Top > Search of International Patents > RNA CAPABLE OF INHIBITING EXPRESSION OF ZFAT GENE

RNA CAPABLE OF INHIBITING EXPRESSION OF ZFAT GENE

Foreign code F110002835
File No. S2010-0169-N0
Posted date May 2, 2011
Country WIPO
International application number 2008JP066155
International publication number WO 2010/026660
Date of international filing Sep 8, 2008
Date of international publication Mar 11, 2010
Title RNA CAPABLE OF INHIBITING EXPRESSION OF ZFAT GENE
Abstract Disclosed is RNA capable of inhibiting the expression of ZFAT gene, which is siRNA composed of sense RNA for a sequence comprising contiguous 20 to 30 nucleotides, preferably 23 to 27 nucleotides, lying within ZFAT mRNA and antisense RNA for a sequence complementary to the aforementioned sequence, or shRNA comprising double-stranded RNA (dsRNA) formed by linking the sense RNA to the antisense RNA via a loop sequence. The RNA capable of inhibiting the expression of ZFAT gene can decrease the cell growth rate of a cancer cell or the like and induce the apoptosis of a cell such as a cancer cell through the inhibition of the expression of ZFAT gene. The RNA can also inhibit an immune response through the inhibition of the expression of ZFAT gene. Therefore, the RNA is particularly useful for the development of a molecule-targeting therapeutic agent for a cancer cell or an immunosuppressant agent.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】 ZFAT mRNAの連続する20~30塩基の配列のセンスRNAおよび該配列と相補的な配列のアンチセンスRNAを含む2本鎖RNAからなることを特徴とするZFAT遺伝子発現抑制RNA。

【請求項2】 請求項1に記載のZFAT遺伝子発現抑制RNAにおいて、前記センスRNAの塩基配列がZFAT mRNAの連続する23~27塩基からなることを特徴とするZFAT遺伝子発現抑制RNA。

【請求項3】 請求項1または2に記載のZFAT遺伝子発現抑制RNAにおいて、前記2本鎖RNAが、そのそれぞれの鎖の3’端に1~6個のヌクレオチドを付加した2本鎖RNAであることを特徴とするZFAT遺伝子発現抑制RNA。

【請求項4】 請求項1ないし3のいずれか1項に記載のZFAT遺伝子発現抑制RNAにおいて、前記ZFAT遺伝子発現抑制RNAが、ZFAT mRNAの連続する20~30塩基の配列のセンスRNAおよび該配列と相補的な配列のアンチセンスRNAからなるsiRNAまたは該センスRNAと該アンチセンスRNAとをループ配列で結合したshRNAであることを特徴とするZFAT遺伝子発現抑制RNA。

【請求項5】 請求項4に記載のZFAT遺伝子発現抑制RNAにおいて、前記センスRNAの塩基配列がZFAT mRNAの連続する23~27塩基からなることを特徴とするZFAT遺伝子発現抑制RNA。

【請求項6】 請求項4または5に記載のZFAT遺伝子発現抑制RNAにおいて、前記ループ配列が1~6塩基のスペーサーオリゴヌクレオチドからなり、センスRNAとアンチセンスRNAとを結合し、ヘアピン構造を形成していることを特徴とするZFAT遺伝子発現抑制RNA。

【請求項7】 請求項1ないし6のいずれか1項に記載のZFAT遺伝子発現抑制RNAにおいて、前記2本鎖が、配列番号1および2でそれぞれ表される下記塩基配列を有するセンスRNAおよびアンチセンスRNA、配列番号3および4でそれぞれ表される下記塩基配列を有するセンスRNAおよびアンチセンスRNA、配列番号5および6でそれぞれ表される下記塩基配列を有するセンスRNAおよびアンチセンスRNA、もしくは配列番号7および8でそれぞれ表される下記塩基配列を有するセンスRNAおよびアンチセンスRNAとからなるヒトZFAT遺伝子(hZFAT)siRNA、または配列番号17および16でそれぞれ表される下記塩基配列を有するセンスRNAおよびアンチセンスRNA、配列番号19および18でそれぞれ表される下記塩基配列を有するセンスRNAおよびアンチセンスRNAもしくは配列番号21および20でそれぞれ表される下記塩基配列を有するセンスRNAおよびアンチセンスRNAからなるmZFAT siRNAであることを特徴とするZFAT遺伝子発現抑制RNA。
 配列番号1:5’-A CGG CCA UCU UUA UGU GUA AAU GUU-3’
 配列番号2:5’- A ACA UUU ACA CAU AAA GAU GGC CGU-3’
 配列番号3:5’- C CUU AGG CCU CUG AGU ACA CCU GAA-3’
 配列番号4:5’- U UCA GGU GUA CUC AGA GGC CUA AGG-3’
 配列番号5:5’- G GGA AGC AGU UUA AGU GCA CGG UGU-3’
 配列番号6:5’- A CAC CGU GCA CUU AAA CUG CUU CCC-3’
 配列番号7:5’- U GGC UUG AAG GUG GUG GAA AUU GAU-3’
 配列番号8:5’- A UCA AUU UCC ACC ACC UUC AAG CCA-3’
 配列番号17:5’-CAGUCAGAACUCGUGACCCACGUUU-3’
 配列番号18:5’-AAACGUGGGUCACGAGUUCUGACUG-3’
 配列番号19:5’-CAGCGUGGUCUUAACUGCUCAUGAA-3’
 配列番号20:5’-UUCAUGAGCAGUUAAGACCACGCUG-3’
 配列番号21:5’-CCGCUGUGAAUAUCCUGCAGCAGAU-3’
 配列番号22:5’-AUCUGCUGCAGGAUAUUCACAGCGG-3’

【請求項8】 請求項4ないし6のいずれか1項に記載のZFAT遺伝子発現抑制RNAにおいて、前記shRNAが、配列番号27および26でそれぞれ表される下記塩基配列を有するセンス RNAおよびアンチセンスRNAとからなることを特徴とするZFAT遺伝子発現抑制RNA。
配列番号27:
5’-CACCGCAAGCACATCTGCATCATTGCGAACAATGATGCAGATGTGCTTGC-3’
配列番号28:
5’-AAAAGCAAGCACATCTGCATCATTGTTCGCAATGATGCAGATGTGCTTGC-3’

【請求項9】 請求項1ないし8のいずれか1項に記載のZFAT遺伝子発現抑制RNAを発現することを特徴とする発現ベクター。

【請求項10】 請求項1ないし8のいずれか1項に記載のZFAT遺伝子発現抑制RNAまたは請求項9に記載の発現ベクターを細胞に導入することにより、該細胞中のZFAT遺伝子の発現を抑制することを特徴とするZFAT遺伝子発現抑制方法。

【請求項11】 請求項1ないし8のいずれか1項に記載のZFAT遺伝子発現抑制RNAまたは請求項9に記載の発現ベクターを細胞に導入することにより、該細胞の増殖を抑制することを特徴とする細胞増殖抑制方法。

【請求項12】 請求項1ないし8のいずれか1項に記載のZFAT遺伝子発現抑制RNAまたは請求項9に記載の発現ベクターを細胞に導入することにより、該細胞のアポトーシスを誘導することを特徴とするアポトーシス誘導方法。

【請求項13】 請求項1ないし8のいずれか1項に記載のZFAT遺伝子発現抑制RNAまたは請求項9に記載の発現ベクターを細胞に導入することにより、生体内における免疫応答を阻害することを特徴とする免疫抑制方法。

【請求項14】 請求項1ないし8のいずれか1項に記載のZFAT遺伝子発現抑制RNAまたは請求項9に記載の発現ベクターを有効成分として含有することを特徴とする医薬組成物。

【請求項15】 請求項1ないし8のいずれか1項に記載のZFAT遺伝子発現抑制RNAまたは請求項9に記載の発現ベクターが、細胞増殖を抑制またはアポトーシスの誘導により、または免疫応答阻害により、癌などの疾患の治療もしくは予防をすることができる有効成分として含有されていることを特徴とする医薬組成物。
 
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • Fukuoka University
  • Inventor
  • SHIRASAWA, Senji
  • FUJIMOTO, Takahiro
  • TSUNODA, Toshiyuki
  • DOI, Keiko
  • KOYANAGI, Midori
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE(UTILITY MODEL),AG,AL(UTILITY MODEL),AM(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),AO(UTILITY MODEL),AT(UTILITY MODEL),AU,AZ(UTILITY MODEL),BA,BB,BG(UTILITY MODEL),BH(UTILITY MODEL),BR(UTILITY MODEL),BW(UTILITY MODEL),BY(UTILITY MODEL),BZ(UTILITY MODEL),CA,CH,CN(UTILITY MODEL),CO(UTILITY MODEL),CR(UTILITY MODEL),CU(INVENTOR'S CERTIFICATE),CZ(UTILITY MODEL),DE(UTILITY MODEL),DK(UTILITY MODEL),DM,DO(UTILITY MODEL),DZ,EC(UTILITY MODEL),EE(UTILITY MODEL),EG(UTILITY MODEL),ES(UTILITY MODEL),FI(UTILITY MODEL),GB,GD,GE(UTILITY MODEL),GH(UTILITY CERTIFICATE),GM,GT(UTILITY MODEL),HN,HR(CONSENSUAL PATENT),HU(UTILITY MODEL),ID,IL,IN,IS,JP(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),KG(UTILITY MODEL),KM,KN,KP(INVENTOR'S CERTIFICATE)(UTILITY MODEL),KR(UTILITY MODEL),KZ(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),LA,LC,LK,LR,LS(UTILITY MODEL),LT,LU,LY,MA,MD(UTILITY MODEL),ME(PETTY PATENT),MG,MK,MN,MW,MX(UTILITY MODEL),MY(UTILITY-INNOVATION),MZ(UTILITY MODEL),NA,NG,NI(UTILITY MODEL),NO,NZ,OM,PG,PH(UTILITY MODEL),PL(UTILITY MODEL),PT(UTILITY MODEL),RO,RS(PETTY PATENT),RU(UTILITY MODEL),SC,SD,SE,SG,SK(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SM,ST,SV(UTILITY MODEL),SY,TJ(UTILITY MODEL),TM(PROVISIONAL PATENT),TN,TR(UTILITY MODEL),TT(UTILITY CERTIFICATE),TZ,UA(UTILITY MODEL),UG(UTILITY CERTIFICATE),US,UZ(UTILITY MODEL),VC(UTILITY CERTIFICATE),VN(PATENT FOR UTILITY SOLUTION),ZA,ZM,ZW,EP(AT,BE,BG,CH,CY,CZ,DE,DK,EE,ES,FI,FR,GB,GR,HR,HU,IE,IS,IT,LT,LU,LV,MC,MT,NL,NO,PL,PT,RO,SE,SI,SK,TR),OA(BF(UTILITY MODEL),BJ(UTILITY MODEL),CF(UTILITY MODEL),CG(UTILITY MODEL),CI(UTILITY MODEL),CM(UTILITY MODEL),GA(UTILITY MODEL),GN(UTILITY MODEL),GQ(UTILITY MODEL),GW(UTILITY MODEL),ML(UTILITY MODEL),MR(UTILITY MODEL),NE(UTILITY MODEL),SN(UTILITY MODEL),TD(UTILITY MODEL),TG(UTILITY MODEL)),AP(BW(UTILITY MODEL),GH(UTILITY MODEL),GM(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),LS(UTILITY MODEL),MW(UTILITY MODEL),MZ(UTILITY MODEL),NA(UTILITY MODEL),SD(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SZ(UTILITY MODEL),TZ(UTILITY MODEL),UG(UTILITY MODEL),ZM(UTILITY MODEL),ZW(UTILITY MODEL)),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,MD,RU,TJ,TM)

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close