Top > Search of International Patents > METHOD FOR PREPARATION OF CARTILAGE CELL

METHOD FOR PREPARATION OF CARTILAGE CELL

Foreign code F110003028
File No. A151P30US
Posted date May 13, 2011
Country WIPO
International application number 2008JP051327
International publication number WO 2008/091013
Date of international filing Jan 23, 2008
Date of international publication Jul 31, 2008
Priority data
  • P2007-012160 (Jan 23, 2007) JP
Title METHOD FOR PREPARATION OF CARTILAGE CELL
Abstract A cartilage cell is prepared from a perichondrium cell. Disclosed are: a cell which is derived from a perichondrium tissue and is capable of being differentiated into a cartilage cell; a method for the preparation of the cell; a composition comprising the cell; a method for the preparation of a cartilage cell; and a culture for use in the method.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】ヒト軟骨膜組織に由来する細胞であって、軟骨細胞に分化しうる前記細胞。

【請求項2】ヒト軟骨膜組織が、最外層及び線維芽細胞層からなる請求項1記載の細胞。

【請求項3】ヒト軟骨膜組織が、最外層、線維芽細胞層及び最内層からなる請求項1記載の細胞。

【請求項4】ヒト軟骨膜組織から分離した細胞を培養することを含む、請求項1記載の細胞の調製方法。

【請求項5】請求項1~3のいずれかに記載の細胞を含有する組成物。

【請求項6】ヒト軟骨膜組織に由来する細胞であって、軟骨細胞に分化しうる前記細胞を増殖させるために用いられる請求項5記載の組成物。

【請求項7】ヒト軟骨細胞を調製するために用いられる請求項5記載の組成物。

【請求項8】細胞移植に用いられる請求項5記載の組成物。

【請求項9】細胞移植が、先天性耳介奇形の治療、肋軟骨欠損の治療、関節軟骨損傷の治療、気管軟骨欠損の治療、隆鼻術、オトガイ形成術、顔面の小陥凹形成術、顔面左右非対称の修正術、眼瞼周囲の修正術又は顔面の美容整形術のいずれかを目的とする請求項8記載の組成物。

【請求項10】請求項1記載の細胞が産生した基質をさらに含有する請求項5~9のいずれかに記載の組成物。

【請求項11】足場をさらに含有する請求項5~10のいずれかに記載の組成物。

【請求項12】請求項1記載の細胞を軟骨細胞に分化させることを含む、軟骨細胞の調製方法。

【請求項13】請求項1記載の細胞を遠心管培養することにより細胞塊を形成させる請求項12記載の方法。

【請求項14】請求項1記載の細胞を平板培養で重層化する請求項12記載の方法。

【請求項15】血清を含む培地中で請求項1記載の細胞を増殖及び/又は分化させる請求項12~14のいずれかに記載の方法。

【請求項16】血清がウシ血清である請求項15記載の方法。

【請求項17】血清が自家血清である請求項15記載の方法。

【請求項18】DEME/F12、血清、抗生物質及び抗ミトティック剤を含有する培地中で請求項1記載の細胞を軟骨細胞に分化させる請求項12~17のいずれかに記載の方法。

【請求項19】培地がデキサメタゾン及び/又はL-アスコルビン酸をさらに含有する請求項18記載の方法。

【請求項20】培地がインスリン様成長因子及び/又は塩基性線維芽細胞成長因子をさらに含有する請求項18又は19に記載の方法。

【請求項21】請求項12~20のいずれかに記載の方法により調製された軟骨細胞。

【請求項22】請求項21記載の軟骨細胞及び/又は該細胞が形成する軟骨組織を含有する組成物。

【請求項23】移植治療に用いられる請求項22記載の組成物。

【請求項24】移植治療が、先天性耳介奇形の治療、肋軟骨欠損の治療、関節軟骨損傷の治療、気管軟骨欠損の治療、隆鼻術、オトガイ形成術、顔面の小陥凹形成術、顔面左右非対称の修正術、眼瞼周囲の修正術又は顔面の美容整形術のいずれかを目的とする請求項23記載の組成物。

【請求項25】請求項21記載の軟骨細胞が産生した基質をさらに含有する請求項22~24のいずれかに記載の組成物。

【請求項26】足場をさらに含有する請求項22~25のいずれかに記載の組成物。

【請求項27】請求項1~3のいずれかに記載の細胞を生体に移植する方法。

【請求項28】請求項21記載の軟骨細胞及び/又は該細胞が形成する軟骨組織を生体に移植する方法。

【請求項29】請求項1~3のいずれかに記載の細胞の細胞移植のための使用。

【請求項30】請求項21記載の軟骨細胞及び/又は該細胞が形成する軟骨組織の移植治療への使用。

【請求項31】請求項1記載の細胞を軟骨細胞に分化させること、及び該軟骨細胞に基質を産生させることを含む、軟骨細胞の産生する基質の調製方法。

【請求項32】基質がII型コラーゲン及び/又はプロテオグリカンである請求項31記載の方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • YOKOHAMA CITY UNIVERSITY
  • Inventor
  • TANIGUCHI, Hideki
  • KOBAYASHI, Shinji
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE(UTILITY MODEL),AG,AL(UTILITY MODEL),AM(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),AO,AT(UTILITY MODEL),AU,AZ(UTILITY MODEL),BA,BB,BG(UTILITY MODEL),BH,BR(UTILITY MODEL),BW,BY(UTILITY MODEL),BZ(UTILITY MODEL),CA,CH,CN(UTILITY MODEL),CO(UTILITY MODEL),CR(UTILITY MODEL),CU(INVENTOR'S CERTIFICATE),CZ(UTILITY MODEL),DE(UTILITY MODEL),DK(UTILITY MODEL),DM,DO,DZ,EC(UTILITY MODEL),EE(UTILITY MODEL),EG(UTILITY MODEL),ES(UTILITY MODEL),FI(UTILITY MODEL),GB,GD,GE(UTILITY MODEL),GH,GM,GT,HN,HR(CONSENSUAL PATENT),HU(UTILITY MODEL),ID,IL,IN,IS,JP(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),KG(UTILITY MODEL),KM,KN,KP(INVENTOR'S CERTIFICATE)(UTILITY MODEL),KR(UTILITY MODEL),KZ(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),LA,LC,LK,LR,LS(UTILITY MODEL),LT,LU,LY,MA,MD(UTILITY MODEL),ME,MG,MK,MN,MW,MX(UTILITY MODEL),MY(UTILITY-INNOVATION),MZ(UTILITY MODEL),NA,NG,NI(UTILITY MODEL),NO,NZ,OM,PG,PH(UTILITY MODEL),PL(UTILITY MODEL),PT(UTILITY MODEL),RO,RS(PETTY PATENT),RU(UTILITY MODEL),SC,SD,SE,SG,SK(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SM,SV(UTILITY MODEL),SY,TJ(UTILITY MODEL),TM(PROVISIONAL PATENT),TN,TR(UTILITY MODEL),TT(UTILITY CERTIFICATE),TZ,UA(UTILITY MODEL),UG(UTILITY CERTIFICATE),US,UZ(UTILITY MODEL),VC(UTILITY CERTIFICATE),VN,ZA,ZM,ZW,EP(AT,BE,BG,CH,CY,CZ,DE,DK,EE,ES,FI,FR,GB,GR,HR,HU,IE,IS,IT,LT,LU,LV,MC,MT,NL,NO,PL,PT,RO,SE,SI,SK,TR),OA(BF(UTILITY MODEL),BJ(UTILITY MODEL),CF(UTILITY MODEL),CG(UTILITY MODEL),CI(UTILITY MODEL),CM(UTILITY MODEL),GA(UTILITY MODEL),GN(UTILITY MODEL),GQ(UTILITY MODEL),GW(UTILITY MODEL),ML(UTILITY MODEL),MR(UTILITY MODEL),NE(UTILITY MODEL),SN(UTILITY MODEL),TD(UTILITY MODEL),TG(UTILITY MODEL)),AP(BW,GH,GM,KE,LS,MW,MZ,NA,SD,SL,SZ,TZ,UG,ZM,ZW),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,MD,RU,TJ,TM)
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close