Top > Search of International Patents > PROCESS FOR PRODUCING EMULSION AND MICROCAPSULES AND APPARATUS THEREFOR

PROCESS FOR PRODUCING EMULSION AND MICROCAPSULES AND APPARATUS THEREFOR

Foreign code F040000509
File No. Y0144WO
Posted date Dec 22, 2004
Country WIPO
International application number 2002JP001186
International publication number WO 2002/068104
Date of international filing Feb 13, 2002
Date of international publication Sep 6, 2002
Priority data
  • P2001-048097 (Feb 23, 2001) JP
  • P2001-238624 (Aug 7, 2001) JP
Title PROCESS FOR PRODUCING EMULSION AND MICROCAPSULES AND APPARATUS THEREFOR
Abstract A process for producing an emulsion and microcapsules whereby an emulsion and microcapsules can be conveniently and quickly produced. Toward a continuous phase (5) flowing through a microchannel (2), a dispersion phase (6) is supplied from a dispersion phase-supplying port (4) as intersecting the flow of the continuous phase (5). Thus, a microdroplet (7) having a diameter smaller than the width of a channel for supplying the dispersion phase (6) can be formed due to the shear force of the continuous phase (5).
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】マイクロチャンネル中を流れる連続相に対し、分散相を前記連続相の流れに交差する向きで分散相供給口より排出し、前記連続相の剪断力によって、微小液滴を生成し、該微小液滴の径を制御することを特徴とするエマルションの製造方法。

【請求項2】マイクロチャンネル中を流れる連続相に対し、殻となる相および内部に内包される相を、前記連続相の流れに交差する向きで供給し、前記殻となる相は前記内部に内包される相に対して上流側から薄い層をなすように供給し、マイクロカプセルを得ることを特徴とするマイクロカプセルの製造方法。

【請求項3】両側に形成されるマイクロチャンネル中を流れる連続相の合流ポイントで、前記連続相の流れに交差するように分散相を送り出して微小液滴を得ることを特徴とするエマルションの製造方法。

【請求項4】両側に形成される第1及び第2のマイクロチャンネル中を流れる第1及び第2の連続相に対し、内部に内包される相を、前記第1及び第2の連続相の流れに交差する向きで供給し、内部に内包される微小液滴を形成し、次いで、第3及び第4マイクロチャンネル中を流れる第3及び第4の連続相に対し、殻となる相を、前記第3及び第4の連続相との合流ポイントに流れに交差する向きで供給し、殻となる微小液滴を形成することにより、マイクロカプセルを得ることを特徴とするマイクロカプセルの製造方法。

【請求項5】第1の連続相と分散相が第1の合流点で合流して2相流となし、前記合流した第1の連続相と分散相の2相流が更に第2の連続相と第2の合流点で合流することにより、前記分散相からなるエマルションを生成することを特徴とするエマルションの製造方法。

【請求項6】第1の連続相と分散相が第1の合流点で合流して微小液滴が生成され、該微小液滴を含む第1の連続相が更に第2の連続相と第2の合流点で合流することにより、前記微小液滴を前記第1の連続相中に含むマイクロカプセルを生成することを特徴とするマイクロカプセルの製造方法。

【請求項7】マイクロチャンネル中を流れる連続相を生成する手段と、分散相を前記連続相の流れに交差する向きで供給する手段と、前記分散相を分散相供給口より排出する分散相排出手段と、前記連続相の剪断力により、微小液滴を生成し、該微小液滴の径を制御する手段とを具備することを特徴とするエマルションの製造装置。

【請求項8】マイクロチャンネル中を流れる連続相を生成する手段と、殻となる相及び内部に内包される相を、前記連続相の流れに交差する向きに供給する手段と、前記殻となる相は前記内部に内包される相に対して上流側から薄い層をなすように供給する手段とを具備することを特徴とするマイクロカプセルの製造装置。

【請求項9】両側に形成されるマイクロチャンネル中を流れる連続相を生成する手段と、前記連続相の合流ポイントで、前記連続相の流れに交差するように分散相を送り出して微小液滴を得る手段とを具備することを特徴とするエマルションの製造装置。

【請求項10】両側に形成される第1及び第2のマイクロチャンネル中を流れる第1及び第2の連続相に対し、内部に内包される相を、前記第1及び第2の連続相の流れに交差する向きで供給し、内部に内包される微小液滴を形成し、次いで、第3及び第4のマイクロチャンネル中を流れる第3及び第4連続相に対し、殻となる相を、前記第3及び第4の連続相との合流ポイントに流れに交差する向きで供給し、殻となる被覆を形成することにより、マイクロカプセルを得る手段を具備することを特徴とするマイクロカプセルの製造装置。

【請求項11】請求項7又は9記載のエマルションの製造装置において、複数の分散相を供給する手段として、基板と被駆動板と該基板と被駆動板間に配置される弾性部材及び前記被駆動板を駆動するアクチュエータとを備え、前記複数の分散相を同時に供給することを特徴とするエマルションの製造装置。

【請求項12】請求項8又は10記載のマイクロカプセルの製造装置において、複数の殻となる相及び内部に内包される相を供給する手段として、基板と被駆動板と該基板と被駆動板間に配置される弾性部材及び前記被駆動板を駆動するアクチュエータとを備え、前記複数の殻となる相及び内部に内包される相を同時に供給することを特徴とするマイクロカプセルの製造装置。

【請求項13】請求項7又は9記載のエマルションの製造装置において、連続相と分散相とが合流する近傍の、連続相が流れるマイクロチャンネル及び分散相供給チャンネルのそれぞれの内壁面に微小液滴を生成しやすいような膜を形成することを特徴とするエマルションの製造装置。

【請求項14】請求項8又は10記載のマイクロカプセルの製造装置において、連続相と分散相とが合流する近傍の、連続相が流れるマイクロチャンネル及び分散相供給チャンネルのそれぞれの内壁面に微小液滴を生成しやすいような膜を形成することを特徴とするマイクロカプセルの製造装置。

【請求項15】(a)平行電極を持つ基板と、(b)該基板上に形成されるマイクロチャンネルとを備え、(c)前記マイクロチャンネルの上流側の分散相を前記平行電極に印加される移動電界により吸引・排出してエマルションを生成させることを特徴とするエマルションの製造装置。

【請求項16】請求項15記載のエマルションの製造装置において、連続相側の平行電極の配置を変えることにより、生成されたエマルションを所定の方向に案内可能にすることを特徴とするエマルションの製造装置。

【請求項17】請求項15記載のエマルションの製造装置において、前記平行電極に印加する移動電界の移動速度を変えることにより、エマルションの生成速度を変化可能にすることを特徴とするエマルションの製造装置。

【請求項18】(a)分散相の液槽下部に、複数のマイクロチャンネルが形成された剛体部材に挟着される弾性部材と、(b)該弾性部材に応力を印加するアクチュエータと、(c)前記複数のマイクロチャンネルが連通する連続相を具備することを特徴とするエマルションの製造装置。

【請求項19】請求項18記載のエマルションの製造装置において、前記複数のマイクロチャンネルの流路の径の下部が絞られるテーパを形成することを特徴とするエマルションの製造装置。

【請求項20】請求項18記載のエマルションの製造装置において、前記複数のマイクロチャンネルの流路の径の下部が絞られる第1のテーパと流路の径の更なる下部が拡げられる第2のテーパを有する突起を形成することを特徴とするエマルションの製造装置。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • Japan Science And Technology Corporation
  • Inventor
  • Higuchi, Toshiro
  • Torii, Toru
  • Nishisako, Takashi
  • Taniguchi, Tomohiro
IPC(International Patent Classification)
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close