Top > Search of International Patents > METHOD FOR PRODUCTION OF THREE-DIMENSIONAL STRUCTURE OF CELLS

METHOD FOR PRODUCTION OF THREE-DIMENSIONAL STRUCTURE OF CELLS

Foreign code F110002519
File No. QP060196-PC,S2007-0641-C0
Posted date Mar 14, 2011
Country WIPO
International application number 2008JP056826
International publication number WO 2008/123614
Date of international filing Mar 31, 2008
Date of international publication Oct 16, 2008
Priority data
  • P2007-094313 (Mar 30, 2007) JP
Title METHOD FOR PRODUCTION OF THREE-DIMENSIONAL STRUCTURE OF CELLS
Abstract Disclosed is a method for producing a three-dimensional structure composed of only cells and having a desired shape, which is produced by arranging the cells in a three-dimensional space as a mass of cells. Also disclosed is a support for arranging a mass of cells in a space, which comprises a substrate and a thread-like or needle-like material through which the mass of cells is to be penetrated. If required, the support may further comprise a removable sheet for covering the substrate. Still further disclosed are: a method for arranging a mass of cells in a space by using the support; and a method for producing a three-dimensional cell structure.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】細胞塊を任意の空間に配置するための支持体であって、基板と、細胞塊を貫通させるための糸状体または針状体とを備える、支持体。

【請求項2】前記糸状体または針状体が前記基板のほぼ法線方向に配置してなる、請求項1に記載の支持体。

【請求項3】前記基板を覆うシートをさらに備える、請求項1または2に記載の支持体。

【請求項4】前記糸状体または針状体が細胞非接着性のものである、請求項1または2に記載の支持体。

【請求項5】前記糸状体または針状体は、細胞塊を貫通させたときに隣り合う細胞塊と接触可能であるような間隔で位置決めされている、請求項1または2に記載の支持体。

【請求項6】前記シートが細胞非接着性のものである、請求項3に記載の支持体。

【請求項7】前記シートは、前記基板に固定された前記糸状体または針状体が該シートを貫通できるように、孔を有するか、またはメッシュ状となっている、請求項3に記載の支持体。

【請求項8】前記細胞塊がスフェロイドである、請求項1または2に記載の支持体。

【請求項9】前記針状体が円錐形である、請求項1または2に記載の支持体。

【請求項10】前記糸状体または針状体がポリプロピレン製、ナイロン製、またはステンレス製である、請求項1または2に記載の支持体。

【請求項11】前記シートがフッ素加工またはポリヒドロキシエチルメタクリレート加工されたものである、請求項3に記載の支持体。

【請求項12】細胞塊を任意の空間に配置するための方法であって、a)細胞塊を形成させる工程、b)請求項1に記載の支持体の糸状体または針状体に、形成された細胞塊を貫通させる工程、およびc)該貫通させた細胞塊同士を接触させる工程を包含する、前記方法。

【請求項13】細胞構築物の製造方法であって、a)細胞塊を形成させる工程、b)請求項1に記載の支持体の糸状体または針状体に、形成された細胞塊を貫通させる工程、c)該貫通させた細胞塊同士を接触させる工程、およびd)接触させた細胞塊を回収する工程を包含する、前記方法。

【請求項14】前記細胞塊は、前記糸状体または針状体の長手方向に連続して接触するように貫通される、請求項12または13に記載の方法。

【請求項15】前記接触させた細胞塊の回収が、融合させた細胞塊から支持体を引き抜く工程によって達成される、請求項13に記載の方法。

【請求項16】前記細胞塊がスフェロイドである、請求項12~15のいずれか1項に記載の方法。

【請求項17】請求項12~15のいずれか1項に記載の方法によって作製される細胞構築物。

【請求項18】前記細胞構築物が同種類の細胞により構成されたものである、請求項17に記載の細胞構築物。

【請求項19】前記細胞構築物が複数種類の細胞により構成されたものである、請求項17に記載の細胞構築物。

【請求項20】医療用又は実験用に使用される、請求項17~19のいずれか1項に記載の細胞構築物。

【請求項21】関節の再生に使用される、請求項20に記載の細胞構築物。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • KYUSHU UNIVERSITY, NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION
  • Inventor
  • KOGA, Toshinobu
  • NAGASATO, Soichi
  • IWAMOTO, Yukihide
  • NAKAYAMA, Koichi
IPC(International Patent Classification)
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close