Top > Search of International Patents > NON-CONTACT CONVEY DEVICE BY SUPERCONDUCTING MAGNETIC LEVITATION

NON-CONTACT CONVEY DEVICE BY SUPERCONDUCTING MAGNETIC LEVITATION meetings

Foreign code F110002477
File No. 4043PCT
Posted date Mar 9, 2011
Country WIPO
International application number 2005JP022577
International publication number WO 2006/067974
Date of international filing Dec 8, 2005
Date of international publication Jun 29, 2006
Priority data
  • P2004-368136 (Dec 20, 2004) JP
Title NON-CONTACT CONVEY DEVICE BY SUPERCONDUCTING MAGNETIC LEVITATION meetings
Abstract There is provided a non-contact convey device (10) by superconductive magnetic levitation capable of stably conveying a convey object (11). The device (10) includes: a convey table (12) having a bottom where a plurality of permanent magnets (16-19) are arranged for conveying the convey object (11); convey guide means (13) having a superconductive body (20) arranged immediately below the respective permanent magnets (16-19) of the convey table; a distance sensor (21) arranged on the convey guide means for detecting a distance between the convey table (12) and the convey guide means (13); a vibration-damping coil (25) arranged on the convey guide means (13) for generating a magnetic field by electricity to damp vibration of the convey table (12); and a control unit (27) for detecting vibration of the convey table (12) and controlling current flowing into the vibration-damping coil (25). Thus, even if disturbance is caused to the convey object (11) conveyed in non-contact way by the superconductive magnetic levitation, the vibration is stopped within a short period of time.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】複数の永久磁石が底部に設けられ、搬送対象物を運ぶ搬送台と、前記搬送台の各永久磁石の直下に配置される超電導体を備えた搬送案内手段と、前記搬送案内手段に設けられて、前記搬送台と前記搬送案内手段との距離を検知する距離センサと、前記搬送案内手段に設けられて、通電によって前記搬送台を制振するための磁界を発生させる制振コイルと、前記距離センサの信号によって前記搬送台の変位を検知し、前記制振コイルに流す電流を制御する制御部とを有することを特徴とする超電導磁気浮上による非接触搬送装置。

【請求項2】請求項1記載の超電導磁気浮上による非接触搬送装置において、前記搬送台は密閉容器内に配置され、前記搬送案内手段は前記密閉容器外に設けられていることを特徴とする超電導磁気浮上による非接触搬送装置。

【請求項3】請求項1及び2のいずれか1項に記載の超電導磁気浮上による非接触搬送装置において、前記超電導体は複数に分割されたリング状となって、該リング状となった超電導体の底部に前記制振コイルが実質同心状に設けられていることを特徴とする超電導磁気浮上による非接触搬送装置。

【請求項4】請求項1及び2のいずれか1項に記載の超電導磁気浮上による非接触搬送装置において、前記搬送台の中央位置に磁性体が設けられ、前記制振コイルは前記磁性体の直下位置に配置されていることを特徴とする超電導磁気浮上による非接触搬送装置。

【請求項5】請求項4記載の超電導磁気浮上による非接触搬送装置において、前記磁性体は第2の永久磁石であって、前記制振コイルは空心コイルからなることを特徴とする超電導磁気浮上による非接触搬送装置。

【請求項6】請求項1~5のいずれか1項に記載の超電導磁気浮上による非接触搬送装置において、前記距離センサは、前記搬送案内手段の上に配置されたホール素子からなることを特徴とする超電導磁気浮上による非接触搬送装置。

【請求項7】請求項6記載の超電導磁気浮上による非接触搬送装置において、前記ホール素子は前記超電導体の上に配置されていることを特徴とする超電導磁気浮上による非接触搬送装置。

【請求項8】請求項1~7のいずれか1項に記載の超電導磁気浮上による非接触搬送装置において、前記搬送台に設けられている永久磁石はハルバッハ配列されて、該搬送台の下方にのみ前記永久磁石の磁極が向いていることを特徴とする超電導磁気浮上による非接触搬送装置。

【請求項9】請求項1~8のいずれか1項に記載の超電導磁気浮上による非接触搬送装置において、前記制御部は、前記距離センサによって検知された前記搬送台と前記搬送案内手段との距離の微分制御を主体としていることを特徴とする超電導磁気浮上による非接触搬送装置。

【請求項10】請求項1~9のいずれか1項に記載の超電導磁気浮上による非接触搬送装置において、前記超電導体は冷媒又は冷凍機によって冷却されていることを特徴とする超電導磁気浮上による非接触搬送装置。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • Kyushu Institute of Technology
  • Inventor
  • KOMORI, Mochimitsu
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE,AG,AL,AM,AT,AU,AZ,BA,BB,BG,BR,BW,BY,BZ,CA,CH,CN,CO,CR,CU,CZ,DE,DK,DM,DZ,EC,EE,EG,ES,FI,GB,GD,GE,GH,GM,HR,HU,ID,IL,IN,IS,JP,KE,KG,KM,KN,KP,KR,KZ,LC,LK,LR,LS,LT,LU,LV,LY,MA,MD,MG,MK,MN,MW,MX,MZ,NA,NG,NI,NO,NZ,OM,PG,PH,PL,PT,RO,RU,SC,SD,SE,SG,SK,SL,SM,SY,TJ,TM,TN,TR,TT,TZ,UA,UG,US,UZ,VC,VN,YU,ZA,ZM,ZW,EP(AT,BE,BG,CH,CY,CZ,DE,DK,EE,ES,FI,FR,GB,GR,HU,IE,IS,IT,LT,LU,LV,MC,NL,PL,PT,RO,SE,SI,SK,TR),OA(BF,BJ,CF,CG,CI,CM,GA,GN,GQ,GW,ML,MR,NE,SN,TD,TG),AP(BW,GH,GM,KE,LS,MW,MZ,NA,SD,SL,SZ,TZ,UG,ZM,ZW),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,MD,RU,TJ,TM)
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close