Top > Search of International Patents > METHOD FOR SELECTING SECONDARY NEUROSPHERE DERIVED FROM DIFFERENTIATED CELL-DERIVED PLURIPOTENT STEM CELL, CLONE SELECTED BY THE METHOD AND USE OF THE CLONE

METHOD FOR SELECTING SECONDARY NEUROSPHERE DERIVED FROM DIFFERENTIATED CELL-DERIVED PLURIPOTENT STEM CELL, CLONE SELECTED BY THE METHOD AND USE OF THE CLONE

Foreign code F110002815
File No. S2008-0888-C0
Posted date May 2, 2011
Country WIPO
International application number 2009JP003755
International publication number WO 2010/016253
Date of international filing Aug 5, 2009
Date of international publication Feb 11, 2010
Priority data
  • 61/086,369 (Aug 5, 2008) US
Title METHOD FOR SELECTING SECONDARY NEUROSPHERE DERIVED FROM DIFFERENTIATED CELL-DERIVED PLURIPOTENT STEM CELL, CLONE SELECTED BY THE METHOD AND USE OF THE CLONE
Abstract In order to provide a therapeutic agent for nerve injury which contains iPS-derived neural stem cells and has low or no risk of side effects, as well as a method for treating a nerve injury using the iPS cells, by efficiently establishing in vivo the iPS-derived neural stem having low or no risk of tumor formation, neurospheres are formed following formation of embryoid bodies from the iPS cells, and a clone whose ratio of cells in which the promoter of Nanog gene is activated is 0.01% or less is selected, and the clone is administered to a patient suffering from the nerve injury.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】分化細胞由来誘導多能性幹細胞由来の二次ニューロスフェアから、移植後の腫瘍形成リスクが低いか、リスクの無い二次ニューロスフェアを選択するための方法であって、各二次ニューロスフェアにおいて、Nanog遺伝子のプロモーター活性を調べる工程と、Nanogプロモーター活性が抑制されている二次ニューロスフェアを選択する工程と、を含有することを特徴とする方法。

【請求項2】移植後の腫瘍形成リスクが低いか、リスクの無い二次ニューロスフェアを選択するための方法であって、(1)分化細胞由来誘導多能性幹細胞を用いて、二次ニューロスフェアを調製する工程(2)各二次ニューロスフェアにおいて、Nanog遺伝子のプロモーター活性を調べる工程(3)Nanog遺伝子のプロモーター活性が抑制された二次ニューロスフェアを選択する工程を含有する方法。

【請求項3】前記二次ニューロスフェアが、Nanog遺伝子のプロモーターによって発現制御されるマーカー遺伝子を含有し、当該マーカー遺伝子の発現が調べられることを特徴とする請求項1又は2に記載の方法。

【請求項4】当該マーカー遺伝子が、蛍光タンパク質、発光タンパク質または酵素をコードすることを特徴とする請求項3に記載の方法。

【請求項5】内在性Nanog遺伝子の発現が検出されることを特徴とする請求項1又は2に記載の方法。

【請求項6】各二次ニューロスフェア中の各細胞において、Nanog遺伝子のプロモーターの活性化レベルが測定されることを特徴とする請求項1~5のいずれか1項に記載の方法。

【請求項7】各二次ニューロスフェアにおいて、Nanog遺伝子のプロモーターが活性化している細胞の割合が算出されることを特徴とする請求項6に記載の選択方法。

【請求項8】Nanog遺伝子のプロモーターが活性化している細胞の割合が0.01%以下の二次ニューロスフェアが選択されることを特徴とする請求項7に記載の選択方法。

【請求項9】各二次ニューロスフェアにおいて、Nanog遺伝子のプロモーターの、全体での活性化レベルが測定されることを特徴とする請求項1~5のいずれか1項に記載の選択方法。

【請求項10】分化細胞由来誘導多能性幹細胞由来の二次ニューロスフェアから、移植後の腫瘍形成リスクが低いか、リスクの無い二次ニューロスフェアを選択するためのマーカーであって、Nanog遺伝子のプロモーターによって制御された産物であることを特徴とする選択マーカー。

【請求項11】前記産物が、Nanogタンパク質、蛍光タンパク質、発光タンパク質、酵素、及び、Nanogタンパク質、蛍光タンパク質、発光タンパク質、酵素をコードする転写産物、及び当該転写産物からなる群より選択されることを特徴とする請求項10に記載の選択マーカー。

【請求項12】分化細胞由来誘導多能性幹細胞由来の二次ニューロスフェアから、移植後の腫瘍形成リスクが低いか、リスクの無い二次ニューロスフェアを選択するためのキットであって、Nanog遺伝子のプロモーター活性を検出するための試薬を含有することを特徴とするキット。

【請求項13】前記試薬が、Nanogタンパク質、蛍光タンパク質、発光タンパク質、酵素、及び、Nanogタンパク質、蛍光タンパク質、発光タンパク質、酵素をコードする転写産物、及び当該転写産物からなる群より選択されるマーカーを検出するための試薬であることを特徴とする請求項13に記載のキット。

【請求項14】分化細胞由来誘導多能性幹細胞由来の二次ニューロスフェアのクローンであって、Nanog遺伝子のプロモーターが活性化している細胞の割合が0.01%以下であることを特徴とするクローン。

【請求項15】神経疾患に対する医薬組成物であって、請求項14のクローンを含有する医薬組成物。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • KEIO UNIVERSITY
  • KYOTO UNIVERSITY
  • Inventor
  • OKANO, Hideyuki
  • TSUJI, Osahiko
  • NAKAMURA, Masaya
  • YAMANAKA, Shinya
  • MIURA, Kyoko
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE(UTILITY MODEL),AG,AL(UTILITY MODEL),AM(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),AO(UTILITY MODEL),AT(UTILITY MODEL),AU,AZ(UTILITY MODEL),BA,BB,BG(UTILITY MODEL),BH(UTILITY MODEL),BR(UTILITY MODEL),BW(UTILITY MODEL),BY(UTILITY MODEL),BZ(UTILITY MODEL),CA,CH,CL(UTILITY MODEL),CN(UTILITY MODEL),CO(UTILITY MODEL),CR(UTILITY MODEL),CU(INVENTOR'S CERTIFICATE),CZ(UTILITY MODEL),DE(UTILITY MODEL),DK(UTILITY MODEL),DM,DO(UTILITY MODEL),DZ,EC(UTILITY MODEL),EE(UTILITY MODEL),EG(UTILITY MODEL),ES(UTILITY MODEL),FI(UTILITY MODEL),GB,GD,GE(UTILITY MODEL),GH(UTILITY CERTIFICATE),GM,GT(UTILITY MODEL),HN,HR(CONSENSUAL PATENT),HU(UTILITY MODEL),ID,IL,IN,IS,JP(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),KG(UTILITY MODEL),KM,KN,KP(INVENTOR'S CERTIFICATE)(UTILITY MODEL),KR(UTILITY MODEL),KZ(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),LA,LC,LK,LR,LS(UTILITY MODEL),LT,LU,LY,MA,MD(UTILITY MODEL),ME,MG,MK,MN,MW,MX(UTILITY MODEL),MY(UTILITY-INNOVATION),MZ(UTILITY MODEL),NA,NG,NI(UTILITY MODEL),NO,NZ,OM(UTILITY MODEL),PE(UTILITY MODEL),PG,PH(UTILITY MODEL),PL(UTILITY MODEL),PT(UTILITY MODEL),RO,RS(PETTY PATENT),RU(UTILITY MODEL),SC,SD,SE,SG,SK(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SM,ST,SV(UTILITY MODEL),SY,TJ(UTILITY MODEL),TM(PROVISIONAL PATENT),TN,TR(UTILITY MODEL),TT(UTILITY CERTIFICATE),TZ,UA(UTILITY MODEL),UG(UTILITY CERTIFICATE),US,UZ(UTILITY MODEL),VC(UTILITY CERTIFICATE),VN(PATENT FOR UTILITY SOLUTION),ZA,ZM,ZW,EP(AT,BE,BG,CH,CY,CZ,DE,DK,EE,ES,FI,FR,GB,GR,HR,HU,IE,IS,IT,LT,LU,LV,MC,MK,MT,NL,NO,PL,PT,RO,SE,SI,SK,SM,TR),OA(BF(UTILITY MODEL),BJ(UTILITY MODEL),CF(UTILITY MODEL),CG(UTILITY MODEL),CI(UTILITY MODEL),CM(UTILITY MODEL),GA(UTILITY MODEL),GN(UTILITY MODEL),GQ(UTILITY MODEL),GW(UTILITY MODEL),ML(UTILITY MODEL),MR(UTILITY MODEL),NE(UTILITY MODEL),SN(UTILITY MODEL),TD(UTILITY MODEL),TG(UTILITY MODEL)),AP(BW(UTILITY MODEL),GH(UTILITY MODEL),GM(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),LS(UTILITY MODEL),MW(UTILITY MODEL),MZ(UTILITY MODEL),NA(UTILITY MODEL),SD(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SZ(UTILITY MODEL),TZ(UTILITY MODEL),UG(UTILITY MODEL),ZM(UTILITY MODEL),ZW(UTILITY MODEL)),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,MD,RU,TJ,TM)
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close