Top > Search of International Patents > DISCHARGE PREVENTION DEVICE

DISCHARGE PREVENTION DEVICE

Foreign code F110002452
File No. 5102PCT
Posted date Mar 7, 2011
Country WIPO
International application number 2007JP061173
International publication number WO 2007/142133
Date of international filing Jun 1, 2007
Date of international publication Dec 13, 2007
Priority data
  • P2006-156782 (Jun 6, 2006) JP
Title DISCHARGE PREVENTION DEVICE
Abstract A conductive structure in an environment exposed to high energy electrons and an electronic device mounted on the surface of the conductive structure are prevented from discharging due to potential rise in the negative direction by the flowed-in negative charges. An insulating tape attached to the surface of the conductive structure is bored, and a conductive adhesive agent is applied to the exposed surface of the conductive structure. Subsequently, an insulating film is attached on the conductive adhesive agent and is so formed as to expose part of the conductive adhesive agent to the outside. Upon encountering high energy electrons, the insulating film is charged and a high electric field is applied to the conductive adhesive agent, so that electrons are emitted from the conductive adhesive agent by electric field electron emission, thereby preventing the potential rise of the conductive structure in the negative direction.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】高エネルギーの電子がふりそそぐ環境にある導電構体及びその面上に取り付けられた電子素子が、流入する負電荷により電位が負方向に上昇して放電するのを防止する放電対策装置において、前記導電構体面に貼った絶縁体テープをくりぬいて、露出した導電構体面に導電性接着剤を塗布し、さらに、該導電性接着剤の上に絶縁体フィルム或いは導電繊維強化プラスチックフィルムを貼ると共に、該導電性接着剤の一部を外部に露出させて構成し、高エネルギー電子に遭遇した際に前記絶縁体フィルム或いは導電繊維強化プラスチックフィルムが帯電して、前記導電性接着剤に高電界が印加して、電界電子放出により電子を前記導電性接着剤から放出することにより前記導電構体の負方向の電位上昇を防止することから成る放電対策装置。

【請求項2】前記絶縁体テープ及び前記絶縁体フィルムは、いずれもポリイミド系高分子材料からなり、かつ、前記導電性接着剤は炭素系接着剤である請求項1に記載の放電対策装置。

【請求項3】前記外部に露出させる導電性接着剤の一部は、前記絶縁体フィルム或いは導電繊維強化プラスチックフィルムの周囲に位置する導電性接着剤の角部である請求項1に記載の放電対策装置。

【請求項4】前記外部に露出させる導電性接着剤の一部は、前記絶縁体フィルムの周囲に位置する導電性接着剤の角部、該絶縁体フィルムに穴をあけて挿入し導電性接着剤に接着した導体棒、或いは該絶縁体フィルムに空けた穴のいずれか、若しくはそれらの組み合わせである請求項1に記載の放電対策装置。

【請求項5】高エネルギーの電子がふりそそぐ環境にある導電構体及びその面上に取り付けられた電子素子が、流入する負電荷により電位が負方向に上昇して放電するのを防止する放電対策装置において、前記導電構体面に貼った絶縁体テープの表面に固定して該導電構体と電気的に接続した導体板を導電性接着剤で覆い、さらに、該導電性接着剤の上に絶縁体フィルム或いは導電繊維強化プラスチックフィルムを貼ると共に、該導電性接着剤の一部を外部に露出させて構成し、高エネルギー電子に遭遇した際に前記絶縁体フィルム或いは導電繊維強化プラスチックフィルムが帯電して、前記導電性接着剤に高電界が印加して、電界電子放出により電子を前記導電性接着剤から放出することにより前記導電構体の負方向の電位上昇を防止することから成る放電対策装置。

【請求項6】前記絶縁体テープ及び前記絶縁体フィルムは、いずれもポリイミド系高分子材料からなり、かつ、前記導電性接着剤は炭素系接着剤である請求項5に記載の放電対策装置。

【請求項7】前記外部に露出させる導電性接着剤の一部は、前記絶縁体フィルム或いは導電繊維強化プラスチックフィルムの周囲に位置する導電性接着剤の角部である請求項5に記載の放電対策装置。

【請求項8】前記外部に露出させる導電性接着剤の一部は、前記絶縁体フィルムの周囲に位置する導電性接着剤の角部、該絶縁体フィルムに穴をあけて挿入し導電性接着剤に接着した導体棒、或いは該絶縁体フィルムに空けた穴のいずれか、若しくはそれらの組み合わせである請求項5に記載の放電対策装置。

【請求項9】高エネルギーの電子がふりそそぐ環境にある導電構体及びその面上に取り付けられた電子素子が、流入する負電荷により電位が負方向に上昇して放電するのを防止する放電対策装置において、前記導電構体面に貼った絶縁体テープをくりぬいて、露出した導電構体面に導電性接着剤を塗布し、この導電性接着剤を介して導電構体と電気的に接続される導電板を、絶縁体テープの表面に固定し、前記導電板の上面は、一部を外部に露出させた状態で、絶縁体フィルム或いは導電繊維強化プラスチックフィルムを貼り、高エネルギー電子に遭遇した際に前記絶縁体フィルム或いは導電繊維強化プラスチックフィルムが帯電して、前記導電板に高電界が印加して、電界電子放出により電子を前記導電板から放出することにより前記導電構体の負方向の電位上昇を防止することから成る放電対策装置。

【請求項10】前記導電板は、導電性接着剤により導電構体に固定される平板状の基部と、該基部中央から垂直方向に立ち上がる柱状部とから構成される請求項9に記載の放電対策装置。

【請求項11】前記導電板は、少なくともその側面が覆われる状態で、絶縁性接着剤により導電構体上面の絶縁体テープに対して接着される請求項9に記載の放電対策装置。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • KYUSHU INSTITUTE OF TECHNOLOGY
  • JAPAN AEROSPACE EXPLORATION AGENCY
  • Inventor
  • CHO, Mengu
  • SANMARU, Yuya
  • HOSODA, Satoshi
  • IWATA, Minoru
  • FUJITA, Tatsuhito
  • HISADA, Yasumasa
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE(UTILITY MODEL),AG,AL(UTILITY MODEL),AM(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),AT(UTILITY MODEL),AU,AZ(UTILITY MODEL),BA,BB,BG(UTILITY MODEL),BH,BR(UTILITY MODEL),BW,BY(UTILITY MODEL),BZ(UTILITY MODEL),CA,CH,CN(UTILITY MODEL),CO(UTILITY MODEL),CR(UTILITY MODEL),CU(INVENTOR'S CERTIFICATE),CZ(UTILITY MODEL),DE(UTILITY MODEL),DK(UTILITY MODEL),DM,DO,DZ,EC(UTILITY MODEL),EE(UTILITY MODEL),EG(UTILITY MODEL),ES(UTILITY MODEL),FI(UTILITY MODEL),GB,GD,GE(UTILITY MODEL),GH,GM,GT,HN,HR(CONSENSUAL PATENT),HU(UTILITY MODEL),ID,IL,IN,IS,JP(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),KG(UTILITY MODEL),KM,KN,KP(INVENTOR'S CERTIFICATE)(UTILITY MODEL),KR(UTILITY MODEL),KZ(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),LA,LC,LK,LR,LS(UTILITY MODEL),LT,LU,LY,MA,MD(UTILITY MODEL),MG,MK,MN,MW,MX(UTILITY MODEL),MY(UTILITY-INNOVATION),MZ(UTILITY MODEL),NA,NG,NI(UTILITY MODEL),NO,NZ,OM,PG,PH(UTILITY MODEL),PL(UTILITY MODEL),PT(UTILITY MODEL),RO,RS(PETTY PATENT),RU(UTILITY MODEL),SC,SD,SE,SG,SK(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SM,SV,SY,TJ(UTILITY MODEL),TM(PROVISIONAL PATENT),TN,TR(UTILITY MODEL),TT(UTILITY CERTIFICATE),TZ,UA(UTILITY MODEL),UG(UTILITY CERTIFICATE),US,UZ(UTILITY MODEL),VC(UTILITY CERTIFICATE),VN,ZA,ZM,ZW,EP(AT,BE,BG,CH,CY,CZ,DE,DK,EE,ES,FI,FR,GB,GR,HU,IE,IS,IT,LT,LU,LV,MC,MT,NL,PL,PT,RO,SE,SI,SK,TR),OA(BF(UTILITY MODEL),BJ(UTILITY MODEL),CF(UTILITY MODEL),CG(UTILITY MODEL),CI(UTILITY MODEL),CM(UTILITY MODEL),GA(UTILITY MODEL),GN(UTILITY MODEL),GQ(UTILITY MODEL),GW(UTILITY MODEL),ML(UTILITY MODEL),MR(UTILITY MODEL),NE(UTILITY MODEL),SN(UTILITY MODEL),TD(UTILITY MODEL),TG(UTILITY MODEL)),AP(BW,GH,GM,KE,LS,MW,MZ,NA,SD,SL,SZ,TZ,UG,ZM,ZW),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,MD,RU,TJ,TM)
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close