Top > Search of International Patents > MULTI-SCREW CHAOTIC OSCILLATOR CIRCUIT

MULTI-SCREW CHAOTIC OSCILLATOR CIRCUIT

Foreign code F110003194
File No. E07407WO
Posted date Jun 22, 2011
Country WIPO
International application number 2010JP001687
International publication number WO 2010/109793
Date of international filing Mar 10, 2010
Date of international publication Sep 30, 2010
Priority data
  • P2009-071195 (Mar 24, 2009) JP
Title MULTI-SCREW CHAOTIC OSCILLATOR CIRCUIT
Abstract A multi-screw chaotic oscillator circuit with a simple configuration, which can use a variety of multi-hysteresis VCCS characteristics, and which can generate a variety of multi-screw attractors. The multi-screw chaotic oscillator circuit comprises a linear 2-port VCCS circuit (1) comprised of a set of linear VCCS circuits (G1 and G2); a multi-hysteresis 2-port VCCS circuit (2) comprised of a set of multi-hysteresis VCCS circuits (MH1 and MH2) which have multi-hysteresis VCCS characteristics; and capacitors (C1 and C2) which are connected to the two ends of the circuit in which the linear 2-port VCCS circuit (1) and the multi-hysteresis 2-port VCCS circuit (2) are connected in parallel.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】(a)線形VCCS回路GおよびGの組からなる線形2ポートVCCS回路と、
(b)マルチヒステリシスVCCS特性を持つマルチヒステリシスVCCS回路MHおよびMHの組からなるマルチヒステリシス2ポートVCCS回路と、
(c)前記線形2ポートVCCS回路と前記マルチヒステリシス2ポートVCCS回路とを並列接続させた回路の両端にそれぞれキャパシタCとCとを接続するようにしたことを特徴とするマルチスクリューカオス発振回路。

【請求項2】 請求項1記載のマルチスクリューカオス発振回路において、前記マルチヒステリシスVCCS回路MHおよびMHの特性として、様々なマルチヒステリシスVCCS特性を用いることにより、多様なカオスアトラクタや分岐構造を実現することを特徴とするマルチスクリューカオス発振回路。

【請求項3】 請求項2記載のマルチスクリューカオス発振回路において、前記マルチヒステリシスVCCS回路MHおよびMHの諸特性を変化させることにより、より多くのカオスアトラクタや分岐現象を呈することを特徴とするマルチスクリューカオス発振回路。

【請求項4】 請求項3記載のマルチスクリューカオス発振回路において、前記マルチヒステリシスVCCS回路MHおよびMHの諸特性が、閾値や飽和電流であることを特徴とするマルチスクリューカオス発振回路。

【請求項5】 請求項4記載のマルチスクリューカオス発振回路において、前記閾値は複数の閾値からなり、該複数の閾値はそれぞれ異なった値を持つことを特徴とするマルチスクリューカオス発振回路。

【請求項6】 請求項5記載のマルチスクリューカオス発振回路において、前記マルチヒステリシスVCCS回路MHがn個、前記マルチヒステリシスVCCS回路MHがm個の飽和電流値を持つことを特徴とするマルチスクリューカオス発振回路。

【請求項7】 請求項6記載のマルチスクリューカオス発振回路において、複数個の閾値が4個の場合、前記マルチヒステリシスVCCS回路MHおよびMHそれぞれに4種類の離散出力が存在し、該それぞれの4種類の離散出力の組み合わせである16種類の離散出力にそれぞれ対応した半空間が解空間中に存在し、該解空間中の解軌道が前記半空間の内のどの空間を通過するかによりカオスアトラクタを分類することを特徴とするマルチスクリューカオス発振回路。

【請求項8】 請求項2記載のマルチスクリューカオス発振回路において、前記マルチヒステリシスVCCS特性の複数の制御パラメータを制御することにより、より多くのカオスアトラクタや分岐現象を呈することを特徴とするマルチスクリューカオス発振回路。

【請求項9】 請求項8記載のマルチスクリューカオス発振回路において、前記複数の制御パラメータが前記マルチヒステリシスVCCS特性の形状や回路の固有値であることを特徴とするマルチスクリューカオス発振回路。

【請求項10】 請求項1記載のマルチスクリューカオス発振回路において、前記マルチヒステリシスVCCS特性を持つマルチヒステリシスVCCS回路MHおよびMHの組からなるマルチヒステリシス2ポートVCCS回路で、正規化したパラメータの減衰パラメータδが0.05、振動角周波数パラメータωが1.00、平衡点パラメータpが0.25、平衡点パラメータqが0.25の場合、前記マルチヒステリシスVCCS回路MHおよびMHの閾値を変化させることを特徴とするマルチスクリューカオス発振回路。

【請求項11】 請求項1から10の何れか一項記載のマルチスクリューカオス発振回路において、前記キャパシタCとCの容量は、40pFと10pFであることを特徴とするマルチスクリューカオス発振回路。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • JAPAN SCIENCE AND TECHNOLOGY AGENCY
  • Inventor
  • HORIO, Yoshihiko
  • HAMADA, Takuya
  • JINNO, Kenya
  • AIHARA, Kazuyuki
IPC(International Patent Classification)
Reference ( R and D project ) ERATO AIHARA Complexity Modelling AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close