Top > Search of International Patents > LIVING BODY STIMULATION DEVICE, GENE CONTROLLER, AND MUSCLE-RELATED DISEASE TREATMENT DEVICE

LIVING BODY STIMULATION DEVICE, GENE CONTROLLER, AND MUSCLE-RELATED DISEASE TREATMENT DEVICE

Foreign code F110002724
File No. S2008-0170-C0
Posted date Apr 11, 2011
Country WIPO
International application number 2008JP002577
International publication number WO 2009/037841
Date of international filing Sep 18, 2008
Date of international publication Mar 26, 2009
Priority data
  • P2007-242851 (Sep 19, 2007) JP
Title LIVING BODY STIMULATION DEVICE, GENE CONTROLLER, AND MUSCLE-RELATED DISEASE TREATMENT DEVICE
Abstract A living body stimulation device has a laser oscillator which oscillates an ultrashort pulse laser beam and an optical system which focuses the ultrashort pulse laser beam. The ultrashort pulse laser beam is focused on the target section of a living body by the optical system and irradiates the section to stimulate an acupressure point. The target section is the acupressure point or the surroundings of the same.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】超短パルスレーザー光を発振するレーザー発振器と、前記超短パルスレーザー光を集光する光学系とを備え、前記超短パルスレーザー光を前記光学系により生体の標的部位に集光して照射することによりツボを刺激する生体刺激装置であって、前記標的部位は前記ツボまたはその周辺である、生体刺激装置。

【請求項2】前記ツボは、前記超短パルスレーザー光の照射により生じる物理的衝撃で刺激される、請求項1に記載の生体刺激装置。

【請求項3】前記超短パルスレーザー光の照射により生体組織の連続性が断絶されない、請求項1に記載の生体刺激装置。

【請求項4】前記超短パルスレーザー光を、生体の標的部位において、生体の表面下の組織に集光する、請求項1に記載の生体刺激装置。

【請求項5】前記超短パルスレーザー光を、生体の標的部位において、生体の表面から100μm~1cmの深度に集光する、請求項4に記載の生体刺激装置。

【請求項6】前記超短パルスレーザー光の波長が600~1200nmである、請求項1に記載の生体刺激装置。

【請求項7】前記超短パルスレーザー光のパルスの時間幅が1.0×10-10sec~1.0×10-15secである、請求項1に記載の生体刺激装置。

【請求項8】前記標的部位が皮膚組織または筋肉組織にある、請求項1に記載の生体刺激装置。

【請求項9】さらに、ツボを探索するツボ探索手段と、前記ツボ探索手段からの情報に基づいて前記標的部位を決定する制御手段とを備える、請求項1に記載の生体刺激装置。

【請求項10】前記ツボを刺激することにより血流の改善を促進する、請求項1に記載の生体刺激装置。

【請求項11】超短パルスレーザー光を発振するレーザー発振器と、前記超短パルスレーザー光を集光する光学系とを備え、前記超短パルスレーザー光を前記光学系により生体の標的部位に集光して照射することにより特定遺伝子の発現量を制御する、遺伝子制御装置。

【請求項12】前記特定遺伝子の発現量は、前記超短パルスレーザー光の照射により生じる物理的衝撃を利用して制御される、請求項11に記載の遺伝子制御装置。

【請求項13】前記超短パルスレーザー光の照射により生体組織の連続性が断絶されない、請求項11に記載の遺伝子制御装置。

【請求項14】前記超短パルスレーザー光を、生体の標的部位において、生体の表面下の組織に集光する、請求項11に記載の遺伝子制御装置。

【請求項15】前記超短パルスレーザー光を、生体の標的部位において、生体の表面から100μm~1cmの深度に集光する、請求項14に記載の遺伝子制御装置。

【請求項16】前記超短パルスレーザー光の波長が600~1200nmである、請求項11に記載の遺伝子制御装置。

【請求項17】前記超短パルスレーザー光のパルスの時間幅が1.0×10-10sec~1.0×10-15secである、請求項11に記載の遺伝子制御装置。

【請求項18】前記超短パルスレーザー光を前記光学系により生体の筋肉組織にある標的部位に集光して照射することにより前記筋肉組織のミオスタチン遺伝子の発現量を制御する、請求項11に記載の遺伝子制御装置。

【請求項19】ミオスタチン遺伝子の発現量を制御することにより前記筋肉組織の増強および/または修復を促進する、請求項18に記載の遺伝子制御装置。

【請求項20】超短パルスレーザー光を発振するレーザー発振器と、前記超短パルスレーザー光を集光する光学系とを備え、前記超短パルスレーザー光を前記光学系により生体の筋肉組織にある標的部位に集光して照射することにより筋肉関連疾患を治療する、筋肉関連疾患治療装置。

【請求項21】前記筋肉関連疾患は、前記超短パルスレーザー光の照射により生じる物理的衝撃を利用して治療される、請求項20に記載の筋肉関連疾患治療装置。

【請求項22】前記超短パルスレーザー光の照射により生体組織の連続性が断絶されない、請求項20に記載の筋肉関連疾患治療装置。

【請求項23】前記超短パルスレーザー光を、生体の標的部位において、生体の表面下の組織に集光する、請求項20に記載の筋肉関連疾患治療装置。

【請求項24】前記超短パルスレーザー光を、生体の標的部位において、生体の表面から100μm~1cmの深度に集光する、請求項23に記載の筋肉関連疾患治療装置。

【請求項25】前記超短パルスレーザー光の波長が600~1200nmである、請求項20に記載の筋肉関連疾患治療装置。

【請求項26】前記超短パルスレーザー光のパルスの時間幅が1.0×10-10sec~1.0×10-15secである、請求項20に記載の筋肉関連疾患治療装置。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • JAPAN SCIENCE AND TECHNOLOGY AGENCY
  • NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION KOBE UNIVERSITY
  • Inventor
  • HOSOKAWA, Yoichiro
  • MASUHARA, Hiroshi
  • OKANO, Kazunori
  • TAKAOKA, Yutaka
  • OHTA, Mika
  • ITO, Akihiko
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE(UTILITY MODEL),AG,AL(UTILITY MODEL),AM(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),AO(UTILITY MODEL),AT(UTILITY MODEL),AU,AZ(UTILITY MODEL),BA,BB,BG(UTILITY MODEL),BH(UTILITY MODEL),BR(UTILITY MODEL),BW(UTILITY MODEL),BY(UTILITY MODEL),BZ(UTILITY MODEL),CA,CH,CN(UTILITY MODEL),CO(UTILITY MODEL),CR(UTILITY MODEL),CU(INVENTOR'S CERTIFICATE),CZ(UTILITY MODEL),DE(UTILITY MODEL),DK(UTILITY MODEL),DM(UTILITY MODEL),DO(UTILITY MODEL),DZ,EC(UTILITY MODEL),EE(UTILITY MODEL),EG(UTILITY MODEL),ES(UTILITY MODEL),FI(UTILITY MODEL),GB,GD,GE(UTILITY MODEL),GH(UTILITY CERTIFICATE),GM,GT(UTILITY MODEL),HN,HR(CONSENSUAL PATENT),HU(UTILITY MODEL),ID,IL,IN,IS,JP(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),KG(UTILITY MODEL),KM,KN,KP(INVENTOR'S CERTIFICATE)(UTILITY MODEL),KR(UTILITY MODEL),KZ(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),LA,LC,LK,LR,LS(UTILITY MODEL),LT,LU,LY,MA,MD(UTILITY MODEL),ME(PETTY PATENT),MG,MK,MN,MW,MX(UTILITY MODEL),MY(UTILITY-INNOVATION),MZ(UTILITY MODEL),NA,NG,NI(UTILITY MODEL),NO,NZ,OM(UTILITY MODEL),PG,PH(UTILITY MODEL),PL(UTILITY MODEL),PT(UTILITY MODEL),RO,RS(PETTY PATENT),RU(UTILITY MODEL),SC,SD,SE,SG,SK(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SM,ST,SV(UTILITY MODEL),SY,TJ(UTILITY MODEL),TM(PROVISIONAL PATENT),TN,TR(UTILITY MODEL),TT(UTILITY CERTIFICATE),TZ,UA(UTILITY MODEL),UG(UTILITY CERTIFICATE),US,UZ(UTILITY MODEL),VC(UTILITY CERTIFICATE),VN(PATENT FOR UTILITY SOLUTION),ZA,ZM,ZW,EP(AT,BE,BG,CH,CY,CZ,DE,DK,EE,ES,FI,FR,GB,GR,HR,HU,IE,IS,IT,LT,LU,LV,MC,MT,NL,NO,PL,PT,RO,SE,SI,SK,TR),OA(BF(UTILITY MODEL),BJ(UTILITY MODEL),CF(UTILITY MODEL),CG(UTILITY MODEL),CI(UTILITY MODEL),CM(UTILITY MODEL),GA(UTILITY MODEL),GN(UTILITY MODEL),GQ(UTILITY MODEL),GW(UTILITY MODEL),ML(UTILITY MODEL),MR(UTILITY MODEL),NE(UTILITY MODEL),SN(UTILITY MODEL),TD(UTILITY MODEL),TG(UTILITY MODEL)),AP(BW(UTILITY MODEL),GH(UTILITY MODEL),GM(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),LS(UTILITY MODEL),MW(UTILITY MODEL),MZ(UTILITY MODEL),NA(UTILITY MODEL),SD(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SZ(UTILITY MODEL),TZ(UTILITY MODEL),UG(UTILITY MODEL),ZM(UTILITY MODEL),ZW(UTILITY MODEL)),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,MD,RU,TJ,TM)
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close