Top > Search of International Patents > MEMBER ADHESION METHOD AND POLYMER COMPOSITE

MEMBER ADHESION METHOD AND POLYMER COMPOSITE

Foreign code F110003200
File No. E09701WO
Posted date Jun 22, 2011
Country WIPO
International application number 2010JP071891
International publication number WO 2011/071036
Date of international filing Dec 7, 2010
Date of international publication Jun 16, 2011
Priority data
  • P2009-278810 (Dec 8, 2009) JP
  • P2010-194275 (Aug 31, 2010) JP
Title MEMBER ADHESION METHOD AND POLYMER COMPOSITE
Abstract Disclosed are an adhesion method for firmly bonding a member and an adhesion layer, an ultra-thin adhesion layer in which adhesion and removal can be performed repeatedly without adhesion layer remnants or adhesive residue and without damaging an object to be adhered when removing the object to be adhered, and a composite comprising the adhesion layer. In the adhesion method, a first member in which a graft chain including a polycation or a dipolar ion has been formed on the surface thereof and a second member in which a graft chain including a polyanion or a dipolar ion has been formed on the surface thereof are adhered with said graft chains mutually facing.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】表面にポリカチオンあるいは双性イオン含有グラフト鎖が形成された第一部材と、表面にポリアニオンあるいは双性イオン含有グラフト鎖が形成された第二部材とを該グラフト鎖同士を対面させて接着する部材の接着方法。

【請求項2】前記第一部材および前記第二部材の間に水を介在させて接着することを特徴とする請求項1に記載の方法。

【請求項3】前記ポリカチオン含有グラフト鎖は、ピリジニウム基もしくはアンモニウム基を有するグラフト鎖から選択され、前記ポリアニオン含有グラフト鎖は、カルボキシル基、スルホン酸基、硫酸基、もしくはリン酸基を有するグラフト鎖であり、膜厚が10nm以上、重量平均分子量が50,000以上のグラフト鎖から選択される請求項1または2に記載の方法。

【請求項4】前記第一部材および前記第二部材は、シリコン、高分子、セルロース、金属もしくは無機材料により形成される請求項1~3のいずれかに記載の方法。

【請求項5】前記ポリカチオンあるいは双性イオン含有グラフト鎖および前記ポリアニオンあるいは双性イオン含有グラフト鎖は、前記第一部材および前記第二部材にそれぞれ共有結合を介して固定されている請求項1~4のいずれかに記載の方法。

【請求項6】表面にポリカチオンあるいは双性イオン含有グラフト鎖が形成された第一部材と、表面にポリアニオンあるいは双性イオン含有グラフト鎖が形成された第二部材とを該グラフト鎖同士を対面させて水を介在させて接着し、その後、加熱、もしくは塩溶液により剥離する部材を一時的に接着する方法。

【請求項7】表面にポリカチオンあるいは双性イオン含有グラフト鎖が形成された第一部材と、表面にポリアニオンあるいは双性イオン含有グラフト鎖が形成された第二部材とを該グラフト鎖同士を対面させて水を介在させて接着し、その後、脱水、加熱、もしくは塩溶液により剥離した後、さらに該グラフト鎖同士を対面させて水を介在させて接着する方法。

【請求項8】表面にポリカチオンあるいは双性イオン含有グラフト鎖が形成された第一部材と、表面にポリアニオンあるいは双性イオン含有グラフト鎖が形成された第二部材とを該グラフト鎖同士を対面させて接着した複合体。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • Japan Science and Technology Agency
  • Inventor
  • TAKAHARA, Atsushi
  • KOBAYASHI, Motoyasu
IPC(International Patent Classification)
Reference ( R and D project ) ERATO TAKAHARA Soft Interface AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close