Top > Search of International Patents > FUCOSE .alpha.1-->6-SPECIFIC LECTIN

FUCOSE .alpha.1-->6-SPECIFIC LECTIN

Foreign code F110002919
File No. S2008-0721-C0
Posted date May 9, 2011
Country WIPO
International application number 2009JP003346
International publication number WO 2010/010674
Date of international filing Jul 15, 2009
Date of international publication Jan 28, 2010
Priority data
  • P2008-188390 (Jul 22, 2008) JP
Title FUCOSE .alpha.1-->6-SPECIFIC LECTIN
Abstract Disclosed is a novel lectin which can bind specifically to a fucose .alpha.1-->6 sugar chain. Also disclosed is use of the lectin. Specifically disclosed is a fucose .alpha.1-->6-specific lectin characterized by the following properties (1) to (3): (1) the lectin can be extracted from a basidiomycete or an ascomycete; (2) the lectin has a molecular weight of 4,000 to 40,000 as measured by an SDS electrophoresis method; and (3) the lectin has affinity for a fucose .alpha.1-->6 sugar chain at a binding constant of 1.0 * 104 M-1 or more (at 25 deg.C). The fucose .alpha.1-->6-specific lectin can be used for detecting a fucose .alpha.1-->6 sugar chain specifically, and is effective for the purification of a fucose .alpha.1-->6 sugar chain or a non-fucose .alpha.1-->6 sugar chain.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】フコースα1→6特異的レクチンであって、(1)担子菌又は子嚢菌から抽出され、(2)SDS電気泳動法による分子量が4,000~40,000であり、及び、(3)フコースα1→6糖鎖に対して結合定数1.0×104M-1以上(25℃において)で示される親和性を有することを特徴とする、前記フコースα1→6特異的レクチン。

【請求項2】前記フコースα1→6糖鎖は、その非還元末端にシアル酸を有するものであることを特徴とする、請求項1に記載の前記フコースα1→6特異的レクチン。

【請求項3】さらに、(4)フコースα1→6糖鎖を含まないハイマンノース糖鎖及び/又は糖脂質に対して実質的に結合しないことを特徴とする、請求項1に記載のフコースα1→6特異的レクチン。

【請求項4】さらに、(5)フコースα1→6N結合型の一本、二本、三本及び/又は四本糖鎖に対して結合定数1.0×104M-1以上(25℃において)で示される親和性を有することを特徴とする、請求項1に記載のフコースα1→6特異的レクチン。

【請求項5】前記担子菌が、モエギタケ科、キシメジ科、テングタケ科又はタコウキン科に属することを特徴とする、請求項1に記載のフコースα1→6特異的レクチン。

【請求項6】前記担子菌が、ツチスギタケ、スギタケ、ヌメリスギタケモドキ、サケツバタケ、クリタケ、コムラサキシメジ又はベニテングタケであることを特徴とする、請求項1に記載のフコースα1→6特異的レクチン。

【請求項7】さらに、(6)配列番号1に示すアミノ酸配列を含むことを特徴とする、請求項1に記載のフコースα1→6特異的レクチン。

【請求項8】(a)配列番号2~5のいずれかに示すアミノ酸配列からなるタンパク質又はペプチド、若しくは、(b)配列番号2~5のいずれかに示すアミノ酸配列において、1又は複数のアミノ酸が欠失、挿入又は置換され、かつ、配列番号2~5のいずれかに示すアミノ酸配列を有するタンパク質又はペプチドと機能的に同等なタンパク質又はペプチドであるフコースα1→6特異的レクチン。

【請求項9】配列番号6に示すアミノ酸配列を有する、請求項8に記載のフコースα1→6特異的レクチン。

【請求項10】配列番号2~6のいずれかに示すアミノ酸配列と少なくとも37%以上の相同性を有し、かつ、配列番号2~6のいずれかに示すアミノ酸配列を有するタンパク質又はペプチドと機能的に同等なタンパク質又はペプチドであるフコースα1→6特異的レクチン。

【請求項11】担子菌及び/又は子嚢菌の水系媒体抽出物を、(i)疎水クロマトグラフィー及び逆相クロマトグラフィー、(ii)アフィニティクロマトグラフィー、又は、(iii)イオン交換クロマトグラフィー及びゲルろ過クロマトグラフィーにかけて、(vi)SDS電気泳動法による分子量が4,000~40,000、及び、(v)フコースα1→6糖鎖に対する結合定数が1.0×104M-1以上(25℃において)で示される親和性を有するレクチンを得ることからなるフコースα1→6特異的レクチンの製造方法。

【請求項12】前記担子菌が、モエギタケ科、キシメジ科、テングタケ科及びタコウキン科の少なくとも一種から選ばれることを特徴とする、請求項11に記載
のフコースα1→6特異的レクチンの製造方法。

【請求項13】前記担子菌が、ツチスギタケ、スギタケ、ヌメリスギタケモドキ、サケツバタケ、クリタケ、コムラサキシメジ及びベニテングタケから選ばれる少なくとも一種であることを特徴とする、請求項11に記載のフコースα1→6特異的レクチンの製造方法。

【請求項14】前記担子菌及び/又は子嚢菌の子実体を使用することを特徴とする、請求項11に記載のフコースα1→6特異的レクチンの製造方法。

【請求項15】請求項1に記載のフコースα1→6特異的レクチンに糖鎖を作用させることからなる、フコースα1→6糖鎖の検出方法。

【請求項16】前記糖鎖が腫瘍マーカーであることを特徴とする、請求項15に記載のフコースα1→6糖鎖の検出方法。

【請求項17】請求項1に記載のフコースα1→6特異的レクチンに糖鎖を作用させることからなる、フコースα1→6糖鎖の分別方法。

【請求項18】前記糖鎖が抗体に結合したものであることを特徴とする、請求項17に記載のフコースα1→6糖鎖の分別方法。

【請求項19】請求項1に記載のフコースα1→6特異的レクチンを有効成分とする、フコースα1→6糖鎖を検出するための診断薬又は診断薬キット。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • J-OIL MILLS, INC.
  • NATIONAL INSTITUTE OF ADVANCED INDUSTRIAL SCIENCE AND TECHNOLOGY
  • NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION SHIZUOKA UNIVERSITY
  • Inventor
  • KOBAYASHI, Yuka
  • HIRABAYASHI, Jun
  • TATENO, Hiroaki
  • KAWAGISHI, Hirokazu
  • DOHRA, Hideo
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE(UTILITY MODEL),AG,AL(UTILITY MODEL),AM(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),AO(UTILITY MODEL),AT(UTILITY MODEL),AU,AZ(UTILITY MODEL),BA,BB,BG(UTILITY MODEL),BH(UTILITY MODEL),BR(UTILITY MODEL),BW(UTILITY MODEL),BY(UTILITY MODEL),BZ(UTILITY MODEL),CA,CH,CL(UTILITY MODEL),CN(UTILITY MODEL),CO(UTILITY MODEL),CR(UTILITY MODEL),CU(INVENTOR'S CERTIFICATE),CZ(UTILITY MODEL),DE(UTILITY MODEL),DK(UTILITY MODEL),DM,DO(UTILITY MODEL),DZ,EC(UTILITY MODEL),EE(UTILITY MODEL),EG(UTILITY MODEL),ES(UTILITY MODEL),FI(UTILITY MODEL),GB,GD,GE(UTILITY MODEL),GH(UTILITY CERTIFICATE),GM,GT(UTILITY MODEL),HN,HR(CONSENSUAL PATENT),HU(UTILITY MODEL),ID,IL,IN,IS,JP(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),KG(UTILITY MODEL),KM,KN,KP(INVENTOR'S CERTIFICATE)(UTILITY MODEL),KR(UTILITY MODEL),KZ(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),LA,LC,LK,LR,LS(UTILITY MODEL),LT,LU,LY,MA,MD(UTILITY MODEL),ME,MG,MK,MN,MW,MX(UTILITY MODEL),MY(UTILITY-INNOVATION),MZ(UTILITY MODEL),NA,NG,NI(UTILITY MODEL),NO,NZ,OM(UTILITY MODEL),PE(UTILITY MODEL),PG,PH(UTILITY MODEL),PL(UTILITY MODEL),PT(UTILITY MODEL),RO,RS(PETTY PATENT),RU(UTILITY MODEL),SC,SD,SE,SG,SK(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SM,ST,SV(UTILITY MODEL),SY,TJ(UTILITY MODEL),TM(PROVISIONAL PATENT),TN,TR(UTILITY MODEL),TT(UTILITY CERTIFICATE),TZ,UA(UTILITY MODEL),UG(UTILITY CERTIFICATE),US,UZ(UTILITY MODEL),VC(UTILITY CERTIFICATE),VN(PATENT FOR UTILITY SOLUTION),ZA,ZM,ZW,EP(AT,BE,BG,CH,CY,CZ,DE,DK,EE,ES,FI,FR,GB,GR,HR,HU,IE,IS,IT,LT,LU,LV,MC,MK,MT,NL,NO,PL,PT,RO,SE,SI,SK,SM,TR),OA(BF(UTILITY MODEL),BJ(UTILITY MODEL),CF(UTILITY MODEL),CG(UTILITY MODEL),CI(UTILITY MODEL),CM(UTILITY MODEL),GA(UTILITY MODEL),GN(UTILITY MODEL),GQ(UTILITY MODEL),GW(UTILITY MODEL),ML(UTILITY MODEL),MR(UTILITY MODEL),NE(UTILITY MODEL),SN(UTILITY MODEL),TD(UTILITY MODEL),TG(UTILITY MODEL)),AP(BW(UTILITY MODEL),GH(UTILITY MODEL),GM(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),LS(UTILITY MODEL),MW(UTILITY MODEL),MZ(UTILITY MODEL),NA(UTILITY MODEL),SD(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SZ(UTILITY MODEL),TZ(UTILITY MODEL),UG(UTILITY MODEL),ZM(UTILITY MODEL),ZW(UTILITY MODEL)),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,MD,RU,TJ,TM)
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close