Top > Search of International Patents > METHOD FOR PRODUCTION OF PROGENITOR SCHWANN CELLS, AND METHOD FOR PROLIFERATION OF PROGENITOR SCHWANN CELLS

METHOD FOR PRODUCTION OF PROGENITOR SCHWANN CELLS, AND METHOD FOR PROLIFERATION OF PROGENITOR SCHWANN CELLS

Foreign code F110005353
File No. S2009-0907-C0
Posted date Sep 2, 2011
Country WIPO
International application number 2010JP062915
International publication number WO 2011/013806
Date of international filing Jul 30, 2010
Date of international publication Feb 3, 2011
Priority data
  • P2009-178340 (Jul 30, 2009) JP
Title METHOD FOR PRODUCTION OF PROGENITOR SCHWANN CELLS, AND METHOD FOR PROLIFERATION OF PROGENITOR SCHWANN CELLS
Abstract Disclosed are a method for proliferating progenitor Schwann cells and a method for producing progenitor Schwann cells. Peripheral nerves are damaged, and cells that are derived from the peripheral nerves and have been isolated 24 hours to 6 weeks after the damaging are subjected to floating culture. In this manner, undifferentiated progenitor Schwann cells having high proliferation capability can be produced. A transplantation composition containing the undifferentiated progenitor Schwann cells is effective for the treatment of diseases associated with nerve damage or neuropathy.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】 シュワン前駆細胞を増殖させる増殖方法であって、
 末梢神経損傷が生じてから24時間から6週間後に単離された、当該末梢神経由来の細胞を、浮遊培養する工程を含むことを特徴とする、増殖方法。

【請求項2】 請求項1に記載の増殖方法であって、
 前記細胞が、前記末梢神経損傷部位よりも遠位の末梢神経に由来することを特徴とする、増殖方法。

【請求項3】 請求項1または2に記載の増殖方法であって、
 18時間以上浮遊培養することを特徴とする、増殖方法。

【請求項4】 請求項3に記載の増殖方法であって、
 48時間以上浮遊培養することを特徴とする、増殖方法。

【請求項5】 請求項1~4のいずれかに記載の増殖方法であって、
 前記単離された細胞を、血清を含む培地において培養することを特徴とする、増殖方法。

【請求項6】 請求項1~5のいずれかに記載の増殖方法であって、
 前記単離された細胞を、細胞増殖因子を含む培地において培養することを特徴とする、増殖方法。

【請求項7】 請求項6に記載の増殖方法であって、
 細胞増殖因子がEGF及び/またはFGFであることを特徴とする、増殖方法。

【請求項8】 請求項1~7のいずれかに記載の増殖方法であって、
 前記単離された細胞を、化学物質でコートされていないプラスティック培養皿を用いて浮遊培養することを特徴とする、増殖方法。

【請求項9】 シュワン前駆細胞の製造方法であって、
 末梢神経損傷が生じてから24時間から6週間後に単離された、当該末梢神経由来の細胞を、浮遊培養する工程を含むことを特徴とする、製造方法。

【請求項10】 請求項9に記載の製造方法によって製造されたことを特徴とする、浮遊培養されたシュワン前駆細胞。

【請求項11】 シュワン前駆細胞を含有することを特徴とする、移植組成物。

【請求項12】 請求項11に記載の移植組成物であって、
 前記シュワン前駆細胞が、末梢神経損傷が生じてから24時間から6週間後に単離された、当該末梢神経由来の細胞を、接着培養せず、且つ浮遊培養することによって得られることを特徴とする、移植組成物。

【請求項13】 請求項11または12に記載の移植組成物であって、
 前記単離された細胞が、前記末梢神経損傷部位よりも遠位の末梢神経に由来することを特徴とする、移植組成物。

【請求項14】 請求項12~13のいずれかに記載の移植組成物であって、
 前記単離された細胞を18時間以上浮遊培養することを特徴とする、移植組成物。

【請求項15】 請求項14に記載の移植組成物であって、
 前記単離された細胞を48時間以上浮遊培養することを特徴とする、移植組成物。

【請求項16】 請求項12~15のいずれかに記載の移植組成物であって、
 前記単離された細胞を、血清を含む培地において浮遊培養することを特徴とする、移植組成物。

【請求項17】 請求項12~16のいずれかに記載の移植組成物であって、
 前記単離された細胞を、細胞増殖因子を含む培地において浮遊培養することを特徴とする、移植組成物。

【請求項18】 請求項17に記載の移植組成物であって、
 細胞増殖因子がEGF及び/またはFGFであることを特徴とする、移植組成物。

【請求項19】 請求項12~18のいずれかに記載の移植組成物であって、
 前記単離された細胞を、化学物質でコートされていないプラスティック培養皿を用いて浮遊培養することを特徴とする、移植組成物。

【請求項20】 請求項11~19のいずれかに記載の移植組成物であって、
 神経損傷や神経障害に起因する疾患に罹患した患者に移植されることを特徴とする、移植組成物。

【請求項21】 請求項20に記載の移植組成物であって、
 前記神経損傷や神経障害に起因する疾患が脊髄障害、末梢神経障害、脳血管障害、脱髄性・炎症性疾患、錐体外路症状疾患、及び、感染性疾患による神経障害からなる群から選ばれることを特徴とする、移植組成物。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • KEIO UNIVERSITY
  • Inventor
  • OKANO, Hideyuki
  • TOYAMA, Yoshiaki
  • NAKAMURA, Masaya
  • ISHII, Ken
  • TAKAGI, Takehiko
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE(UTILITY MODEL),AG,AL(UTILITY MODEL),AM(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),AO(UTILITY MODEL),AT(UTILITY MODEL),AU,AZ(UTILITY MODEL),BA,BB,BG(UTILITY MODEL),BH(UTILITY MODEL),BR(UTILITY MODEL),BW,BY(UTILITY MODEL),BZ(UTILITY MODEL),CA,CH,CL(UTILITY MODEL),CN(UTILITY MODEL),CO(UTILITY MODEL),CR(UTILITY MODEL),CU(INVENTOR'S CERTIFICATE),CZ(UTILITY MODEL),DE(UTILITY MODEL),DK(UTILITY MODEL),DM,DO(UTILITY MODEL),DZ,EC(UTILITY MODEL),EE(UTILITY MODEL),EG(UTILITY MODEL),ES(UTILITY MODEL),FI(UTILITY MODEL),GB,GD,GE(UTILITY MODEL),GH(UTILITY CERTIFICATE),GM,GT(UTILITY MODEL),HN(UTILITY MODEL),HR(CONSENSUAL PATENT),HU(UTILITY MODEL),ID,IL,IN,IS,JP(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),KG(UTILITY MODEL),KM,KN,KP(INVENTOR'S CERTIFICATE)(UTILITY MODEL),KR(UTILITY MODEL),KZ(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),LA,LC,LK,LR,LS(UTILITY MODEL),LT,LU,LY,MA,MD(UTILITY MODEL),ME,MG,MK,MN,MW,MX(UTILITY MODEL),MY(UTILITY-INNOVATION),MZ(UTILITY MODEL),NA,NG,NI(UTILITY MODEL),NO,NZ,OM(UTILITY MODEL),PE(UTILITY MODEL),PG,PH(UTILITY MODEL),PL(UTILITY MODEL),PT(UTILITY MODEL),RO,RS(PETTY PATENT),RU(UTILITY MODEL),SC,SD,SE,SG,SK(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SM,ST,SV(UTILITY MODEL),SY,TH(PETTY PATENT),TJ(UTILITY MODEL),TM(PROVISIONAL PATENT),TN,TR(UTILITY MODEL),TT(UTILITY CERTIFICATE),TZ,UA(UTILITY MODEL),UG(UTILITY CERTIFICATE),US,UZ(UTILITY MODEL),VC(UTILITY CERTIFICATE),VN(PATENT FOR UTILITY SOLUTION),ZA,ZM,ZW,EP(AL,AT,BE,BG,CH,CY,CZ,DE,DK,EE,ES,FI,FR,GB,GR,HR,HU,IE,IS,IT,LT,LU,LV,MC,MK,MT,NL,NO,PL,PT,RO,SE,SI,SK,SM,TR),OA(BF(UTILITY MODEL),BJ(UTILITY MODEL),CF(UTILITY MODEL),CG(UTILITY MODEL),CI(UTILITY MODEL),CM(UTILITY MODEL),GA(UTILITY MODEL),GN(UTILITY MODEL),GQ(UTILITY MODEL),GW(UTILITY MODEL),ML(UTILITY MODEL),MR(UTILITY MODEL),NE(UTILITY MODEL),SN(UTILITY MODEL),TD(UTILITY MODEL),TG(UTILITY MODEL)),AP(BW(UTILITY MODEL),GH(UTILITY MODEL),GM(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),LR(UTILITY MODEL),LS(UTILITY MODEL),MW(UTILITY MODEL),MZ(UTILITY MODEL),NA(UTILITY MODEL),SD(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SZ(UTILITY MODEL),TZ(UTILITY MODEL),UG(UTILITY MODEL),ZM(UTILITY MODEL),ZW(UTILITY MODEL)),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,MD,RU,TJ,TM)
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close