Top > Search of International Patents > FERROUS SHAPE MEMORY ALLOY AND PRODUCTION METHOD THEREFOR

FERROUS SHAPE MEMORY ALLOY AND PRODUCTION METHOD THEREFOR

Foreign code F110003180
File No. A281-17WO
Posted date Jun 22, 2011
Country WIPO
International application number 2010JP067597
International publication number WO 2011/046055
Date of international filing Oct 6, 2010
Date of international publication Apr 21, 2011
Priority data
  • P2009-237748 (Oct 14, 2009) JP
Title FERROUS SHAPE MEMORY ALLOY AND PRODUCTION METHOD THEREFOR
Abstract Disclosed are a ferrous shape memory alloy comprising 25 to 42 atomic% of Mn, 12 to 18 atomic% of Al, and 5 to 12 atomic% of Ni, the remainder being iron and unavoidable impurities, and a ferrous shape memory alloy containing 25 to 42 atomic% of Mn, 12 to 18 atomic% of Al, and 5 to 12 atomic% of Ni, and a total of 15 atomic% or less of at least one selected from a group comprising 0.1 to 5 atomic% of Si, 0.1 to 5 atomic% of Ti, 0.1 to 5 atomic% of V, 0.1 to 5 atomic% of Cr, 0.1 to 5 atomic% of Co, 0.1 to 5 atomic% of Cu, 0.1 to 5 atomic% of Mo, 0.1 to 5 atomic % of W, 0.001 to 1 atomic% of B, and/or 0.001 to 1 atomic% of C, the remainder being iron and unavoidable impurities.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】 25~42原子%のMnと、12~18原子%のAlと、5~12原子%のNiとを含有し、残部がFe及び不可避的不純物からなることを特徴とするFe基形状記憶合金。

【請求項2】 25~42原子%のMnと、12~18原子%のAlと、5~12原子%のNiとを含有し、さらに0.1~5原子%のSi、0.1~5原子%のTi、0.1~5原子%のV、0.1~5原子%のCr、0.1~5原子%のCo、0.1~5原子%のCu、0.1~5原子%のMo、0.1~5原子%のW、0.001~1原子%のB及び0.001~1原子%のCからなる群から選ばれた少なくとも1種を合計で15原子%以下含有し、残部がFe及び不可避的不純物からなることを特徴とするFe基形状記憶合金。

【請求項3】 請求項1又は2に記載のFe基形状記憶合金において、母相の結晶構造がBCC構造であることを特徴とするFe基形状記憶合金。

【請求項4】 請求項3に記載のFe基形状記憶合金において、A2構造の母相にB2構造の相が析出していることを特徴とするFe基形状記憶合金。

【請求項5】 請求項1~4のいずれかに記載のFe基形状記憶合金において、母相が強磁性であることを特徴とするFe基形状記憶合金。

【請求項6】 請求項1~5のいずれかに記載のFe基形状記憶合金において、マルテンサイト相の磁化の強さが母相の磁化の強さより低いことを特徴とするFe基形状記憶合金。

【請求項7】 請求項1~6のいずれかに記載のFe基形状記憶合金において、印加する歪み量に応じて磁化の強さが可逆的に変化することを特徴とするFe基形状記憶合金。

【請求項8】 請求項1~7のいずれかに記載のFe基形状記憶合金を製造する方法であって、1100~1300℃で溶体化処理する工程を有することを特徴とするFe基形状記憶合金の製造方法。

【請求項9】 請求項8に記載のFe基形状記憶合金の製造方法において、溶体化処理工程の後に、100~350℃で時効処理する工程を有することを特徴とするFe基形状記憶合金の製造方法。

【請求項10】 請求項1~7のいずれかに記載のFe基形状記憶合金からなる線材であって、前記Fe基形状記憶合金の平均結晶粒経が前記線材の半径以上であることを特徴とする線材。

【請求項11】 請求項1~7のいずれかに記載のFe基形状記憶合金からなる板材であって、前記Fe基形状記憶合金の平均結晶粒経が前記板材の厚さ以上であることを特徴とする板材。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • JAPAN SCIENCE AND TECHNOLOGY AGENCY
  • Inventor
  • ISHIDA Kiyohito
  • KAINUMA Ryosuke
  • OHNUMA Ikuo
  • OMORI Toshihiro
  • ANDO Keisuke
IPC(International Patent Classification)
Reference ( R and D project ) CREST The Innovation of Simulation Technology and the Construction of Foundations for Its Practical Use AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close