Top > Search of International Patents > CELL ADHESION INHIBITOR AND USE THEREOF

CELL ADHESION INHIBITOR AND USE THEREOF meetings

Foreign code F110003085
File No. S2009-0307-C0
Posted date Jun 8, 2011
Country WIPO
International application number 2010JP051109
International publication number WO 2010/098166
Date of international filing Jan 28, 2010
Date of international publication Sep 2, 2010
Priority data
  • P2009-041204 (Feb 24, 2009) JP
Title CELL ADHESION INHIBITOR AND USE THEREOF meetings
Abstract Disclosed is a means for preventing or treating cancer through the regulation of the expression or function of a target molecule that is different from those utilized in conventional techniques, as a novel means to be used in a molecule targeting therapy for cancer. Also disclosed is a means for screening a substance having a prophylactic or therapeutic activity on cancer using the target molecule. Specifically disclosed is a cell adhesion inhibitor for a cancer cell, which comprises an antibody directed against a protein comprising an amino acid sequence that is identical or substantially identical to the amino acid sequence depicted in SEQ ID NO:2, SEQ ID NO:4 or SEQ ID NO:6 or a partial peptide of the protein. Also disclosed is a cell adhesion inhibitor for a cancer cell, which comprises an antisense polynucleotide comprising a nucleotide sequence or a part thereof, wherein the nucleotide sequence is complementary or substantially complementary to a nucleotide sequence for a polynucleotide encoding a protein comprising an amino acid sequence that is identical or substantially identical to the amino acid sequence depicted in SEQ ID NO:2, SEQ ID NO:4 or SEQ ID NO:6. Further disclosed is a cell adhesion inhibitor for a cancer cell, which comprises a substance capable of inhibiting the expression and/or activity of a protein comprising an amino acid sequence that is identical or substantially identical to the amino acid sequence depicted in SEQ ID NO:2, SEQ ID NO:4 or SEQ ID NO:6.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】 配列番号:2で表されるアミノ酸配列と同一または実質的に同一のアミノ酸配列を含むタンパク質あるいはその部分ペプチドに対する抗体を含有する、癌細胞の細胞接着阻害剤。

【請求項2】 配列番号:2で表されるアミノ酸配列と同一または実質的に同一のアミノ酸配列を含むタンパク質をコードするポリヌクレオチドの塩基配列に、相補的もしくは実質的に相補的な塩基配列またはその一部を含むアンチセンスポリヌクレオチドを含有する、癌細胞の細胞接着阻害剤。

【請求項3】 配列番号:4もしくは配列番号:6で表されるアミノ酸配列と同一または実質的に同一のアミノ酸配列を含むタンパク質あるいはその部分ペプチドに対する抗体を含有する、癌細胞の細胞接着阻害剤。

【請求項4】 配列番号:4もしくは配列番号:6で表されるアミノ酸配列と同一または実質的に同一のアミノ酸配列を含むタンパク質をコードするポリヌクレオチドの塩基配列に、相補的もしくは実質的に相補的な塩基配列またはその一部を含むアンチセンスポリヌクレオチドを含有する、癌細胞の細胞接着阻害剤。

【請求項5】 配列番号:2で表されるアミノ酸配列と同一または実質的に同一のアミノ酸配列を含むタンパク質の発現および/または活性を阻害する物質を含有する、癌細胞の細胞接着阻害剤。

【請求項6】 配列番号:4もしくは配列番号:6で表されるアミノ酸配列と同一または実質的に同一のアミノ酸配列を含むタンパク質の発現および/または活性を阻害する物質を含有する、癌細胞の細胞接着阻害剤。

【請求項7】 癌の予防または治療に用いられる、請求項1~6のいずれか1項に記載の阻害剤。

【請求項8】 他の抗癌剤と併用された際に、癌細胞の前記抗癌剤に対する感受性を向上させるのに用いられる、請求項1~7のいずれか1項に記載の阻害剤。

【請求項9】 癌が白血病である、請求項1~8のいずれか1項に記載の阻害剤。

【請求項10】 前記白血病が急性骨髄性白血病である、請求項9に記載の阻害剤。

【請求項11】 配列番号:2で表されるアミノ酸配列と同一または実質的に同一のアミノ酸配列を含むタンパク質の発現および/または活性を阻害することを含む、癌細胞の細胞接着阻害方法。

【請求項12】 配列番号:2で表されるアミノ酸配列と同一または実質的に同一のアミノ酸配列を含むタンパク質をコードするポリヌクレオチドの発現および/または活性を阻害することを含む、癌細胞の細胞接着阻害方法。

【請求項13】 配列番号:4もしくは配列番号:6で表されるアミノ酸配列と同一または実質的に同一のアミノ酸配列を含むタンパク質の発現および/または活性を阻害することを含む、癌細胞の細胞接着阻害方法。

【請求項14】 配列番号:4もしくは配列番号:6で表されるアミノ酸配列と同一または実質的に同一のアミノ酸配列を含むタンパク質をコードするポリヌクレオチドの発現および/または活性を阻害することを含む、癌細胞の細胞接着阻害方法。

【請求項15】 癌の予防または治療に用いられる、請求項11~14のいずれか1項に記載の阻害方法。

【請求項16】 癌細胞の細胞接着阻害剤の製造のための、配列番号:2で表されるアミノ酸配列と同一または実質的に同一のアミノ酸配列を含むタンパク質の発現および/または活性を阻害する物質の使用。

【請求項17】 癌細胞の細胞接着阻害剤の製造のための、配列番号:4もしくは配列番号:6で表されるアミノ酸配列と同一または実質的に同一のアミノ酸配列を含むタンパク質の発現および/または活性を阻害する物質の使用。

【請求項18】 癌細胞の細胞接着阻害剤の製造のための、配列番号:2で表されるアミノ酸配列と同一または実質的に同一のアミノ酸配列を含むタンパク質をコードするポリヌクレオチドの発現および/または活性を阻害する物質の使用。

【請求項19】 癌細胞の細胞接着阻害剤の製造のための、配列番号:4もしくは配列番号:6で表されるアミノ酸配列と同一または実質的に同一のアミノ酸配列を含むタンパク質をコードするポリヌクレオチドの発現および/または活性を阻害する物質の使用。

【請求項20】 前記細胞接着阻害剤が、癌の予防用または治療用である、請求項16~19のいずれか1項に記載の使用。

【請求項21】 配列番号:2で表されるアミノ酸配列と同一または実質的に同一のアミノ酸配列を含むタンパク質あるいはその部分ペプチドを用いる、癌細胞の細胞接着を阻害する物質のスクリーニング方法。

【請求項22】 配列番号:2で表されるアミノ酸配列と同一または実質的に同一のアミノ酸配列を含むタンパク質あるいはその部分ペプチドが、それを産生する細胞の形態で提供される、請求項21に記載のスクリーニング方法。

【請求項23】 配列番号:2で表されるアミノ酸配列と同一または実質的に同一のアミノ酸配列を含むタンパク質あるいはその部分ペプチドに対する抗体、並びに、前記タンパク質をコードするポリヌクレオチドまたはその塩基配列の一部を含むポリヌクレオチドからなる群より選択されるいずれかをさらに用いる、請求項22に記載のスクリーニング方法。

【請求項24】 配列番号:4もしくは配列番号:6で表されるアミノ酸配列と同一または実質的に同一のアミノ酸配列を含むタンパク質あるいはその部分ペプチドを用いる、癌細胞の細胞接着を阻害する物質のスクリーニング方法。

【請求項25】 配列番号:4もしくは配列番号:6で表されるアミノ酸配列と同一または実質的に同一のアミノ酸配列を含むタンパク質あるいはその部分ペプチドが、それを産生する細胞の形態で提供される、請求項24に記載のスクリーニング方法。

【請求項26】 配列番号:4もしくは配列番号:6で表されるアミノ酸配列と同一または実質的に同一のアミノ酸配列を含むタンパク質あるいはその部分ペプチドに対する抗体、並びに、前記タンパク質をコードするポリヌクレオチドまたはその塩基配列の一部を含むポリヌクレオチドからなる群より選択されるいずれかをさらに用いる、請求項25に記載のスクリーニング方法。

【請求項27】 癌の予防または治療のための物質のスクリーニングに用いられる、請求項21~26のいずれか1項に記載のスクリーニング方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • UNIVERSITY OF MIYAZAKI
  • Inventor
  • MORISHITA, Kazuhiro
  • YAMAKAWA, Norio
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE(UTILITY MODEL),AG,AL(UTILITY MODEL),AM(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),AO(UTILITY MODEL),AT(UTILITY MODEL),AU,AZ(UTILITY MODEL),BA,BB,BG(UTILITY MODEL),BH(UTILITY MODEL),BR(UTILITY MODEL),BW(UTILITY MODEL),BY(UTILITY MODEL),BZ(UTILITY MODEL),CA,CH,CL(UTILITY MODEL),CN(UTILITY MODEL),CO(UTILITY MODEL),CR(UTILITY MODEL),CU(INVENTOR'S CERTIFICATE),CZ(UTILITY MODEL),DE(UTILITY MODEL),DK(UTILITY MODEL),DM,DO(UTILITY MODEL),DZ,EC(UTILITY MODEL),EE(UTILITY MODEL),EG(UTILITY MODEL),ES(UTILITY MODEL),FI(UTILITY MODEL),GB,GD,GE(UTILITY MODEL),GH(UTILITY CERTIFICATE),GM,GT(UTILITY MODEL),HN(UTILITY MODEL),HR(CONSENSUAL PATENT),HU(UTILITY MODEL),ID,IL,IN,IS,JP(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),KG(UTILITY MODEL),KM,KN,KP(INVENTOR'S CERTIFICATE)(UTILITY MODEL),KR(UTILITY MODEL),KZ(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),LA,LC,LK,LR,LS(UTILITY MODEL),LT,LU,LY,MA,MD(UTILITY MODEL),ME,MG,MK,MN,MW,MX(UTILITY MODEL),MY(UTILITY-INNOVATION),MZ(UTILITY MODEL),NA,NG,NI(UTILITY MODEL),NO,NZ,OM(UTILITY MODEL),PE(UTILITY MODEL),PG,PH(UTILITY MODEL),PL(UTILITY MODEL),PT(UTILITY MODEL),RO,RS(PETTY PATENT),RU(UTILITY MODEL),SC,SD,SE,SG,SK(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SM,ST,SV(UTILITY MODEL),SY,TH(PETTY PATENT),TJ(UTILITY MODEL),TM(PROVISIONAL PATENT),TN,TR(UTILITY MODEL),TT(UTILITY CERTIFICATE),TZ,UA(UTILITY MODEL),UG(UTILITY CERTIFICATE),US,UZ(UTILITY MODEL),VC(UTILITY CERTIFICATE),VN(PATENT FOR UTILITY SOLUTION),ZA,ZM,ZW,EP(AT,BE,BG,CH,CY,CZ,DE,DK,EE,ES,FI,FR,GB,GR,HR,HU,IE,IS,IT,LT,LU,LV,MC,MK,MT,NL,NO,PL,PT,RO,SE,SI,SK,SM,TR),OA(BF(UTILITY MODEL),BJ(UTILITY MODEL),CF(UTILITY MODEL),CG(UTILITY MODEL),CI(UTILITY MODEL),CM(UTILITY MODEL),GA(UTILITY MODEL),GN(UTILITY MODEL),GQ(UTILITY MODEL),GW(UTILITY MODEL),ML(UTILITY MODEL),MR(UTILITY MODEL),NE(UTILITY MODEL),SN(UTILITY MODEL),TD(UTILITY MODEL),TG(UTILITY MODEL)),AP(BW(UTILITY MODEL),GH(UTILITY MODEL),GM(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),LS(UTILITY MODEL),MW(UTILITY MODEL),MZ(UTILITY MODEL),NA(UTILITY MODEL),SD(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SZ(UTILITY MODEL),TZ(UTILITY MODEL),UG(UTILITY MODEL),ZM(UTILITY MODEL),ZW(UTILITY MODEL)),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,MD,RU,TJ,TM)

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close