で綴りが近似する単語を新たな評価対象語として抽出し、当該新たな評価対象語について、前記正解文及び前記解答文の間での位置の相違に応じて点数に差を付けることを特徴とする請求項1又は4記載の文章評価装置。

【請求項6】所定の単語がその品詞の種類とともに記憶された辞書データベースを備え、前記採点部は、前記辞書データベースを基に、前記正解文及び前記解答文の中の単語の品詞の同一性に着目して採点する品詞評価手段を備え、前記品詞評価手段は、既に評価済みの評価対象語を除く単語の中から、前記正解文及び解答文の間で品詞の種類が一致する単語を新たな評価対象語として抽出し、当該新たな評価対象語について、前記正解文及び前記解答文の間での位置の相違及び/又は品詞の種類に応じて点数に差を付けることを特徴とする請求項1~5の何れかに記載の文章評価装置。

【請求項7】前記採点部は、前記正解文及び前記解答文の中で、前記評価対象語を除く残りの単語の数に応じて点数に差を付ける最終評価手段を備えたことを特徴とする請求項1~6の何れかに記載の文章評価装置。

【請求項8】前記最終評価手段は、前記残りの単語が、前記正解文及び前記解答文の間で対応する位置に存在するか否かにより点数に差を付けることを特徴とする請求項7記載の文章評価装置。

【請求項9】前記最終評価手段は、前記残りの単語の品詞の種類に応じて点数に差を付けることを特徴とする請求項7記載の文章評価装置。

【請求項10】前記正解文データベースには、前記正解文が複数記憶され、前記採点部では、前記各正解文に対し、前記各評価手段による前記解答文の採点処理がそれぞれ行われ、正解文毎に求められた採点結果の中から最も良い評価を前記解答文の評価とすることを特徴とする請求項1~9の何れかに記載の文章評価装置。

【請求項11】原文となる問題文に対する正解の翻訳文となる正解文と、前記問題文に対して所定言語で翻訳された解答文とを対比することにより、当該解答文の評価をコンピュータに実行させる文章評価プログラムであって、前記正解文及び解答文の間で同一若しくは近似の語群を評価対象語として抽出し、前記正解文及び前記解答文の間での各評価対象語の位置の相違若しくは前記評価対象語の並び順の相違に応じて点数に差を付ける処理を前記コンピュータに実行させることを特徴とする文章評価プログラム。

【請求項12】原文となる問題文に対する正解の翻訳文となる正解文と、前記問題文に対して所定言語で翻訳された解答文とを対比することにより、当該解答文の評価をコンピュータに実行させる文章評価プログラムであって、前記正解文及び解答文の間で同一若しくは近似の語群を評価対象語として抽出し、前記正解文及び前記解答文の間での各評価対象語の位置の相違若しくは前記評価対象語の並び順の相違に応じて点数に差を付ける語群評価ステップと、前記語群評価ステップでの評価対象語を除く単語の中から、前記正解文と前記解答文との間で品詞の種類が一致する単語を新たな評価対象語として抽出し、当該新たな評価対象語について、前記正解文及び前記解答文の間での位置の相違及び/又は品詞の種類に応じて点数に差を付ける品詞評価ステップと、前記各ステップでの評価対象語を除く残りの単語の数に応じて点数に差を付ける最終評価ステップとを、順に前記コンピュータに実行させることを特徴とする文章評価プログラム。

【請求項13】前記各ステップは、複数の正解文それぞれに対して実行され、これら正解文毎に求められた採点結果の中から最も良い評価を前記解答文の評価と決定するように、前記コンピュータに実行させることを特徴とする請求項12記載の文章評価プログラム。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • WASEDA UNIVERSITY
  • THE JAPAN INSTITUTE FOR EDUCATIONAL MEASUREMENT, Inc.
  • Inventor
  • ANTHONY, Laurence
  • HAYASHI, Norio
  • SONE, Kazuo
  • YAMANASHI, Toshio
  • MAEDA, Kaori
  • YAMAGISHI, Yasuko
  • TSUBAKIMOTO, Yayoi
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE,AG,AL,AM,AT,AU,AZ,BA,BB,BG,BR,BW,BY,BZ,CA,CH,CN,CO,CR,CU,CZ,DE,DK,DM,DZ,EC,EE,EG,ES,FI,GB,GD,GE,GH,GM,HR,HU,ID,IL,IN,IS,JP,KE,KG,KM,KN,KP,KR,KZ,LC,LK,LR,LS,LT,LU,LV,LY,MA,MD,MG,MK,MN,MW,MX,MZ,NA,NG,NI,NO,NZ,OM,PG,PH,PL,PT,RO,RU,SC,SD,SE,SG,SK,SL,SM,SY,TJ,TM,TN,TR,TT,TZ,UA,UG,US,UZ,VC,VN,YU,ZA,ZM,ZW,EP(AT,BE,BG,CH,CY,CZ,DE,DK,EE,ES,FI,FR,GB,GR,HU,IE,IS,IT,LT,LU,LV,MC,NL,PL,PT,RO,SE,SI,SK,TR),OA(BF,BJ,CF,CG,CI,CM,GA,GN,GQ,GW,ML,MR,NE,SN,TD,TG),AP(BW,GH,GM,KE,LS,MW,MZ,NA,SD,SL,SZ,TZ,UG,ZM,ZW),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,MD,RU,TJ,TM)
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close