Top > Search of International Patents > FINE SOLID SOLUTION ALLOY PARTICLES AND METHOD FOR PRODUCING SAME

FINE SOLID SOLUTION ALLOY PARTICLES AND METHOD FOR PRODUCING SAME

Foreign code F110003187
File No. AF11-03WO
Posted date Jun 22, 2011
Country WIPO
International application number 2010JP002962
International publication number WO 2010/122811
Date of international filing Apr 23, 2010
Date of international publication Oct 28, 2010
Priority data
  • P2009-106171 (Apr 24, 2009) JP
Title FINE SOLID SOLUTION ALLOY PARTICLES AND METHOD FOR PRODUCING SAME
Abstract Disclosed are fine solid solution alloy particles, in each of which a plurality of metal elements are mixed at the atomic level. Also disclosed is a method for producing fine alloy particles formed from a plurality of metal elements. The method for producing fine alloy particles comprises (i) a step of preparing a solution that contains ions of the plurality of metal elements and a liquid that contains a reducing agent; and (ii) a step of mixing the solution and the liquid, which has been heated.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】 複数の金属元素が原子レベルで混合されている、固溶体型の合金微粒子。

【請求項2】 前記複数の金属元素が2種類の金属元素である、請求項1に記載の合金微粒子。

【請求項3】 分解能が0.105nmである走査型透過電子顕微鏡を用いた元素マッピングによって、相分離していないことが確認できる、請求項2に記載の合金微粒子。

【請求項4】 X線回折法によって、相分離していないことが確認できる、請求項2に記載の合金微粒子。

【請求項5】 前記複数の金属元素が銀とロジウムである、請求項3に記載の合金微粒子。

【請求項6】 前記複数の金属元素が金とロジウムである、請求項3に記載の合金微粒子。

【請求項7】 平均粒径が20nm以下である、請求項1に記載の合金微粒子。

【請求項8】 前記複数の金属元素が、液相においても固溶しない複数の金属元素である、請求項1に記載の合金微粒子。

【請求項9】 複数の金属元素からなる合金微粒子の製造方法であって、
 (i)前記複数の金属元素のイオンを含む溶液と還元剤を含む液体とを調製する工程と、
 (ii)前記溶液と、加熱された前記液体とを混合する工程とを含む、製造方法。

【請求項10】 前記還元剤がエチレングリコールであり、
 前記(ii)の工程において、前記溶液と、前記複数の金属元素のイオンのそれぞれが単独で還元される温度以上に加熱した前記液体とを混合する、請求項9に記載の製造方法。

【請求項11】 前記(ii)の工程において、前記溶液と、前記複数の金属元素のイオンのそれぞれが単独で還元される温度よりも20℃以上高い温度に加熱した前記液体とを混合する、請求項10に記載の製造方法。

【請求項12】 前記還元剤がエチレングリコールであり、
 前記複数の金属元素が銀およびロジウムであり、
 前記(ii)の工程において、前記溶液と、145℃以上に加熱された前記液体とを混合する、請求項9に記載の製造方法。

【請求項13】 前記複数の金属元素が金およびロジウムである、請求項9に記載の製造方法。

【請求項14】 前記液体および前記溶液から選ばれる少なくとも1つが、前記合金微粒子の凝集を防止する保護剤を含む、請求項9に記載の製造方法。

【請求項15】 前記(ii)の工程において、前記溶液を前記液体に滴下することによって前記溶液と前記液体とを混合する、請求項9に記載の製造方法。

【請求項16】 前記(ii)の工程において、前記溶液を前記液体に噴霧することによって前記溶液と前記液体とを混合する、請求項9に記載の製造方法。

【請求項17】 請求項9に記載の製造方法で製造された合金微粒子であって、複数の金属元素が原子レベルで混合されている、固溶体型の合金微粒子。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • JAPAN SCIENCE AND TECHNOLOGY AGENCY
  • Inventor
  • KITAGAWA, Hiroshi
  • KUSADA, Kohei
  • MAKIURA, Rie
IPC(International Patent Classification)
Reference ( R and D project ) CREST Development of the Foundation for Nano-Interface Technology AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close