Top > Search of International Patents > ORDINARY-TEMPERATURE-PHOSPHORESCENT ORGANIC MATERIAL, REVERSIBLY THERMOSENSITIVE RECORDING MATERIAL, REVERSIBLY THERMOSENSITIVE RECORDING MEDIUM, AND METHOD OF RECORDING IN REVERSIBLY THERMOSENSITIVE RECORDING MEDIUM

ORDINARY-TEMPERATURE-PHOSPHORESCENT ORGANIC MATERIAL, REVERSIBLY THERMOSENSITIVE RECORDING MATERIAL, REVERSIBLY THERMOSENSITIVE RECORDING MEDIUM, AND METHOD OF RECORDING IN REVERSIBLY THERMOSENSITIVE RECORDING MEDIUM

Foreign code F110002748
File No. S2008-0134-C0
Posted date Apr 13, 2011
Country WIPO
International application number 2008JP071740
International publication number WO 2009/069790
Date of international filing Nov 28, 2008
Date of international publication Jun 4, 2009
Priority data
  • P2007-308107 (Nov 28, 2007) JP
Title ORDINARY-TEMPERATURE-PHOSPHORESCENT ORGANIC MATERIAL, REVERSIBLY THERMOSENSITIVE RECORDING MATERIAL, REVERSIBLY THERMOSENSITIVE RECORDING MEDIUM, AND METHOD OF RECORDING IN REVERSIBLY THERMOSENSITIVE RECORDING MEDIUM
Abstract An organic material characterized by comprising a rigid matrix and a dye which has a phosphorescent life in a 77K rigid medium of 0.1 sec or longer. This material phosphoresces intensely for a long period in such a degree that the phosphorescence can be recognized with the naked eye even at ordinary temperature. Namely, an ordinary-temperature-phosphorescent organic material is provided.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】可逆剤を含むマトリックスと、77Kの剛性媒体中における燐光寿命が0.1秒以上である色素とを含有することを特徴とする常温有機蓄光材料。

【請求項2】前記可逆剤が、複数のシクロ環同士が連結した塊状の分子からなる化合物であることを特徴とする請求項1に記載の常温有機蓄光材料。

【請求項3】前記複数のシクロ環同士が連結した塊状の分子からなる化合物がステロール系化合物であることを特徴とする請求項2に記載の常温有機蓄光材料。

【請求項4】前記色素が、少なくとも一箇所が第3級アミン又は第2級アミンで置換されている色素であることを特徴とする請求項1乃至3のいずれか1項に記載の常温有機蓄光材料。

【請求項5】前記置換が、色素における最大吸収波長が450nm以下であるπ共役系に直結する部位における置換であることを特徴とする請求項4に記載の常温有機蓄光材料。

【請求項6】前記色素が、3重項最低励起状態がππ*遷移からなる色素であり、原子番号17以上の重原子を分子内に含有しない色素であることを特徴とする請求項1乃至5のいずれか1項に記載の常温有機蓄光材料。

【請求項7】前記色素における共役部のプロトンが重水素化していることを特徴とする請求項1乃至6項のいずれか1項に記載の常温有機蓄光材料。

【請求項8】前記マトリックスに非晶安定化剤を含むことを特徴とする請求項1乃至7のいずれか1項に記載の常温有機蓄光材料。

【請求項9】前記非晶安定化剤が、同一分子内にヒドロキシル基を少なくとも2つ以上含有し、少なくとも前記ヒドロキシル基の間は連続した2つ以上のアルキル鎖部位が存在しない剛直な部位からなる化合物であり、かつ、前記可逆剤が、ステロール系化合物であることを特徴とする請求項8に記載の常温有機蓄光材料。

【請求項10】光増感剤が添加されていることを特徴とする請求項1乃至9のいずれか1項に記載の常温有機蓄光材料。

【請求項11】前記光増感剤が常温において項間交差効率が0.5以上であり、光増感剤の最低3重項エネルギーが色素の最低3重項エネルギーよりも大きいことを特徴とする請求項10に記載の常温有機蓄光材料。

【請求項12】前記可逆剤の融点以下の固体状態において、前記可逆剤の相と平衡溶解度を超える余剰の色素の相が相分離した平衡状態、及び、前記可逆剤が平衡溶解度以上の色素を取り込んだ準平衡又は非平衡状態の2つの状態を取ることができ、前記2つの状態間で燐光量子収率と燐光寿命が異なることを特徴とする請求項1乃至11のいずれか1項に記載の常温有機蓄光材料。

【請求項13】ロイコ染料が加えられていることを特徴とする請求項1乃至12のいずれか1項に記載の常温有機蓄光材料。

【請求項14】前記可逆剤を含むマトリックスが結晶状態のときに、前記ロイコ染料の呈色状態における吸光度が極大吸光度の25%以上である吸収波長帯と、前記色素の燐光スペクトル及び前記光増感剤の燐光スペクトルの極大強度の25%以上である発光波長帯とが一部重なることを特徴とする請求項13項に記載の常温有機蓄光材料。

【請求項15】フォトクロミック化合物が加えられていることを特徴とする請求項1乃至14のいずれか1項に記載の常温有機蓄光材料。

【請求項16】請求項1乃至15のいずれか1項に記載の常温有機蓄光材料を含むことを特徴とする可逆性感熱記録材料。

【請求項17】請求項1乃至15項のいずれか1項に記載の常温有機蓄光材料を内包するマイクロカプセルを含むことを特徴とする可逆性感熱記録材料。

【請求項18】請求項1乃至15項のいずれか1項に記載の常温有機蓄光材料と、絶縁粒子とを含むことを特徴とする可逆性感熱記録材料。

【請求項19】請求項16乃至18項のいずれかに記載の可逆性感熱記録材料を基材に設けたことを特徴とする可逆性感熱記録媒体。

【請求項20】請求項19項に記載の可逆性感熱記録媒体の所定位置を可逆剤の融点まで加熱した後冷却することで可逆性感熱記録材料の蓄光機能を発現させる工程、及び前記所定位置とは異なる位置を可逆剤の結晶化温度まで加熱した後冷却することで可逆性感熱記録材料の蓄光機能を消去させる工程、とを有することを特徴とする可逆性感熱記録媒体の記録方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • National University Corporation Tokyo University of Agriculture and Technology
  • Inventor
  • WATANABE, Toshiyuki
  • HIRATA, Shuzo
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE(UTILITY MODEL),AG,AL(UTILITY MODEL),AM(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),AO(UTILITY MODEL),AT(UTILITY MODEL),AU,AZ(UTILITY MODEL),BA,BB,BG(UTILITY MODEL),BH(UTILITY MODEL),BR(UTILITY MODEL),BW(UTILITY MODEL),BY(UTILITY MODEL),BZ(UTILITY MODEL),CA,CH,CN(UTILITY MODEL),CO(UTILITY MODEL),CR(UTILITY MODEL),CU(INVENTOR'S CERTIFICATE),CZ(UTILITY MODEL),DE(UTILITY MODEL),DK(UTILITY MODEL),DM(UTILITY MODEL),DO(UTILITY MODEL),DZ,EC(UTILITY MODEL),EE(UTILITY MODEL),EG(UTILITY MODEL),ES(UTILITY MODEL),FI(UTILITY MODEL),GB,GD,GE(UTILITY MODEL),GH(UTILITY CERTIFICATE),GM,GT(UTILITY MODEL),HN,HR(CONSENSUAL PATENT),HU(UTILITY MODEL),ID,IL,IN,IS,JP(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),KG(UTILITY MODEL),KM,KN,KP(INVENTOR'S CERTIFICATE)(UTILITY MODEL),KR(UTILITY MODEL),KZ(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),LA,LC,LK,LR,LS(UTILITY MODEL),LT,LU,LY,MA,MD(UTILITY MODEL),ME,MG,MK,MN,MW,MX(UTILITY MODEL),MY(UTILITY-INNOVATION),MZ(UTILITY MODEL),NA,NG,NI(UTILITY MODEL),NO,NZ,OM(UTILITY MODEL),PG,PH(UTILITY MODEL),PL(UTILITY MODEL),PT(UTILITY MODEL),RO,RS(PETTY PATENT),RU(UTILITY MODEL),SC,SD,SE,SG,SK(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SM,ST,SV(UTILITY MODEL),SY,TJ(UTILITY MODEL),TM(PROVISIONAL PATENT),TN,TR(UTILITY MODEL),TT(UTILITY CERTIFICATE),TZ,UA(UTILITY MODEL),UG(UTILITY CERTIFICATE),US,UZ(UTILITY MODEL),VC(UTILITY CERTIFICATE),VN(PATENT FOR UTILITY SOLUTION),ZA,ZM,ZW,EP(AT,BE,BG,CH,CY,CZ,DE,DK,EE,ES,FI,FR,GB,GR,HR,HU,IE,IS,IT,LT,LU,LV,MC,MT,NL,NO,PL,PT,RO,SE,SI,SK,TR),OA(BF(UTILITY MODEL),BJ(UTILITY MODEL),CF(UTILITY MODEL),CG(UTILITY MODEL),CI(UTILITY MODEL),CM(UTILITY MODEL),GA(UTILITY MODEL),GN(UTILITY MODEL),GQ(UTILITY MODEL),GW(UTILITY MODEL),ML(UTILITY MODEL),MR(UTILITY MODEL),NE(UTILITY MODEL),SN(UTILITY MODEL),TD(UTILITY MODEL),TG(UTILITY MODEL)),AP(BW(UTILITY MODEL),GH(UTILITY MODEL),GM(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),LS(UTILITY MODEL),MW(UTILITY MODEL),MZ(UTILITY MODEL),NA(UTILITY MODEL),SD(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SZ(UTILITY MODEL),TZ(UTILITY MODEL),UG(UTILITY MODEL),ZM(UTILITY MODEL),ZW(UTILITY MODEL)),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,MD,RU,TJ,TM)
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close