Top > Search of International Patents > SHIP BUOYANCY CONTROL SYSTEM

SHIP BUOYANCY CONTROL SYSTEM

Foreign code F110002509
File No. S2007-0178-C0
Posted date Mar 14, 2011
Country WIPO
International application number 2007JP073761
International publication number WO 2008/069341
Date of international filing Dec 10, 2007
Date of international publication Jun 12, 2008
Priority data
  • P2006-332691 (Dec 9, 2006) JP
Title SHIP BUOYANCY CONTROL SYSTEM
Abstract The tank (10) of a ship (1) has an inflow port (6) and an outflow port (7) that are opened in the ship bottom (13) and arranged at an interval in the advancing direction of the ship body. An opening closing means (9) is provided to each of the inflow port and the outflow port. The opening closing means closes each of the inflow port and the outflow port so as to ensure ship body buoyancy by means of air in a space in the tank. With the inflow port and the outflow port, outboard seawater is captured through the inflow port using the advancing movement of the ship body and seawater in the tank is allowed to flow overboard through the outflow port. A partition wall (2) forms in the tank a weir extending in the width direction of the ship body to section the area in the tank into an inflow area (3) and an outflow area (4). The tank, the partition wall, the inflow port, the outflow port and the opening closing means constitute the buoyancy control system of the ship. Accordingly, ballast water is replaced with seawater with a simple construction without depending on a forced replacing drive device, and a high ballast water/seawater replacing rate is attained.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】バラストタンクを備えた船舶のバラスト水交換装置において、前記バラストタンク内に配置され且つ上部が開放した隔壁と、船底に開口した流入口及び流出口とを有し、前記隔壁は、船体の幅方向に延びる堰を前記バラストタンク内に形成し、該バラストタンク内の領域を流入領域及び流出領域に区画し、前記流入口及び流出口は、船体の前進運動を用いて前記流入口から船外海水を前記バラストタンク内に取水し且つ該バラストタンク内の海水を前記流出口から船外に流出するように、前記流入領域及び流出領域に夫々配置され且つ船体の進行方向に間隔を隔てて配置されることを特徴とする船舶のバラスト水交換装置。

【請求項2】バラストタンク内のバラスト水を船舶の航行中に船外の海水と交換するバラスト水交換方法において、前記バラストタンク内の領域は、船体の幅方向に延びる堰によって流入領域及び流出領域に区画され、船底に開口した流入口及び流出口が、前記流入領域及び流出領域に夫々配置され、船体の前進時に発生する前記流入口及び流出口の水圧差によって前記流入口から船外海水を前記バラストタンク内に取水し且つ該バラストタンク内の海水を前記流出口から船外に流出させることを特徴とするバラスト水交換方法。

【請求項3】空荷状態又は軽荷状態の航行時に船体の浮力を低減する船舶の船体構造において、船底に開口可能な流入口及び流出口を船底部分に備えた海水循環タンクを有し、前記流入口は、前記流出口に対して船体進行方向前方に配置され、前記流出口は、船体進行方向後方に前記流入口から所定間隔を隔てて配置されており、空荷状態又は軽荷状態の航行時に前記流入口及び流出口を船底に開口させ、流入口及び流出口の水圧差によって船外海水を前記タンク内に循環させるとともに、積荷を積載した航行状態において前記タンク内空間の空気によって船体浮力を確保するように前記流入口及び流出口を閉鎖する開口閉鎖手段が、前記流入口及び流出口に設けられたことを特徴とする船舶の船体構造。

【請求項4】空荷状態又は軽荷状態の航行時に船体の浮力を低減するノンバラスト方式の船体浮力制御方法において、船体進行方向に所定間隔を隔てて配置された流入口及び流出口を船底部分に備えた海水循環タンクを使用し、空荷状態又は軽荷状態の航行時に前記流入口及び流出口を船底に開口させ、流入口及び流出口の水圧差によって船外海水を前記タンク内に循環させるとともに、積荷を積載した航行状態において前記流入口及び流出口を開口閉鎖手段によって閉鎖し、前記タンク内空間の空気によって船体浮力を確保することを特徴とする船体浮力制御方法。

【請求項5】前記海水循環タンクは、船体の幅方向に延びる堰によって流入領域及び流出領域に区画され、前記流入口及び流出口は、前記流入領域及び流出領域に夫々配置されることを特徴とする請求項3に記載の船体構造。

【請求項6】前記海水循環タンクは、船体の幅方向に延びる堰によって流入領域及び流出領域に区画され、前記流入口及び流出口は、前記流入領域及び流出領域に夫々配置されることを特徴とする請求項4に記載の船体浮力制御方法。

【請求項7】前記流入口は、船底の幅方向中央部に配置され、前記流出口は、左右のビルジ部に夫々配置されることを特徴とする請求項1に記載のバラスト水交換装置。

【請求項8】前記バラストタンクの前方壁面と前記隔壁との間の距離(L1)は、船体縦軸方向のバラストタンク全長(L)の1/3以下に設定されることを特徴とする請求項1又は7に記載のバラスト水交換装置。

【請求項9】前記隔壁の高さ(h)は、前記バラストタンクの高さ(H)の0.2倍以上の寸法に設定されることを特徴とする請求項1、7又は8に記載のバラスト水交換装置。

【請求項10】前記タンクの頂壁面は、喫水線よりも上方に位置しており、前記タンク内の水面レベルを前記喫水線よりも上方に上昇させるように船外海水を前記タンク内に導入する海水導入手段と、前記流入口及び流出口を閉鎖可能な開口閉鎖手段とが設けられたことを特徴とする請求項1、7、8又は9に記載のバラスト水交換装置。

【請求項11】前記タンク内の水面レベルを前記喫水線よりも下方に降下させるためにタンク内上部域を大気と連通させる通気手段が更に設けられたことを特徴とする請求項10に記載のバラスト水交換装置。

【請求項12】船体幅方向の軸線廻りに旋回する海水の旋回流を前記流入領域及び流出領域に夫々形成することを特徴とする請求項2に記載のバラスト水交換方法。

【請求項13】航行時間30分以内又は航行距離10km以内に海水置換率95%以上の効率で前記バラストタンク内のバラスト水を船外海水に置換することを特徴とする請求項2又は12に記載のバラスト水交換方法。

【請求項14】前記流入口は、船底の幅方向中央部に配置され、前記流出口は、左右のビルジ部に夫々配置されることを特徴とする請求項3又は5に記載の船体構造。

【請求項15】前記開口閉鎖手段は、前記流入口の開口を船体前方に差し向けるように開放可能な流入側の外蓋と、前記流出口の開口を船体後方に差し向けるように開放可能な流出側の外蓋とを有する請求項3、5又は14に記載の船体構造。

【請求項16】前記タンクの前方壁面と前記堰との間の距離(L1)は、船体縦軸方向のタンク全長(L)の1/3以下に設定されることを特徴とする請求項3、5、14又は15に記載の船体構造。

【請求項17】前記堰の高さ(h)は、前記タンクの高さ(H)の0.2倍以上の寸法に設定されることを特徴とする請求項5に記載の船体構造。

【請求項18】船体幅方向の軸線廻りに旋回する海水の旋回流を前記流入領域及び流出領域に夫々形成することを特徴とする請求項6に記載の船体浮力制御方法。

【請求項19】前記流入口及び流出口に外蓋を夫々配設して前記開口閉鎖手段を形成し、前記流入口の外蓋を開放することによって、該流入口の開口を船体前方に差し向けるとともに、前記流出口の外蓋を開放することよって、該流出口の開口を船体後方に差し向けることを特徴とする請求項4、6又は18に記載の船体浮力制御方法。

【請求項20】前記タンク内の水面レベルを喫水線よりも上方に上昇させた状態で船体を前進させることを特徴とする請求項4、6、18又は19に記載の船体浮力制御方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION YOKOHAMA NATIONAL UNIVERSITY
  • Inventor
  • ARAI, Makoto
  • SUZUKI, Kazuo
  • KORA, Koki
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE(UTILITY MODEL),AG,AL(UTILITY MODEL),AM(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),AT(UTILITY MODEL),AU,AZ(UTILITY MODEL),BA,BB,BG(UTILITY MODEL),BH,BR(UTILITY MODEL),BW,BY(UTILITY MODEL),BZ(UTILITY MODEL),CA,CH,CN(UTILITY MODEL),CO(UTILITY MODEL),CR(UTILITY MODEL),CU(INVENTOR'S CERTIFICATE),CZ(UTILITY MODEL),DE(UTILITY MODEL),DK(UTILITY MODEL),DM,DO,DZ,EC(UTILITY MODEL),EE(UTILITY MODEL),EG(UTILITY MODEL),ES(UTILITY MODEL),FI(UTILITY MODEL),GB,GD,GE(UTILITY MODEL),GH,GM,GT,HN,HR(CONSENSUAL PATENT),HU(UTILITY MODEL),ID,IL,IN,IS,JP(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),KG(UTILITY MODEL),KM,KN,KP(INVENTOR'S CERTIFICATE)(UTILITY MODEL),KR(UTILITY MODEL),KZ(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),LA,LC,LK,LR,LS(UTILITY MODEL),LT,LU,LY,MA,MD(UTILITY MODEL),ME,MG,MK,MN,MW,MX(UTILITY MODEL),MY(UTILITY-INNOVATION),MZ(UTILITY MODEL),NA,NG,NI(UTILITY MODEL),NO,NZ,OM,PG,PH(UTILITY MODEL),PL(UTILITY MODEL),PT(UTILITY MODEL),RO,RS(PETTY PATENT),RU(UTILITY MODEL),SC,SD,SE,SG,SK(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SM,SV,SY,TJ(UTILITY MODEL),TM(PROVISIONAL PATENT),TN,TR(UTILITY MODEL),TT(UTILITY CERTIFICATE),TZ,UA(UTILITY MODEL),UG(UTILITY CERTIFICATE),US,UZ(UTILITY MODEL),VC(UTILITY CERTIFICATE),VN,ZA,ZM,ZW,EP(AT,BE,BG,CH,CY,CZ,DE,DK,EE,ES,FI,FR,GB,GR,HU,IE,IS,IT,LT,LU,LV,MC,MT,NL,PL,PT,RO,SE,SI,SK,TR),OA(BF(UTILITY MODEL),BJ(UTILITY MODEL),CF(UTILITY MODEL),CG(UTILITY MODEL),CI(UTILITY MODEL),CM(UTILITY MODEL),GA(UTILITY MODEL),GN(UTILITY MODEL),GQ(UTILITY MODEL),GW(UTILITY MODEL),ML(UTILITY MODEL),MR(UTILITY MODEL),NE(UTILITY MODEL),SN(UTILITY MODEL),TD(UTILITY MODEL),TG(UTILITY MODEL)),AP(BW,GH,GM,KE,LS,MW,MZ,NA,SD,SL,SZ,TZ,UG,ZM,ZW),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,MD,RU,TJ,TM)
(In Japanese)掲載特許について詳しくお知りになりたい方はHPの「お問い合わせ」ページにてお問い合わせください。

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close