Top > Search of International Patents > PROPHYLACTIC AGENT FOR DENTAL CARIES

PROPHYLACTIC AGENT FOR DENTAL CARIES

Foreign code F110002870
File No. S2010-0762-N0
Posted date May 6, 2011
Country WIPO
International application number 2009JP067903
International publication number WO 2010/050369
Date of international filing Oct 16, 2009
Date of international publication May 6, 2010
Priority data
  • P2008-280806 (Oct 31, 2008) JP
Title PROPHYLACTIC AGENT FOR DENTAL CARIES
Abstract Disclosed is a prophylactic agent for dental caries, which comprises a lectin which has an activity to prevent or inhibit the binding between a biopolymer derived from saliva from Japanese persons who live on Japanese foods and an oral bacterium, particularly Streptococcus mutans that a bacterium believed to cause dental caries. Specifically disclosed is a prophylactic agent for dental caries, which is characterized by comprising a lectin selected from the group consisting of AAL, ABA, ACA, ACG, BPL, GRFT, Jacalin, MAH, RCA-I and the like. Also disclosed are a pharmaceutical composition, a food composition, a dentifrice and an oral washer, each of which comprises the prophylactic agent for dental caries.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】 レクチンを含むことを特徴とする虫歯予防剤。

【請求項2】 前記レクチンはFucα1-6GlcNAc、Fucα1-3GalNAc、Galβ1-3GalNAc、GlcNAc、Galβ1-3GalNAc、Sialylα2-3lactose、Galβ1-3GalNAc、Sialyl-Galβ1-3GalNAc、Sialylα2-3Galβ1-3GalNAc、Gal及びGalNAcからなるグループから選択される少なくとも1種類の糖鎖を認識することを特徴とする、請求項1に記載の虫歯予防剤。

【請求項3】 前記レクチンは、
(1)AAL、ABA、ACA、ACG、BPL、GRFT、Jacalin、MAH及びRCA-Iと、
(2)配列番号1ないし9に記載のアミノ酸配列からなるタンパク質と、
(3)配列番号1ないし9に記載のアミノ酸配列に記載のアミノ酸配列に1個若しくは数個のアミノ酸が欠失、置換又は付加されたアミノ酸配列からなり、かつ、それぞれAAL、ABA、ACA、ACG、BPL、GRFT、Jacalin、MAH及びRCA-Iと同じ糖鎖認識特異性を有するタンパク質と、
(4)配列番号1ないし9に記載のアミノ酸配列と80%以上の相同性を示すアミノ酸配列からなり、かつ、それぞれAAL、ABA、ACA、ACG、BPL、GRFT、Jacalin、MAH及びRCA-Iと同じ糖鎖認識特異性を有するタンパク質と、
(5)配列番号1ないし9に記載のアミノ酸配列をエンコードするヌクレオチド配列からなるポリヌクレオチドとストリンジェントな条件下でハイブリダイズするポリヌクレオチドによってエンコードされるアミノ酸配列からなり、かつ、それぞれAAL、ABA、ACA、ACG、BPL、GRFT、Jacalin、MAH及びRCA-Iと同じ糖鎖認識特異性を有するタンパク質と、
からなるグループから選択される1種類又は2種類以上のタンパク質であることを特徴とする、請求項1に記載の虫歯予防剤。

【請求項4】 前記レクチンはシアル酸を認識することを特徴とする、請求項1に記載の虫歯予防剤。

【請求項5】 前記レクチンは、ACG、MAH及びJacalinからなるグループから選択されることを特徴とする、請求項4に記載の虫歯予防剤。

【請求項6】 前記レクチンは、ABA、ACA、ACG、BPL及びRCA-Iからなるグループから選択されることを特徴とする、請求項1に記載の虫歯予防剤。

【請求項7】 前記レクチンは、マンノース又はNアセチルグルコサミンを認識することを特徴とする、請求項1に記載の虫歯予防剤。

【請求項8】 前記レクチンはGRFTであることを特徴とする、請求項8に記載の虫歯予防剤。

【請求項9】 請求項1ないし8のいずれか1つに記載の虫歯予防剤を含むことを特徴とする、医薬品組成物。

【請求項10】 請求項1ないし8のいずれか1つに記載の虫歯予防剤を含むことを特徴とする、食品組成物。

【請求項11】 請求項1ないし8のいずれか1つに記載の虫歯予防剤を含むことを特徴とする、歯磨き剤。

【請求項12】 請求項1ないし8のいずれか1つに記載の虫歯予防剤を含むことを特徴とする、口内洗浄剤。

【請求項13】 レクチンを含む虫歯予防剤を口腔内に投与するステップを含むことを特徴とする、虫歯の予防方法。

【請求項14】 前記レクチンはFucα1-6GlcNAc、Fucα1-3GalNAc、Galβ1-3GalNAc、GlcNAc、Galβ1-3GalNAc、Sialylα2-3lactose、Galβ1-3GalNAc、Sialyl-Galβ1-3GalNAc、Sialylα2-3Galβ1-3GalNAc、Gal及びGalNAcからなるグループから選択される少なくとも1種類の糖鎖を認識することを特徴とする、請求項13に記載の虫歯の予防方法。

【請求項15】 前記レクチンは、
(1)AAL、ABA、ACA、ACG、BPL、GRFT、Jacalin、MAH及びRCA-Iと、
(2)配列番号1ないし9に記載のアミノ酸配列からなるタンパク質と、
(3)配列番号1ないし9に記載のアミノ酸配列に記載のアミノ酸配列に1個若しくは数個のアミノ酸が欠失、置換又は付加されたアミノ酸配列からなり、かつ、それぞれAAL、ABA、ACA、ACG、BPL、GRFT、Jacalin、MAH及びRCA-Iと同じ糖鎖認識特異性を有するタンパク質と、
(4)配列番号1ないし9に記載のアミノ酸配列と80%以上の相同性を示すアミノ酸配列からなり、かつ、それぞれAAL、ABA、ACA、ACG、BPL、GRFT、Jacalin、MAH及びRCA-Iと同じ糖鎖認識特異性を有するタンパク質と、
(5)配列番号1ないし9に記載のアミノ酸配列をエンコードするヌクレオチド配列からなるポリヌクレオチドとストリンジェントな条件下でハイブリダイズするポリヌクレオチドによってエンコードされるアミノ酸配列からなり、かつ、それぞれAAL、ABA、ACA、ACG、BPL、GRFT、Jacalin、MAH及びRCA-Iと同じ糖鎖認識特異性を有するタンパク質と、
からなるグループから選択される1種類又は2種類以上のタンパク質であることを特徴とする、請求項13に記載の虫歯の予防方法。

【請求項16】 前記レクチンはシアル酸を認識することを特徴とする、請求項13に記載の虫歯の予防方法。

【請求項17】 前記レクチンは、ACG、MAH及びJacalinからなるグループから選択されることを特徴とする、請求項16に記載の虫歯の予防方法。

【請求項18】 前記レクチンは、ABA、ACA、ACG、BPL及びRCA-Iからなるグループから選択されることを特徴とする、請求項13に記載の虫歯の予防方法。

【請求項19】 前記レクチンは、マンノース又はNアセチルグルコサミンを認識することを特徴とする、請求項13に記載の虫歯の予防方法。

【請求項20】 前記レクチンは、GRFTであることを特徴とする、請求項19に記載の虫歯の予防方法。

【請求項21】 レクチンの虫歯予防用医薬品組成物の製造のための使用。

【請求項22】 前記レクチンは、Fucα1-6GlcNAc、Fucα1-3GalNAc、Galβ1-3GalNAc、GlcNAc、Galβ1-3GalNAc、Sialylα2-3lactose、Galβ1-3GalNAc、Sialyl-Galβ1-3GalNAc、Sialylα2-3Galβ1-3GalNAc、Gal及びGalNAcからなるグループから選択される少なくとも1種類の糖鎖を認識することを特徴とする、請求項21に記載の使用。

【請求項23】 前記レクチンは、
(1)AAL、ABA、ACA、ACG、BPL、GRFT、Jacalin、MAH及びRCA-Iと、
(2)配列番号1ないし9に記載のアミノ酸配列からなるタンパク質と、
(3)配列番号1ないし9に記載のアミノ酸配列に記載のアミノ酸配列に1個若しくは数個のアミノ酸が欠失、置換又は付加されたアミノ酸配列からなり、かつ、それぞれAAL、ABA、ACA、ACG、BPL、GRFT、Jacalin、MAH及びRCA-Iと同じ糖鎖認識特異性を有するタンパク質と、
(4)配列番号1ないし9に記載のアミノ酸配列と80%以上の相同性を示すアミノ酸配列からなり、かつ、それぞれAAL、ABA、ACA、ACG、BPL、GRFT、Jacalin、MAH及びRCA-Iと同じ糖鎖認識特異性を有するタンパク質と、
(5)配列番号1ないし9に記載のアミノ酸配列をエンコードするヌクレオチド配列からなるポリヌクレオチドとストリンジェントな条件下でハイブリダイズするポリヌクレオチドによってエンコードされるアミノ酸配列からなり、かつ、それぞれAAL、ABA、ACA、ACG、BPL、GRFT、Jacalin、MAH及びRCA-Iと同じ糖鎖認識特異性を有するタンパク質と、
からなるグループから選択される1種類又は2種類以上のタンパク質であることを特徴とする、請求項21に記載の使用。

【請求項24】 前記レクチンはシアル酸を認識することを特徴とする、請求項21に記載の使用。

【請求項25】 前記レクチンは、ACG、MAH及びJacalinからなるグループから選択されることを特徴とする、請求項24に記載の使用。

【請求項26】 前記レクチンは、ABA、ACA、ACG、BPL及びRCA-Iからなるグループから選択されることを特徴とする、請求項21に記載の使用。

【請求項27】 前記レクチンは、マンノース又はNアセチルグルコサミンを認識することを特徴とする、請求項21に記載の使用。

【請求項28】 前記レクチンはGRFTであることを特徴とする、請求項27に記載の使用。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • National University Corporation Okayama University
  • GLYENCE Co.,Ltd
  • Inventor
  • TAKASHIBA, Shogo
  • YOSHIDA, Yasuhiro
  • ITO, Takashi
  • IMAMURA, Koji
  • TAKEUCHI, Hideaki
  • OKAMOTO, Eiji
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE(UTILITY MODEL),AG,AL(UTILITY MODEL),AM(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),AO(UTILITY MODEL),AT(UTILITY MODEL),AU,AZ(UTILITY MODEL),BA,BB,BG(UTILITY MODEL),BH(UTILITY MODEL),BR(UTILITY MODEL),BW(UTILITY MODEL),BY(UTILITY MODEL),BZ(UTILITY MODEL),CA,CH,CL(UTILITY MODEL),CN(UTILITY MODEL),CO(UTILITY MODEL),CR(UTILITY MODEL),CU(INVENTOR'S CERTIFICATE),CZ(UTILITY MODEL),DE(UTILITY MODEL),DK(UTILITY MODEL),DM,DO(UTILITY MODEL),DZ,EC(UTILITY MODEL),EE(UTILITY MODEL),EG(UTILITY MODEL),ES(UTILITY MODEL),FI(UTILITY MODEL),GB,GD,GE(UTILITY MODEL),GH(UTILITY CERTIFICATE),GM,GT(UTILITY MODEL),HN,HR(CONSENSUAL PATENT),HU(UTILITY MODEL),ID,IL,IN,IS,JP(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),KG(UTILITY MODEL),KM,KN,KP(INVENTOR'S CERTIFICATE)(UTILITY MODEL),KR(UTILITY MODEL),KZ(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),LA,LC,LK,LR,LS(UTILITY MODEL),LT,LU,LY,MA,MD(UTILITY MODEL),ME,MG,MK,MN,MW,MX(UTILITY MODEL),MY(UTILITY-INNOVATION),MZ(UTILITY MODEL),NA,NG,NI(UTILITY MODEL),NO,NZ,OM(UTILITY MODEL),PE(UTILITY MODEL),PG,PH(UTILITY MODEL),PL(UTILITY MODEL),PT(UTILITY MODEL),RO,RS(PETTY PATENT),RU(UTILITY MODEL),SC,SD,SE,SG,SK(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SM,ST,SV(UTILITY MODEL),SY,TJ(UTILITY MODEL),TM(PROVISIONAL PATENT),TN,TR(UTILITY MODEL),TT(UTILITY CERTIFICATE),TZ,UA(UTILITY MODEL),UG(UTILITY CERTIFICATE),US,UZ(UTILITY MODEL),VC(UTILITY CERTIFICATE),VN(PATENT FOR UTILITY SOLUTION),ZA,ZM,ZW,EP(AT,BE,BG,CH,CY,CZ,DE,DK,EE,ES,FI,FR,GB,GR,HR,HU,IE,IS,IT,LT,LU,LV,MC,MK,MT,NL,NO,PL,PT,RO,SE,SI,SK,SM,TR),OA(BF(UTILITY MODEL),BJ(UTILITY MODEL),CF(UTILITY MODEL),CG(UTILITY MODEL),CI(UTILITY MODEL),CM(UTILITY MODEL),GA(UTILITY MODEL),GN(UTILITY MODEL),GQ(UTILITY MODEL),GW(UTILITY MODEL),ML(UTILITY MODEL),MR(UTILITY MODEL),NE(UTILITY MODEL),SN(UTILITY MODEL),TD(UTILITY MODEL),TG(UTILITY MODEL)),AP(BW(UTILITY MODEL),GH(UTILITY MODEL),GM(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),LS(UTILITY MODEL),MW(UTILITY MODEL),MZ(UTILITY MODEL),NA(UTILITY MODEL),SD(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SZ(UTILITY MODEL),TZ(UTILITY MODEL),UG(UTILITY MODEL),ZM(UTILITY MODEL),ZW(UTILITY MODEL)),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,MD,RU,TJ,TM)

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close