Top > Search of International Patents > REACTOR CORE OF NUCLEAR REACTOR, AND NUCLEAR REACTOR

REACTOR CORE OF NUCLEAR REACTOR, AND NUCLEAR REACTOR

Foreign code F110005425
File No. S2009-0385-C0
Posted date Sep 6, 2011
Country WIPO
International application number 2010JP063130
International publication number WO 2011/013841
Date of international filing Jul 28, 2010
Date of international publication Feb 3, 2011
Priority data
  • P2009-179686 (Jul 31, 2009) JP
Title REACTOR CORE OF NUCLEAR REACTOR, AND NUCLEAR REACTOR
Abstract Disclosed is the reactor core of a nuclear reactor, the core comprising a fresh-fuel part (11) which is charged with a fresh fuel and a combustion part (12) in which a fuel burns, wherein the plutonium yielded from uranium fissions to thereby produce power and the combustion part (12) shifts over the period from the beginning to the ending of each combustion cycle. The fresh-fuel part (11) has been formed so that when the reactor core, which is approximately circle in a plan view thereof, is divided into a central part and a peripheral part, then the central part has a smaller weight of uranium per unit volume than the peripheral part.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】 新燃料が装荷されている新燃料部と、新燃料部の一方の側に配置され、中性子を発生して燃料が燃焼する燃焼部とを備え、新燃料は天然ウランおよび劣化ウランのうち少なくとも一方のウランを含み、ウランが中性子を吸収して生成されたプルトニウムが核分裂することにより出力を発生し、燃焼サイクルの初期から末期にかけて、燃焼部がほぼ一定の形状を保ちながら新燃料部に向かう方向に移動する原子炉の炉心であって、
 平面視したときにほぼ円形になっている炉心を中央部と周辺部とに分割した場合に、新燃料部は、中央部の単位体積あたりのウラン重量が周辺部の単位体積あたりのウラン重量よりも小さいことを特徴とする、原子炉の炉心。

【請求項2】 新燃料部は、周辺部から中央部に向かう方向において、炉心の単位体積あたりのウラン重量が徐々に小さくなっていることを特徴とする、請求項1に記載の原子炉の炉心。

【請求項3】 新燃料部を有する燃料集合体を備え、
 中央部に装荷されている燃料集合体および周辺部に装荷されている燃料集合体のうち、少なくとも中央部に装荷されている燃料集合体は、新燃料部にウランとトリウムとの混合物を含み、
 中央部に装荷されている燃料集合体の新燃料部のウランの含有率は、周辺部に装荷されている燃料集合体の新燃料部のウランの含有率よりも小さいことを特徴とする、請求項1に記載の原子炉の炉心。

【請求項4】 燃料を支持するための支持体を備え、
 中央部の単位体積あたりの支持体の重量は、周辺部の単位体積あたりの支持体の重量よりも大きくなっていることを特徴とする、請求項1に記載の原子炉の炉心。

【請求項5】 中央部および周辺部には、冷却材が流れており、
 中央部の単位体積あたりの冷却材の量は、周辺部の単位体積あたりの冷却材の量よりも大きくなっていることを特徴とする、請求項1に記載の原子炉の炉心。

【請求項6】 請求項1に記載の原子炉の炉心と、
 前記炉心が内部に配置されている原子炉容器とを備える、原子炉。

【請求項7】 新燃料が装荷されている新燃料部と、新燃料部の一方の側に配置され、中性子を発生して燃料が燃焼する燃焼部とを備え、新燃料は天然ウランおよび劣化ウランのうち少なくとも一方のウランを含み、ウランが中性子を吸収して生成されたプルトニウムが核分裂することにより出力を発生し、燃焼サイクルの初期から末期にかけて、燃焼部がほぼ一定の形状を保ちながら新燃料部に向かう方向に移動する原子炉の炉心であって、
 新燃料部は、ウラン以外の燃料ペレットの構成物質、燃料を支持するための支持体、および冷却材のうち少なくとも一つの炉心構成材を含み、
 平面視したときにほぼ円形になっている炉心を中央部と周辺部とに分割した場合に、新燃料部の炉心構成材は、中央部に比べて周辺部の中性子無限増倍率が大きくなるように形成されていることを特徴とする、原子炉の炉心。

【請求項8】 新燃料部の炉心構成材は、周辺部から中央部に向かう方向において中性子無限増倍率が徐々に小さくなるように形成されていることを特徴とする、請求項7に記載の原子炉の炉心。

【請求項9】 請求項7に記載の原子炉の炉心と、
 前記炉心が内部に配置されている原子炉容器とを備える、原子炉。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • Tokyo Institute of Technology
  • Inventor
  • SEKIMOTO, Hiroshi
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE(UTILITY MODEL),AG,AL(UTILITY MODEL),AM(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),AO(UTILITY MODEL),AT(UTILITY MODEL),AU,AZ(UTILITY MODEL),BA,BB,BG(UTILITY MODEL),BH(UTILITY MODEL),BR(UTILITY MODEL),BW,BY(UTILITY MODEL),BZ(UTILITY MODEL),CA,CH,CL(UTILITY MODEL),CN(UTILITY MODEL),CO(UTILITY MODEL),CR(UTILITY MODEL),CU(INVENTOR'S CERTIFICATE),CZ(UTILITY MODEL),DE(UTILITY MODEL),DK(UTILITY MODEL),DM,DO(UTILITY MODEL),DZ,EC(UTILITY MODEL),EE(UTILITY MODEL),EG(UTILITY MODEL),ES(UTILITY MODEL),FI(UTILITY MODEL),GB,GD,GE(UTILITY MODEL),GH(UTILITY CERTIFICATE),GM,GT(UTILITY MODEL),HN(UTILITY MODEL),HR(CONSENSUAL PATENT),HU(UTILITY MODEL),ID,IL,IN,IS,JP(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),KG(UTILITY MODEL),KM,KN,KP(INVENTOR'S CERTIFICATE)(UTILITY MODEL),KR(UTILITY MODEL),KZ(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),LA,LC,LK,LR,LS(UTILITY MODEL),LT,LU,LY,MA,MD(UTILITY MODEL),ME,MG,MK,MN,MW,MX(UTILITY MODEL),MY(UTILITY-INNOVATION),MZ(UTILITY MODEL),NA,NG,NI(UTILITY MODEL),NO,NZ,OM(UTILITY MODEL),PE(UTILITY MODEL),PG,PH(UTILITY MODEL),PL(UTILITY MODEL),PT(UTILITY MODEL),RO,RS(PETTY PATENT),RU(UTILITY MODEL),SC,SD,SE,SG,SK(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SM,ST,SV(UTILITY MODEL),SY,TH(PETTY PATENT),TJ(UTILITY MODEL),TM(PROVISIONAL PATENT),TN,TR(UTILITY MODEL),TT(UTILITY CERTIFICATE),TZ,UA(UTILITY MODEL),UG(UTILITY CERTIFICATE),US,UZ(UTILITY MODEL),VC(UTILITY CERTIFICATE),VN(PATENT FOR UTILITY SOLUTION),ZA,ZM,ZW,EP(AL,AT,BE,BG,CH,CY,CZ,DE,DK,EE,ES,FI,FR,GB,GR,HR,HU,IE,IS,IT,LT,LU,LV,MC,MK,MT,NL,NO,PL,PT,RO,SE,SI,SK,SM,TR),OA(BF(UTILITY MODEL),BJ(UTILITY MODEL),CF(UTILITY MODEL),CG(UTILITY MODEL),CI(UTILITY MODEL),CM(UTILITY MODEL),GA(UTILITY MODEL),GN(UTILITY MODEL),GQ(UTILITY MODEL),GW(UTILITY MODEL),ML(UTILITY MODEL),MR(UTILITY MODEL),NE(UTILITY MODEL),SN(UTILITY MODEL),TD(UTILITY MODEL),TG(UTILITY MODEL)),AP(BW(UTILITY MODEL),GH(UTILITY MODEL),GM(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),LR(UTILITY MODEL),LS(UTILITY MODEL),MW(UTILITY MODEL),MZ(UTILITY MODEL),NA(UTILITY MODEL),SD(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SZ(UTILITY MODEL),TZ(UTILITY MODEL),UG(UTILITY MODEL),ZM(UTILITY MODEL),ZW(UTILITY MODEL)),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,MD,RU,TJ,TM)
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close