Top > Search of International Patents > VALVELESS MICROPUMP

VALVELESS MICROPUMP achieved

Foreign code F110002488
File No. 5012PCT
Posted date Mar 10, 2011
Country WIPO
International application number 2006JP313691
International publication number WO 2007/013287
Date of international filing Jul 10, 2006
Date of international publication Feb 1, 2007
Priority data
  • P2005-216984 (Jul 27, 2005) JP
Title VALVELESS MICROPUMP achieved
Abstract A valveless micropump for transforming a pressure variation of fluid in a volume variation chamber (8) into an oscillatory flow of fluid (10) by means of a piezoelectric element (7), making the fluid (10) to flow smoothly in channels (5, 6). A channel (2) is formed as an asymmetric diffuser-shaped channel (12) having a narrow channel (5) on the diffuser inlet (3) side and a wide channel (6) on the diffuser outlet (4) side, and the volume variation chamber (8) provided with the piezoelectric element (7) is communicated with the narrow channel (5). Vibration generated by applying a voltage to the piezoelectric element (7) causes a pressure variation of the fluid in the volume variation chamber (8) to generate a nozzle flow. The fluid (10) is made to flow smoothly from the wide channel (6) to the narrow channel (5) by the nozzle flow.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】流体流れの流路にディフューザ形状流路を形成し,前記流路をディフューザ流れの入口側を狭い流路に且つディフューザ流れの出口側を広い流路に形成し,前記狭い流路に連通する体積変動室を配設し,前記体積変動室に振動付勢手段を設け,前記振動付勢手段を付勢して発生した振動によって,前記体積変動室内の流体に圧力変動を発生させ,前記流体の前記圧力変動を前記流体の振動流に変換し,前記流路における前記流体の前記振動流によって前記流路に前記流体の一方向流れを発生させることを特徴とするバルブレスマイクロポンプ。

【請求項2】前記振動付勢手段は,圧電素子であることを特徴とする請求項1に記載のバルブレスマイクロポンプ。

【請求項3】前記狭い流路には前記ディフューザ流れの前記入口側として機能し且つノズル流れの出口側として機能する流路管が接続され,また,前記広い流路には前記ディフューザ流れの前記出口側として機能し且つ前記ノズル流れの入口側として機能する流路管が接続されていることを特徴とする請求項1又は2に記載のバルブレスマイクロポンプ。

【請求項4】前記振動付勢手段を付勢して前記流体に前記振動流を与えると,前記流体は,前記ディフューザ流れよりも流路抵抗が低い前記ノズル流れで流れ,前記広い流路から前記狭い流路へと搬送されることを特徴とする請求項3に記載のバルブレスマイクロポンプ。

【請求項5】前記圧電素子は,前記体積変動室に直接配設されていることを特徴とする請求項1~4のいずれか1項に記載のバルブレスマイクロポンプ。

【請求項6】前記体積変動室は,前記流路における前記ディフューザ形状流路に近接した位置で連絡流路によって連通するように配設されていることを特徴とする請求項1~5のいずれか1項に記載のバルブレスマイクロポンプ。

【請求項7】前記ディフューザ形状流路のディフューザ開き角度は,10°~90°の範囲であることを特徴とする請求項6に記載のバルブレスマイクロポンプ。

【請求項8】前記ディフューザ形状流路の前記ディフューザ開き角度は,50°前後であることを特徴とする請求項7に記載のバルブレスマイクロポンプ。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • Kyushu Institute of Technology
  • Inventor
  • MIYAZAKI, Koji
  • TANAKA, Seiichi
  • SHIMOOKA, Hiroyuki
  • TSUKAMOTO, Hiroshi
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE,AG,AL,AM,AT,AU,AZ,BA,BB,BG,BR,BW,BY,BZ,CA,CH,CN,CO,CR,CU,CZ,DE,DK,DM,DZ,EC,EE,EG,ES,FI,GB,GD,GE,GH,GM,HN,HR,HU,ID,IL,IN,IS,JP,KE,KG,KM,KN,KP,KR,KZ,LA,LC,LK,LR,LS,LT,LU,LV,LY,MA,MD,MG,MK,MN,MW,MX,MZ,NA,NG,NI,NO,NZ,OM,PG,PH,PL,PT,RO,RS,RU,SC,SD,SE,SG,SK,SL,SM,SY,TJ,TM,TN,TR,TT,TZ,UA,UG,US,UZ,VC,VN,ZA,ZM,ZW,EP(AT,BE,BG,CH,CY,CZ,DE,DK,EE,ES,FI,FR,GB,GR,HU,IE,IS,IT,LT,LU,LV,MC,NL,PL,PT,RO,SE,SI,SK,TR),OA(BF,BJ,CF,CG,CI,CM,GA,GN,GQ,GW,ML,MR,NE,SN,TD,TG),AP(BW,GH,GM,KE,LS,MW,MZ,NA,SD,SL,SZ,TZ,UG,ZM,ZW),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,MD,RU,TJ,TM)
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close