Top > Search of International Patents > CELL CAPABLE OF REPLICATING NOVEL HCV REPLICON, CELL CAPABLE OF REPLICATING FULL-LENGTH HCV RNA, AND USE OF THOSE CELLS

CELL CAPABLE OF REPLICATING NOVEL HCV REPLICON, CELL CAPABLE OF REPLICATING FULL-LENGTH HCV RNA, AND USE OF THOSE CELLS

Foreign code F110002534
Posted date Mar 17, 2011
Country WIPO
International application number 2009JP065263
International publication number WO 2010/026965
Date of international filing Sep 1, 2009
Date of international publication Mar 11, 2010
Priority data
  • P2008-225323 (Sep 2, 2008) JP
Title CELL CAPABLE OF REPLICATING NOVEL HCV REPLICON, CELL CAPABLE OF REPLICATING FULL-LENGTH HCV RNA, AND USE OF THOSE CELLS
Abstract A cell capable of replicating an HCV replicon can be produced by employing a production method involving a step of introducing RNA containing an HCV replicon sequence and a selection marker gene sequence into a Li23 cell or a healing cell derived from a Li23 cell. A cell capable of replicating full-length HCV RNA can be produced by employing a production method involving a step of introducing RNA containing a full-length HCV genome sequence and a selection marker gene sequence into a cell presented by a Li23 cell or a healing cell derived from a Li23 cell. It becomes possible to construct an HCV life cycle reproduction system which is derived from a cell line other than HuH-7 cell line and has an ability equivalent to that of an HCV life cycle reproduction system derived from HuH-7 cell line.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】 HCVレプリコン複製細胞を作製する方法であって、
 HCVレプリコン配列および選択マーカー遺伝子配列を含んでいるRNAを、Li23細胞またはLi23細胞に由来する治癒細胞に導入する工程を包含し、
 該HCVレプリコン配列は、配列番号2に示されるアミノ酸配列においてQ1112R、K1609EおよびS2200R、またはQ1112R、P1115LおよびS2200Rのアミノ酸置換を生じているアミノ酸配列をコードする塩基配列を含んでいることを特徴とする作製方法。

【請求項2】 上記HCVレプリコン配列が、配列番号3または5に示されることを特徴とする請求項1に記載の作製方法。

【請求項3】 全長HCV RNA複製細胞を作製する方法であって、
 全長HCVゲノム配列および選択マーカー遺伝子配列を含んでいるRNAを、Li23細胞に由来する治癒細胞に導入する工程を包含することを特徴とする作製方法。

【請求項4】 上記全長HCVゲノム配列は、配列番号2に示されるアミノ酸配列におけるQ1112R、K1609EおよびS2200R、またはQ1112R、P1115LおよびS2200Rのアミノ酸置換を生じているアミノ酸配列をコードする塩基配列を含んでいることを特徴とする請求項3に記載の作製方法。

【請求項5】 上記塩基配列が、配列番号7または9に示されることを特徴とする請求項4に記載の作製方法。

【請求項6】 上記全長HCVゲノム配列が、配列番号11または13に示される塩基配列を含んでいることを特徴とする請求項3に記載の作製方法。

【請求項7】 上記RNAがレポーター遺伝子配列をさらに含んでいることを特徴とする請求項3~6のいずれか1項に記載の作製方法。

【請求項8】 上記RNAが、外因性のインターナルリボソーマルエントリーサイト(IRES)配列をさらに含んでいることを特徴とする請求項1~7のいずれか1項に記載の作製方法。

【請求項9】 抗HCV作用を有する物質をスクリーニングする方法であって、
 請求項1~6のいずれか1項に記載の方法によって作製された細胞を候補因子とともにインキュベートする工程;および
 HCV遺伝子産物のレベルを測定する工程
を包含することを特徴とするスクリーニング方法。

【請求項10】 抗HCV作用を有する物質をスクリーニングするためのキットであって、
 請求項1~6のいずれか1項に記載の方法によって作製された細胞;および
 HCV遺伝子産物のレベルを測定するための試薬
を備えていることを特徴とするキット。

【請求項11】 抗HCV作用を有する物質をスクリーニングする方法であって、
 請求項7に記載の方法によって作製された細胞を候補因子とともにインキュベートする工程;および
 レポーター遺伝子産物のレベルを測定する工程
を包含することを特徴とするスクリーニング方法。

【請求項12】 抗HCV作用を有する物質をスクリーニングするためのキットであって、
 請求項7に記載の方法によって作製された細胞;および
 レポーター遺伝子産物のレベルを測定するための試薬
を備えていることを特徴とするキット。

【請求項13】 請求項1~8のいずれか1項に記載の方法によって作製された細胞を、抗ウイルス作用を有する薬剤を含む培地中で培養する工程を包含することを特徴とするLi23細胞に由来する治癒細胞の作製方法。

【請求項14】 感染性HCV粒子を生産する方法であって、
 請求項13に記載の方法によって作製された治癒細胞を、感染性HCV RNAとともにインキュベートする工程を包含することを特徴とする産生方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION OKAYAMA UNIVERSITY
  • Inventor
  • KATO, Nobuyuki
  • IKEDA, Masanori
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE(UTILITY MODEL),AG,AL(UTILITY MODEL),AM(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),AO(UTILITY MODEL),AT(UTILITY MODEL),AU,AZ(UTILITY MODEL),BA,BB,BG(UTILITY MODEL),BH(UTILITY MODEL),BR(UTILITY MODEL),BW(UTILITY MODEL),BY(UTILITY MODEL),BZ(UTILITY MODEL),CA,CH,CL(UTILITY MODEL),CN(UTILITY MODEL),CO(UTILITY MODEL),CR(UTILITY MODEL),CU(INVENTOR'S CERTIFICATE),CZ(UTILITY MODEL),DE(UTILITY MODEL),DK(UTILITY MODEL),DM,DO(UTILITY MODEL),DZ,EC(UTILITY MODEL),EE(UTILITY MODEL),EG(UTILITY MODEL),ES(UTILITY MODEL),FI(UTILITY MODEL),GB,GD,GE(UTILITY MODEL),GH(UTILITY CERTIFICATE),GM,GT(UTILITY MODEL),HN,HR(CONSENSUAL PATENT),HU(UTILITY MODEL),ID,IL,IN,IS,JP(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),KG(UTILITY MODEL),KM,KN,KP(INVENTOR'S CERTIFICATE)(UTILITY MODEL),KR(UTILITY MODEL),KZ(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),LA,LC,LK,LR,LS(UTILITY MODEL),LT,LU,LY,MA,MD(UTILITY MODEL),ME,MG,MK,MN,MW,MX(UTILITY MODEL),MY(UTILITY-INNOVATION),MZ(UTILITY MODEL),NA,NG,NI(UTILITY MODEL),NO,NZ,OM(UTILITY MODEL),PE(UTILITY MODEL),PG,PH(UTILITY MODEL),PL(UTILITY MODEL),PT(UTILITY MODEL),RO,RS(PETTY PATENT),RU(UTILITY MODEL),SC,SD,SE,SG,SK(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SM,ST,SV(UTILITY MODEL),SY,TJ(UTILITY MODEL),TM(PROVISIONAL PATENT),TN,TR(UTILITY MODEL),TT(UTILITY CERTIFICATE),TZ,UA(UTILITY MODEL),UG(UTILITY CERTIFICATE),US,UZ(UTILITY MODEL),VC(UTILITY CERTIFICATE),VN(PATENT FOR UTILITY SOLUTION),ZA,ZM,ZW,EP(AT,BE,BG,CH,CY,CZ,DE,DK,EE,ES,FI,FR,GB,GR,HR,HU,IE,IS,IT,LT,LU,LV,MC,MK,MT,NL,NO,PL,PT,RO,SE,SI,SK,SM,TR),OA(BF(UTILITY MODEL),BJ(UTILITY MODEL),CF(UTILITY MODEL),CG(UTILITY MODEL),CI(UTILITY MODEL),CM(UTILITY MODEL),GA(UTILITY MODEL),GN(UTILITY MODEL),GQ(UTILITY MODEL),GW(UTILITY MODEL),ML(UTILITY MODEL),MR(UTILITY MODEL),NE(UTILITY MODEL),SN(UTILITY MODEL),TD(UTILITY MODEL),TG(UTILITY MODEL)),AP(BW(UTILITY MODEL),GH(UTILITY MODEL),GM(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),LS(UTILITY MODEL),MW(UTILITY MODEL),MZ(UTILITY MODEL),NA(UTILITY MODEL),SD(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SZ(UTILITY MODEL),TZ(UTILITY MODEL),UG(UTILITY MODEL),ZM(UTILITY MODEL),ZW(UTILITY MODEL)),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,MD,RU,TJ,TM)

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close