Top > Search of International Patents > AGENT CAPABLE OF DOUBLING RICE PLANT NUCLEAR CHROMOSOME, AND USE THEREOF

AGENT CAPABLE OF DOUBLING RICE PLANT NUCLEAR CHROMOSOME, AND USE THEREOF

Foreign code F110002993
File No. S2009-0240-C0
Posted date May 10, 2011
Country WIPO
International application number 2009JP007243
International publication number WO 2010/073697
Date of international filing Dec 25, 2009
Date of international publication Jul 1, 2010
Priority data
  • P2008-333915 (Dec 26, 2008) JP
Title AGENT CAPABLE OF DOUBLING RICE PLANT NUCLEAR CHROMOSOME, AND USE THEREOF
Abstract Disclosed is an agent for doubling a rice plant nuclear chromosome, which has a smaller influence on human bodies compared to conventional products and can be applied only to a specific tissue or cell in a rice plant. Specifically disclosed is an agent for doubling a rice plant nuclear chromosome, which comprises at least a part of a nucleotide sequence encoding cyclin-dependent kinase B2 (CDKB2) or a nucleic acid comprising a sequence of which at least a part is complementary to the nucleotide sequence encoding CDKB2 as an active ingredient.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】 サイクリン依存性キナーゼB2(CDKB2)をコードする塩基配列の少なくとも一部の配列、又は、前記CDKB2をコードする塩基配列と少なくとも一部が相補的な配列
を含む核酸を有効成分として含む、イネ科植物の核内の染色体を倍加させるための薬剤。

【請求項2】 前記核酸が、下記[a]~[e]:
[a]プロモーター;
[b]サイクリン依存性キナーゼB2(CDKB2)をコードする塩基配列の少なくとも一部の配列、又は、前記CDKB2をコードする塩基配列と少なくとも一部が相補的な配列;
[c]スペーサー;
[d]前記[b]の配列の少なくとも一部に対する逆方向反復配列;及び
[e]ターミネーター
を含む、請求項1に記載の薬剤。

【請求項3】 前記核酸が、前記[a]~[e]を、下記[f]及び[g]:
[f]右側境界配列(Right Border);及び
[g]左側境界配列(Left Border)
の間に含む、請求項2に記載の薬剤。

【請求項4】 前記プロモーターが、薬剤誘導型プロモーターである、請求項2又は3に記載の薬剤。

【請求項5】 前記薬剤誘導型プロモーターが、glucocorticoid receptor誘導型プロモーター、estrogen receptor誘導型プロモーター、及びecdyson receptor誘導型プロモーターからなる群から選ばれる少なくとも一種のプロモーターである、請求項4に記載の薬剤。

【請求項6】 前記イネ科植物が、イネである、請求項1~5のいずれか1項に記載の薬剤。

【請求項7】 前記CDKB2をコードする塩基配列の少なくとも一部の配列が、配列表の配列番号1に記載の塩基配列の62~91位の配列、165~247位の配列、289~302位の配列、318~349位の配列、468~490位の配列、652~670位の配列、及び728~803位の配列からなる群から選ばれる少なくとも1種の配列を含む、少なくとも25塩基の配列である、請求項1~6のいずれか1項に記載の薬剤。

【請求項8】 前記CDKB2をコードする塩基配列と少なくとも一部が相補的な配列が、配列表の配列番号1に記載の塩基配列の62~91位の配列、165~247位の配列、289~302位の配列、318~349位の配列、468~490位の配列、652~670位の配列、及び728~803位の配列からなる群から選ばれる少なくとも1種の配列を含む、少なくとも25塩基の塩基配列と相補的な配列である、請求項1~7のいずれか1項に記載の薬剤。

【請求項9】 前記CDKB2をコードする塩基配列の少なくとも一部の配列が、配列表の配列番号2に記載の塩基配列である、請求項1~8のいずれか1項に記載の薬剤。

【請求項10】 イネ科植物の核内に、請求項1~9のいずれか1項に記載の薬剤を導入して、形質転換イネ科植物を得る工程;及び
前記形質転換イネ科植物を、前記導入された薬剤に含まれる核酸を鋳型として、前記植物内でRNA転写産物が生成し得る条件下に置く工程
を含む、イネ科植物の核内の染色体を倍加させる方法。

【請求項11】 下記[a]~[e]:
[a]プロモーター;
[b]サイクリン依存性キナーゼB2(CDKB2)をコードする塩基配列の少なくとも一部の配列、又は、前記CDKB2をコードする塩基配列と少なくとも一部が相補的な配列;
[c]スペーサー;
[d]前記[b]の配列の少なくとも一部に対する逆方向反復配列;及び
[e]ターミネーター
が、下記[f]及び[g]:
[f]右側境界配列(Right Border);及び
[g]左側境界配列(Left Border)
の間に配置されている塩基配列を含む核酸を含有するベクターを得る工程;
アグロバクテリウム(Agrobacteium)属細菌に、前記ベクターを導入して、形質転換アグロバクテリウム属細菌を得る工程;
イネ科植物に、前記形質転換アグロバクテリウム属細菌を接触させて、前記核酸が導入された形質転換イネ科植物を得る工程;及び
前記形質転換イネ科植物を、前記導入された薬剤に含まれる核酸を鋳型として、前記植物内でRNA転写産物が生成し得る条件下に置く工程
を含む、イネ科植物の核内の染色体を倍加させる方法。

【請求項12】 前記プロモーターが、薬剤誘導型プロモーターである、請求項10又は11に記載のイネ科植物の核内の染色体を倍加させる方法。

【請求項13】 前記薬剤誘導型プロモーターが、glucocorticoid receptor誘導型プロモーター、estrogen receptor誘導型プロモーター、及びecdyson receptor誘導型プロモーターからなる群から選ばれる少なくとも一種のプロモーターである、請求項12に記載のイネ科植物の核内の染色体を倍加させる方法。

【請求項14】 前記イネ科植物が、イネである、請求項10~13のいずれか1項に記載のイネ科植物の核内の染色体を倍加させる方法。

【請求項15】 前記CDKB2をコードする塩基配列の少なくとも一部の配列が、配列表の配列番号1に記載の塩基配列の62~91位の配列、165~247位の配列、289~302位の配列、318~349位の配列、468~490位の配列、652~670位の配列、及び728~803位の配列からなる群から選ばれる少なくとも1種の配列を含む、少なくとも25塩基の配列である、請求項10~13のいずれか1項に記載のイネ科植物の核内の染色体を倍加させる方法。

【請求項16】 前記CDKB2をコードする塩基配列と少なくとも一部が相補的な配列が、配列表の配列番号1に記載の塩基配列の62~91位の配列、165~247位の配列、289~302位の配列、318~349位の配列、468~490位の配列、652~670位の配列、及び728~803位の配列からなる群から選ばれる少なくとも1種の配列を含む、少なくとも25塩基の塩基配列と相補的な配列である、請求項10~15のいずれか1項に記載のイネ科植物の核内の染色体を倍加させる方法。

【請求項17】 前記CDKB2をコードする塩基配列の少なくとも一部の配列が、配列表の配列番号2に記載の塩基配列である、請求項10~16のいずれか1項に記載のイネ科植物の核内の染色体を倍加させる方法。

【請求項18】 イネ科植物を、請求項10~17のいずれか1項に記載のイネ科植物の核内の染色体を倍加させる方法に供することによって、核内の染色体が倍加した形質転換イネ科植物を得る工程を含む、核内の染色体が倍加した形質転換イネ科植物の製造方法。

【請求項19】 イネ科植物細胞のカルスを請求項10~17のいずれか1項に記載のイネ科植物の核内の染色体を倍加させる方法に供することによって核内の染色体が倍加したカルスを得る工程、および
前記核内の染色体が倍加したカルスを再分化させることで、核内の染色体が倍加した形質転換イネ科植物を得る工程を含む、核内の染色体が倍加した形質転換イネ科植物の製造方法。

【請求項20】 前記再分化工程は、カルスが有するOsCDKB2の発現抑制を解除した状態で実施する、請求項19に記載の製造方法。

【請求項21】 前記再分化工程では、核内の染色体を倍加したカルスを得る工程で使用する発現誘導剤を用いない、請求項19または20に記載の製造方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • NATIONAL INSTITUTE OF AGROBIOLOGICAL SCIENCES
  • NARA INSTITUTE OF SCIENCE AND TECHNOLOGY
  • Inventor
  • TOKI, Seiichi
  • SAIGA, Yoshiaki
  • NAKAYAMA, Shigeki
  • ENDO, Masaki
  • UMEDA, Masaaki
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE(UTILITY MODEL),AG,AL(UTILITY MODEL),AM(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),AO(UTILITY MODEL),AT(UTILITY MODEL),AU,AZ(UTILITY MODEL),BA,BB,BG(UTILITY MODEL),BH(UTILITY MODEL),BR(UTILITY MODEL),BW(UTILITY MODEL),BY(UTILITY MODEL),BZ(UTILITY MODEL),CA,CH,CL(UTILITY MODEL),CN(UTILITY MODEL),CO(UTILITY MODEL),CR(UTILITY MODEL),CU(INVENTOR'S CERTIFICATE),CZ(UTILITY MODEL),DE(UTILITY MODEL),DK(UTILITY MODEL),DM,DO(UTILITY MODEL),DZ,EC(UTILITY MODEL),EE(UTILITY MODEL),EG(UTILITY MODEL),ES(UTILITY MODEL),FI(UTILITY MODEL),GB,GD,GE(UTILITY MODEL),GH(UTILITY CERTIFICATE),GM,GT(UTILITY MODEL),HN,HR(CONSENSUAL PATENT),HU(UTILITY MODEL),ID,IL,IN,IS,JP(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),KG(UTILITY MODEL),KM,KN,KP(INVENTOR'S CERTIFICATE)(UTILITY MODEL),KR(UTILITY MODEL),KZ(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),LA,LC,LK,LR,LS(UTILITY MODEL),LT,LU,LY,MA,MD(UTILITY MODEL),ME,MG,MK,MN,MW,MX(UTILITY MODEL),MY(UTILITY-INNOVATION),MZ(UTILITY MODEL),NA,NG,NI(UTILITY MODEL),NO,NZ,OM(UTILITY MODEL),PE(UTILITY MODEL),PG,PH(UTILITY MODEL),PL(UTILITY MODEL),PT(UTILITY MODEL),RO,RS(PETTY PATENT),RU(UTILITY MODEL),SC,SD,SE,SG,SK(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SM,ST,SV(UTILITY MODEL),SY,TH(PETTY PATENT),TJ(UTILITY MODEL),TM(PROVISIONAL PATENT),TN,TR(UTILITY MODEL),TT(UTILITY CERTIFICATE),TZ,UA(UTILITY MODEL),UG(UTILITY CERTIFICATE),US,UZ(UTILITY MODEL),VC(UTILITY CERTIFICATE),VN(PATENT FOR UTILITY SOLUTION),ZA,ZM,ZW,EP(AT,BE,BG,CH,CY,CZ,DE,DK,EE,ES,FI,FR,GB,GR,HR,HU,IE,IS,IT,LT,LU,LV,MC,MK,MT,NL,NO,PL,PT,RO,SE,SI,SK,SM,TR),OA(BF(UTILITY MODEL),BJ(UTILITY MODEL),CF(UTILITY MODEL),CG(UTILITY MODEL),CI(UTILITY MODEL),CM(UTILITY MODEL),GA(UTILITY MODEL),GN(UTILITY MODEL),GQ(UTILITY MODEL),GW(UTILITY MODEL),ML(UTILITY MODEL),MR(UTILITY MODEL),NE(UTILITY MODEL),SN(UTILITY MODEL),TD(UTILITY MODEL),TG(UTILITY MODEL)),AP(BW(UTILITY MODEL),GH(UTILITY MODEL),GM(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),LS(UTILITY MODEL),MW(UTILITY MODEL),MZ(UTILITY MODEL),NA(UTILITY MODEL),SD(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SZ(UTILITY MODEL),TZ(UTILITY MODEL),UG(UTILITY MODEL),ZM(UTILITY MODEL),ZW(UTILITY MODEL)),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,MD,RU,TJ,TM)
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close