Top > Search of International Patents > METHOD FOR ANALYZING PSA, AND METHOD FOR DISTINGUISHING BETWEEN PROSTATE CANCER AND PROSTATOMEGALY EMPLOYING THE ANALYSIS METHOD

METHOD FOR ANALYZING PSA, AND METHOD FOR DISTINGUISHING BETWEEN PROSTATE CANCER AND PROSTATOMEGALY EMPLOYING THE ANALYSIS METHOD achieved

Foreign code F110002971
File No. S2009-0286-C0
Posted date May 9, 2011
Country WIPO
International application number 2010JP051622
International publication number WO 2010/090264
Date of international filing Feb 4, 2010
Date of international publication Aug 12, 2010
Priority data
  • P2009-023597 (Feb 4, 2009) JP
Title METHOD FOR ANALYZING PSA, AND METHOD FOR DISTINGUISHING BETWEEN PROSTATE CANCER AND PROSTATOMEGALY EMPLOYING THE ANALYSIS METHOD achieved
Abstract Disclosed is a PSA analysis method which can distinguish between prostate cancer and prostatomegaly reliably. Also disclosed is a PSA analysis kit. The PSA analysis method comprises: bringing a lectin having an affinity for a .beta.-N-acetylgalactosamine residue and/or a lectin having an affinity for a fucose .alpha.(1,2)galactose residue into contact with a sample that is suspected of containing a PSA; and determining the quantity of a PSA having an affinity for the lectin. The method can provide a method for distinguishing between prostate cancer and prostatomegaly.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】 β-N-アセチルガラクトサミン残基に親和性のあるレクチンと、
PSAを含む可能性のある試料とを接触させ、前記レクチンに親和性のあるPSAの量を判定することを特徴とする、PSAの分析方法。

【請求項2】(a)前記β-N-アセチルガラクトサミン残基に親和性のあるレクチンとPSAを含む可能性のある試料とを接触させることにより、前記レクチンに親和性のあるPSAと前記レクチンに親和性のないPSAとを分別する段階、及び
(b)前記試料中のレクチンに親和性のあるPSAの量を判定する段階
を含む、請求項1に記載のPSAの分析方法。

【請求項3】 前記レクチンに親和性のあるPSA量の判定が、
分別されたレクチンに親和性のあるPSA量の測定による判定、
分別前の試料中のPSA量の測定、及び分別されたレクチンに親和性のあるPSA量の測定による判定、又は
分別前の試料中のPSA量の測定、及び分別されたレクチンに親和性のないPSA量の測定による判定
である請求項2に記載のPSAの分析方法。

【請求項4】 前記PSA量の測定が、トータルPSA又はフリーPSAの測定である、請求項3に記載のPSAの分析方法。

【請求項5】 前記レクチンが、キカラスウリレクチン-II又はノダフジレクチンである、請求項1~4のいずれか一項に記載のPSAの分析方法。

【請求項6】 前記レクチンが、更にフコースα(1,2)ガラクトース残基と親和性を有するレクチンである、請求項1~4のいずれか一項に記載のPSAの分析方法。

【請求項7】 前記試料が、前立腺癌の疑いのある患者から得られた試料である、請求項1~6のいずれか一項に記載のPSAの分析方法。

【請求項8】 前立腺癌の診断用である、請求項1~7のいずれか一項に記載のPSAの分析方法。

【請求項9】 フコースα(1,2)ガラクトース残基と親和性を有するレクチンと、
PSAを含む可能性のある試料とを接触させ、前記レクチンに親和性のあるPSAの量を判定することを特徴とする、PSAの分析方法。

【請求項10】(a)前記フコースα(1,2)ガラクトース残基と親和性を有するレクチンとPSAを含む可能性のある試料とを接触させることにより、前記レクチンに親和性のあるPSAと前記レクチンに親和性のないPSAとを分別する段階、及び
(b)前記レクチンに親和性のあるPSAの量を判定する段階
を含む、請求項9に記載のPSAの分析方法。

【請求項11】 β-N-アセチルガラクトサミン残基に親和性のあるレクチン及びフコースα(1,2)ガラクトース残基と親和性を有するレクチンと、PSAを含む可能性のある試料とを接触させ、前記レクチンに親和性のあるPSAの量を判定することを特徴とする、PSAの分析方法。

【請求項12】(a)前記β-N-アセチルガラクトサミン残基に親和性のあるレクチン及びフコースα(1,2)ガラクトース残基と親和性を有するレクチンと、PSAを含む可能性のある試料とを接触させることにより、前記レクチンに親和性のあるPSAと前記レクチンに親和性のないPSAとを分別する段階、及び
(b)前記レクチンに親和性のあるPSAの量を判定する段階
を含む、請求項11に記載のPSAの分析方法。

【請求項13】 請求項1~12のいずれか一項に記載のPSAの分析方法により、試料中のレクチンに親和性のあるPSAの量を分析することを特徴とする、前立腺癌と前立腺肥大症との鑑別方法。

【請求項14】 β-N-アセチルガラクトサミン残基と親和性のあるレクチンを含む、PSAの分析キット。

【請求項15】 抗PSA抗体を更に含む、請求項14に記載のPSAの分析キット。

【請求項16】 前記レクチンが、キカラスウリレクチン-II又はノダフジレクチンである、請求項14又は15に記載のPSAの分析キット。

【請求項17】 前記レクチンが、更にフコースα(1,2)ガラクトース残基と親和性を有するレクチンである、請求項14又は15に記載のPSAの分析キット。

【請求項18】 フコースα(1,2)ガラクトース残基と親和性を有するレクチンを含む、PSAの分析キット。

【請求項19】 β-N-アセチルガラクトサミン残基に親和性のあるレクチン及びフコースα(1,2)ガラクトース残基と親和性を有するレクチンを含む、PSAの分析キット。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • TOKYO INSTITUTE OF TECHNOLOGY
  • GP Biosciences Ltd.
  • Inventor
  • YAMASHITA Katsuko
  • FUKUSHIMA Keiko
  • BABA Shiro
  • SATOH Takefumi
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE(UTILITY MODEL),AG,AL(UTILITY MODEL),AM(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),AO(UTILITY MODEL),AT(UTILITY MODEL),AU,AZ(UTILITY MODEL),BA,BB,BG(UTILITY MODEL),BH(UTILITY MODEL),BR(UTILITY MODEL),BW(UTILITY MODEL),BY(UTILITY MODEL),BZ(UTILITY MODEL),CA,CH,CL(UTILITY MODEL),CN(UTILITY MODEL),CO(UTILITY MODEL),CR(UTILITY MODEL),CU(INVENTOR'S CERTIFICATE),CZ(UTILITY MODEL),DE(UTILITY MODEL),DK(UTILITY MODEL),DM,DO(UTILITY MODEL),DZ,EC(UTILITY MODEL),EE(UTILITY MODEL),EG(UTILITY MODEL),ES(UTILITY MODEL),FI(UTILITY MODEL),GB,GD,GE(UTILITY MODEL),GH(UTILITY CERTIFICATE),GM,GT(UTILITY MODEL),HN(UTILITY MODEL),HR(CONSENSUAL PATENT),HU(UTILITY MODEL),ID,IL,IN,IS,JP(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),KG(UTILITY MODEL),KM,KN,KP(INVENTOR'S CERTIFICATE)(UTILITY MODEL),KR(UTILITY MODEL),KZ(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),LA,LC,LK,LR,LS(UTILITY MODEL),LT,LU,LY,MA,MD(UTILITY MODEL),ME,MG,MK,MN,MW,MX(UTILITY MODEL),MY(UTILITY-INNOVATION),MZ(UTILITY MODEL),NA,NG,NI(UTILITY MODEL),NO,NZ,OM(UTILITY MODEL),PE(UTILITY MODEL),PG,PH(UTILITY MODEL),PL(UTILITY MODEL),PT(UTILITY MODEL),RO,RS(PETTY PATENT),RU(UTILITY MODEL),SC,SD,SE,SG,SK(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SM,ST,SV(UTILITY MODEL),SY,TH(PETTY PATENT),TJ(UTILITY MODEL),TM(PROVISIONAL PATENT),TN,TR(UTILITY MODEL),TT(UTILITY CERTIFICATE),TZ,UA(UTILITY MODEL),UG(UTILITY CERTIFICATE),US,UZ(UTILITY MODEL),VC(UTILITY CERTIFICATE),VN(PATENT FOR UTILITY SOLUTION),ZA,ZM,ZW,EP(AT,BE,BG,CH,CY,CZ,DE,DK,EE,ES,FI,FR,GB,GR,HR,HU,IE,IS,IT,LT,LU,LV,MC,MK,MT,NL,NO,PL,PT,RO,SE,SI,SK,SM,TR),OA(BF(UTILITY MODEL),BJ(UTILITY MODEL),CF(UTILITY MODEL),CG(UTILITY MODEL),CI(UTILITY MODEL),CM(UTILITY MODEL),GA(UTILITY MODEL),GN(UTILITY MODEL),GQ(UTILITY MODEL),GW(UTILITY MODEL),ML(UTILITY MODEL),MR(UTILITY MODEL),NE(UTILITY MODEL),SN(UTILITY MODEL),TD(UTILITY MODEL),TG(UTILITY MODEL)),AP(BW(UTILITY MODEL),GH(UTILITY MODEL),GM(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),LS(UTILITY MODEL),MW(UTILITY MODEL),MZ(UTILITY MODEL),NA(UTILITY MODEL),SD(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SZ(UTILITY MODEL),TZ(UTILITY MODEL),UG(UTILITY MODEL),ZM(UTILITY MODEL),ZW(UTILITY MODEL)),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,MD,RU,TJ,TM)
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close