Top > Search of International Patents > METHOD FOR PRODUCING POLYMER MATERIAL

METHOD FOR PRODUCING POLYMER MATERIAL

Foreign code F110003209
File No. K03502WO
Posted date Jun 22, 2011
Country WIPO
International application number 2010JP063869
International publication number WO 2011/021625
Date of international filing Aug 17, 2010
Date of international publication Feb 24, 2011
Priority data
  • P2009-188892 (Aug 18, 2009) JP
Title METHOD FOR PRODUCING POLYMER MATERIAL
Abstract Provided is a method for producing, with good productivity, a block copolymer solid which forms a micro-phase separated structure. The method for producing a block copolymer solid which forms a micro-phase separated structure, or for producing an alloy, blend, or composite solid containing a block copolymer which forms a micro-phase separated structure, comprises the following steps (1) through (3): (1) a step for immersing the block copolymer solid or alloy, blend, or composite solid containing the block copolymer in a solvent which will not dissolve any of the components; (2) a step for sealing the solid obtained in step (1) in a pressure-resistant vessel; and (3) a step for irradiating the solid or solvent of step (2) with microwaves.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】下記の工程(1)から(3)を含む、ミクロ相分離構造が形成されたブロックコポリマー固体、あるいはミクロ相分離構造が形成されたブロックコポリマーを含有するアロイ、ブレンド又はコンポジット固体の製造方法。
(1)ブロックコポリマー固体、あるいはブロックコポリマーを含有するアロイ、ブレンド又はコンポジット固体を、各成分が溶解しない溶媒中に浸漬する工程;
(2)上記(1)で得た固体を耐圧容器に封入する工程;及び
(3)上記(2)の固体あるいは溶媒にマイクロ波を照射する工程:

【請求項2】ブロックコポリマー固体、あるいはブロックコポリマーを含有するアロイ、ブレンド又はコンポジット固体の形状が、フィルム状、微粒子状、又はファイバー状である、請求項1に記載の方法。

【請求項3】上記アロイが、2種以上のブロックコポリマーからなるアロイである、請求項1又は2に記載の方法。

【請求項4】上記アロイがブロックコポリマーとホモポリマーからなるアロイである、請求項1又は2に記載の方法。

【請求項5】上記ブレンドが、2種以上のブロックコポリマーからなるブレンドである、請求項1又は2に記載の方法。

【請求項6】上記ブレンドが、ブロックコポリマーとホモポリマーからなるブレンドである、請求項1又は2に記載の方法。

【請求項7】上記コンポジットが、ブロックコポリマーと無機物粒子からなるコンポジットである、請求項1又は2に記載の方法。

【請求項8】上記コンポジットが、ブロックコポリマーと有機物粒子からなるコンポジットである、請求項1又は2に記載の方法。

【請求項9】溶媒が、2種以上の溶媒の混合物である、請求項1から8の何れかに記載の方法。

【請求項10】溶媒として少なくとも水を使用する、請求項1から8の何れかに記載の方法。

【請求項11】マイクロ波の波長が2~4GHzである、請求項1から10の何れか1項に記載の方法。

【請求項12】用いる無機物粒子のサイズが0.1nm以上100nm以下である請求項7に記載の方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • JAPAN SCIENCE AND TECHNOLOGY AGENCY
  • Inventor
  • YABU Hiroshi
  • HIGUCHI Takeshi
IPC(International Patent Classification)
Reference ( R and D project ) PRESTO Nanosystem and function emergence AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close