Top > Search of International Patents > EUROPIUM DIKETONE CHELATE COMPOUND AND FLUORESCENT MATERIAL USING SAME

EUROPIUM DIKETONE CHELATE COMPOUND AND FLUORESCENT MATERIAL USING SAME achieved

Foreign code F110002462
File No. 4005PCT
Posted date Mar 8, 2011
Country WIPO
International application number 2005JP012541
International publication number WO 2006/016455
Date of international filing Jul 7, 2005
Date of international publication Feb 16, 2006
Priority data
  • P2004-233137 (Aug 10, 2004) JP
Title EUROPIUM DIKETONE CHELATE COMPOUND AND FLUORESCENT MATERIAL USING SAME achieved
Abstract Disclosed is a novel europium diketone chelate compound which stably emits red light when irradiated with ultraviolet light. Also disclosed is a fluorescent material using such a europium diketone chelate compound. Such a europium diketone chelate compound is represented by the formula (1) below. The fluorescent material contains this europium diketone chelate compound. In the formula, X+ represents a heterocyclic cationic polymer, a cationic oligomer or a cationic heteroaromatic compound having a substituent, R1 represents an aromatic compound group or a heterocyclic compound group containing a plurality of double bonds, and Z represents a hydrogen atom or a substituent of an aliphatic or alicyclic compound.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】下記式(1)で示されるユーロピウムジケトンキレート化合物。【化1】式(1)(式中、Xはヘテロ環カチオン性ポリマー、カチオン性オリゴマー又は置換基を有するカチオン性ヘテロ芳香族化合物であり、Zは水素原子又は肪族若しくは脂環式化合物の置換基である)

【請求項2】前記式(1)中、Xがポリビニルピリジニウム、ポリピロールカチオン、ビピリジニウム又はアルキルピリジニウムであることを特徴とする請求項1記載のユーロピウムジケトンキレート化合物。

【請求項3】下記式(2)で示されるユーロピウムジケトンキレート化合物。【化2】式(2)(式中、Yは1価のカチオンであり、R2は複素芳香族基、3置換型アリール基、3環以上のポリアリール基、4環以上の縮合系アリール基、フルオレニル基、拡張共役π系アルケン化合物基、拡張共役π系アルキン化合物基、環状若しくは非環状のポリエーテル基、錯体基又はデンドリマー基であり、Zは水素原子又は肪族若しくは脂環式化合物の置換基である)

【請求項4】前記式(2)中、R2がピリジル基、トリアルコキシフェニル基、ターフェニル基、ピレニル基、パラフェニルアチルキニルフェニル基、4-スチルベニル基、(12-クラウン-4)メチルオキシフェニル基、メトキシトリ(エチルオキシ)メチルオキシフェニル基又はフェロセニル基であることを特徴とする請求項3記載のユーロピウムジケトンキレート化合物。

【請求項5】下記式(3)又は記式(4)で示されるユーロピウムジケトンキレート化合物。【化3】式(3)【化4】式(4)(式中、Xはヘテロ環カチオン性ポリマー、カチオン性オリゴマー又は置換基を有するカチオン性ヘテロ芳香族化合物であり、R1は芳香族化合物基、架橋芳香族基、又は二重結合を複数含む複素環化合物基であり、Zは水素原子又は肪族若しくは脂環式化合物の置換基であり、アニオンがリンカーRによって結合したユーロピウムジケトンキレートの2核体である)

【請求項6】前記式(3)又は式(4)中、R1が芳香族化合物基、架橋芳香族基、又は二重結合を複数含む複素環化合物基に代えて、アルキル基又はアルコキシ基であることを特徴とする請求項5記載のユーロピウムジケトンキレート化合物。

【請求項7】前記リンカーRが下記式(5)、式(6)又は式(7)で示されることを特徴とする請求項5記載のユーロピウムジケトンキレート化合物。【化5】式(5)【化6】式(6)【化7】式(7)

【請求項8】下記式(8)で示されるユーロピウムジケトンキレート化合物。【化8】式(8)(式中、Xn+はn価のカチオン性ポリマーであり、Arは任意の置換芳香族基、縮環芳香族基又はヘテロ環芳香族基であり、Zは水素原子又は肪族若しくは脂環式化合物の置換基である)

【請求項9】Xn+がポリビニルピリジニウム又はポリピロールカチオンであることを特徴とする請求項8記載のユーロピウムジケトンキレート化合物。

【請求項10】請求項1~9のいずれか1項に記載のユーロピウムジケトンキレート化合物を含有することを特徴とする蛍光材料。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION KYUSYU INSTITUTE OF TECHNOLOGY
  • Inventor
  • MORIGUCHI, Tetsuji
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE,AG,AL,AM,AT,AU,AZ,BA,BB,BG,BR,BW,BY,BZ,CA,CH,CN,CO,CR,CU,CZ,DE,DK,DM,DZ,EC,EE,EG,ES,FI,GB,GD,GE,GH,GM,HR,HU,ID,IL,IN,IS,JP,KE,KG,KM,KP,KR,KZ,LC,LK,LR,LS,LT,LU,LV,MA,MD,MG,MK,MN,MW,MX,MZ,NA,NG,NI,NO,NZ,OM,PG,PH,PL,PT,RO,RU,SC,SD,SE,SG,SK,SL,SM,SY,TJ,TM,TN,TR,TT,TZ,UA,UG,US,UZ,VC,VN,YU,ZA,ZM,ZW,EP(AT,BE,BG,CH,CY,CZ,DE,DK,EE,ES,FI,FR,GB,GR,HU,IE,IS,IT,LT,LU,LV,MC,NL,PL,PT,RO,SE,SI,SK,TR),OA(BF,BJ,CF,CG,CI,CM,GA,GN,GQ,GW,ML,MR,NE,SN,TD,TG),AP(BW,GH,GM,KE,LS,MW,MZ,NA,SD,SL,SZ,TZ,UG,ZM,ZW),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,MD,RU,TJ,TM)
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close