Top > Search of International Patents > HARMONIC PROCESSING CIRCUIT AND AMPLIFYING CIRCUIT USING THE SAME

HARMONIC PROCESSING CIRCUIT AND AMPLIFYING CIRCUIT USING THE SAME

Foreign code F110002596
File No. S2006-1286-C0
Posted date Mar 28, 2011
Country WIPO
International application number 2007JP065057
International publication number WO 2008/018338
Date of international filing Aug 1, 2007
Date of international publication Feb 14, 2008
Priority data
  • P2006-215181 (Aug 8, 2006) JP
Title HARMONIC PROCESSING CIRCUIT AND AMPLIFYING CIRCUIT USING THE SAME
Abstract Provided are a harmonic processing circuit having a reduce-sized circuit, and an amplifying circuit using such harmonic processing circuit. The harmonic processing circuit is provided with a first impedance adjusting section and a second impedance adjusting section. The first impedance adjusting section is provided with a coupled distributed constant line (CT). Output from an amplifying transistor (S) is inputted to the coupled distributed constant line (CT) which has a length of 1/4 of a wavelength (.lamda.) of a fundamental wave of the output from the amplifying transistor (S). Furthermore, the first impedance adjusting section adjusts input impedance to even-ordered harmonic to substantially infinite or zero. The first impedance adjusting section and the second impedance adjusting section adjust input impedance to odd-ordered harmonic to substantially infinite or zero, opposite to the even-ordered harmonic.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】増幅器の出力端子と負荷抵抗との間に接続されて、前記増幅器の出力端子に現れる高調波を処理するための回路であって、第1インピーダンス調整部と、第2インピーダンス調整部とを備えており、前記第1インピーダンス調整部は、結合分布定数線路を備えており、前記結合分布定数線路は、前記増幅器の出力が入力されるものであり、かつ、前記増幅器の出力における基本波の波長(λ)の1/4の長さを有しており、さらに、前記第1インピーダンス調整部は、偶数次高調波に対する入力インピーダンスを、実質的に無限大又は零の一方に調整する構成となっており、前記第1インピーダンス調整部と前記第2インピーダンス調整部とは、奇数次高調波に対する入力インピーダンスを、実質的に無限大又は零の他方に調整する構成となっていることを特徴とする高調波処理回路。

【請求項2】前記第1インピーダンス調整部は、偶数次高調波に対する入力インピーダンスを実質的に無限大に調整する構成となっており、前記第1インピーダンス調整部と前記第2インピーダンス調整部とは、奇数次高調波に対する入力インピーダンスを実質的に零に調整する構成となっており、さらに、前記第2インピーダンス調整部は、前記結合分布定数線路の出力端子に接続され、かつ、基本波の波長(λ)の1/4の長さを有する、λ/2形成用の分布定数線路と、前記λ/2形成用の分布定数線路の出力端子に互いに並列に接続された複数の終端開放分布定数線路とを有しており、前記複数の終端開放分布定数線路は、L=λ/(4m) (ただし、λは基本波の波長、mは1を除く正の奇数)で表される線路長Lを各々有していることを特徴とする請求項1記載の高調波処理回路。

【請求項3】前記第1インピーダンス調整部は、偶数次高調波に対する入力インピーダンスを実質的に零に調整する構成となっており、前記第1インピーダンス調整部と前記第2インピーダンス調整部とは、奇数次高調波に対する入力インピーダンスを実質的に無限大に調整する構成となっており、さらに、前記第2インピーダンス調整部は、前記結合分布定数線路の出力端子に互いに並列に接続された複数の終端開放分布定数線路を有しており、前記複数の終端開放分布定数線路は、L=λ/(4m) (ただし、λは基本波の波長、mは1を除く正の奇数)で表される線路長Lを各々有していることを特徴とする請求項1記載の高調波処理回路。

【請求項4】さらに、前記λ/2形成用の分布定数線路の出力端子に接続され、前記増幅器の出力端子での基本波のリアクタンス成分を補償する補償用分布定数線路を有することを特徴とする請求項2に記載の高調波処理回路。

【請求項5】さらに、前記λ/2形成用の分布定数線路の出力端子に接続され、前記増幅器の出力端子での基本波のリアクタンス成分を補償するリアクタンス素子を有することを特徴とする請求項2に記載の高調波処理回路。

【請求項6】請求項1~5のいずれか1項に記載の高調波処理回路における前記結合分布定数線路の入力端子が、前記増幅器の出力端子に接続されていることを特徴とする増幅回路。

【請求項7】前記増幅器として増幅用トランジスタが用いられている請求項6に記載の増幅回路。

【請求項8】前記増幅器として負性抵抗2端子増幅素子が用いられている請求項6に記載の増幅回路。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • National University Corporation The University of Electro-Communications
  • Inventor
  • ISHIKAWA, Ryo
  • HONJO, Kazuhiko
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE(UTILITY MODEL),AG,AL(UTILITY MODEL),AM(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),AT(UTILITY MODEL),AU,AZ(UTILITY MODEL),BA,BB,BG(UTILITY MODEL),BH,BR(UTILITY MODEL),BW,BY(UTILITY MODEL),BZ(UTILITY MODEL),CA,CH,CN(UTILITY MODEL),CO(UTILITY MODEL),CR(UTILITY MODEL),CU(INVENTOR'S CERTIFICATE),CZ(UTILITY MODEL),DE(UTILITY MODEL),DK(UTILITY MODEL),DM,DO,DZ,EC(UTILITY MODEL),EE(UTILITY MODEL),EG(UTILITY MODEL),ES(UTILITY MODEL),FI(UTILITY MODEL),GB,GD,GE(UTILITY MODEL),GH,GM,GT,HN,HR(CONSENSUAL PATENT),HU(UTILITY MODEL),ID,IL,IN,IS,JP(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),KG(UTILITY MODEL),KM,KN,KP(INVENTOR'S CERTIFICATE)(UTILITY MODEL),KR(UTILITY MODEL),KZ(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),LA,LC,LK,LR,LS(UTILITY MODEL),LT,LU,LY,MA,MD(UTILITY MODEL),ME,MG,MK,MN,MW,MX(UTILITY MODEL),MY(UTILITY-INNOVATION),MZ(UTILITY MODEL),NA,NG,NI(UTILITY MODEL),NO,NZ,OM,PG,PH(UTILITY MODEL),PL(UTILITY MODEL),PT(UTILITY MODEL),RO,RS(PETTY PATENT),RU(UTILITY MODEL),SC,SD,SE,SG,SK(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SM,SV,SY,TJ(UTILITY MODEL),TM(PROVISIONAL PATENT),TN,TR(UTILITY MODEL),TT(UTILITY CERTIFICATE),TZ,UA(UTILITY MODEL),UG(UTILITY CERTIFICATE),US,UZ(UTILITY MODEL),VC(UTILITY CERTIFICATE),VN,ZA,ZM,ZW,EP(AT,BE,BG,CH,CY,CZ,DE,DK,EE,ES,FI,FR,GB,GR,HU,IE,IS,IT,LT,LU,LV,MC,MT,NL,PL,PT,RO,SE,SI,SK,TR),OA(BF(UTILITY MODEL),BJ(UTILITY MODEL),CF(UTILITY MODEL),CG(UTILITY MODEL),CI(UTILITY MODEL),CM(UTILITY MODEL),GA(UTILITY MODEL),GN(UTILITY MODEL),GQ(UTILITY MODEL),GW(UTILITY MODEL),ML(UTILITY MODEL),MR(UTILITY MODEL),NE(UTILITY MODEL),SN(UTILITY MODEL),TD(UTILITY MODEL),TG(UTILITY MODEL)),AP(BW,GH,GM,KE,LS,MW,MZ,NA,SD,SL,SZ,TZ,UG,ZM,ZW),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,MD,RU,TJ,TM)
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close