Top > Search of International Patents > ANIONIC POLYMER, POLYION COMPLEX USING ANIONIC POLYMER, TERNARY POLYMER COMPOSITE, AND PHARMACEUTICAL COMPOSITION

ANIONIC POLYMER, POLYION COMPLEX USING ANIONIC POLYMER, TERNARY POLYMER COMPOSITE, AND PHARMACEUTICAL COMPOSITION

Foreign code F110005428
File No. S2011-0353-N0
Posted date Sep 6, 2011
Country WIPO
International application number 2010JP062400
International publication number WO 2011/010714
Date of international filing Jul 23, 2010
Date of international publication Jan 27, 2011
Priority data
  • 61/227,924 (Jul 23, 2009) US
Title ANIONIC POLYMER, POLYION COMPLEX USING ANIONIC POLYMER, TERNARY POLYMER COMPOSITE, AND PHARMACEUTICAL COMPOSITION
Abstract Provided are an anionic polymer, a polyion complex, and a ternary polymer composite, which are stable in a biological environment and are capable of realizing siRNA delivery without inducing an unwanted immune response. The anionic polymer contains a primary chain formed from repeating units which have carboxyl groups, and side chains which are bonded to a portion of the carboxyl groups of the primary chain and are represented by formula -A-B-X (where A is a residue having 1 or more aminoethyl bonds, B is a bond capable of being cleaved in vivo, and X is a low-molecular-weight RNA). The polyion complex contains the anionic polymer and a cationic polymer. The ternary polymer composite contains the polyion complex and a charge-conversion type polymer.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】 カルボキシル基を有する繰り返し単位で構成される主鎖と、該主鎖のカルボキシル基の1部に結合した、下記式で表される側鎖と、を含む、アニオン性ポリマー:
     -A-B-X
ここで、Aは、1つ以上のアミノエチル結合を有する残基であり、Bは、生体内で開裂し得る結合であり、Xは低分子RNAである。

【請求項2】 前記主鎖が、カルボキシル基を有するポリアミノ酸、カルボキシル基を有するポリビニル、カルボキシル基を有するポリエステル、カルボキシル基を有する多糖類、カルボキシル基を有するデンドリマー(カスケードポリマー)およびその組み合わせで構成される、請求項1に記載のアニオン性ポリマー。

【請求項3】 前記生体内で開裂し得る結合が、ジスルフィド結合、アセタール結合およびヒドラゾン結合から選択される結合である、請求項1または2に記載のアニオン性ポリマー。

【請求項4】 下記一般式(I)で表される、請求項1から3のいずれかに記載のアニオン性ポリマー:
【化学式1】ここで、R1およびR2は、それぞれ独立して、水素原子、あるいは非置換または置換の直鎖状または分岐状C1~C12アルキル基、あるいはポリエチレングリコール鎖であり、Aは、1つ以上のアミノエチル結合を有する残基であり、Bは、生体内で開裂し得る結合であり、Qは、水酸基またはアミノエチル結合が水酸基により置換されているA由来の基であり、Xは低分子RNAであり、lは1~500の整数であり、mは1~499の整数であり、nは1~5の整数であり、ただし、lとmの合計は10~500であり、lおよびmで表される繰り返し単位はランダムに配列している。

【請求項5】 前記一般式(I)におけるAが-NH-(CH2)2-であり、Qが-OHである、請求項4に記載のアニオン性ポリマー。

【請求項6】 前記一般式(I)におけるlが2以上の整数である、請求項4または5に記載のアニオン性ポリマー。

【請求項7】 請求項1から6のいずれかに記載のアニオン性ポリマーと、
 ポリエチレンイミン、ポリアルギニン、ポリリジン、ポリ-(2-〔(2-アミノエチル)アミノ〕-エチル-アスパルタミド(pAsp(DET))、ポリエチレングリコールとポリアルギニンとのブロック共重合体、ポリエチレングリコールとポリリジンとのブロック共重合体、および、ポリエチレングリコールとポリ-(2-〔(2-アミノエチル)アミノ〕-エチル-アスパルタミドとのブロック共重合体(PEG-pAsp(DET))からなる群から選択されるカチオン性ポリマーと
 を含む、ポリイオンコンプレックス。

【請求項8】 請求項7に記載のポリイオンコンプレックスと、下記一般式(II)で表される電荷変換型ポリマーと、を含む、三元系ポリマー複合体:
【化学式2】R11およびR12は、それぞれ独立して、水素原子、あるいは非置換または置換の直鎖状または分岐状C1~C12アルキル基、あるいはポリエチレングリコール鎖であり、R13は、第1級アミンを有するアミン化合物由来の残基と下記式(10)で表される化合物またはその誘導体との結合体であり:
【化学式3】ここで、RaおよびRbは、それぞれ独立して、水素原子、あるいは非置換または置換のアルキル基、アルケニル基、シクロアルキル基、アリール基、アラルキル基、アシル基、複素環基、複素環-アルキル基、水酸基、アルコキシル基またはアリールオキシ基であり、ただし、RaとRbとが一緒になって、それぞれが結合している炭素原子とともに芳香族環またはシクロアルキル環を形成してもよく、RaおよびRbが結合している炭素原子間の結合は単結合または二重結合であり、
 m1は10~500の整数であり、m2は1~5の整数である。

【請求項9】 前記第1級アミンを有するアミン化合物由来の残基が下記式(11)または(12)で表される、請求項8に記載の三元系ポリマー複合体:
     -NH-(CH2)r-NH2    (11)
式(11)において、rは0~5の整数であり;
     -〔NH-(CH2)s1t1-NH2    (12)
式(12)において、s1は、〔NH-(CH2)s1〕ユニット間でそれぞれ独立して1~5の整数であり、t1は2~5の整数である。

【請求項10】 前記第1級アミンを有するアミン化合物由来の残基が、-NH-(CH2)2-NH2-または-NH-(CH2)2-NH-(CH2)2-NH2である、請求項8に記載の三元系ポリマー複合体。

【請求項11】 前記式(10)で表される化合物が、下記式(Ia)~(Ig)で表される化合物から選択される少なくとも1つの化合物である、請求項8に記載の三元系ポリマー複合体:
【化学式4】

【請求項12】 請求項7に記載のポリイオンコンプレックスと、薬学的に許容可能なキャリアとを含む、薬学組成物。

【請求項13】 請求項8から11のいずれかに記載の三元系ポリマー複合体と、薬学的に許容可能なキャリアとを含む、薬学組成物。
 
 
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • The University of Tokyo
  • Inventor
  • KATAOKA, Kazunori
  • ISHII, Atsushi
  • TAKEMOTO, Hiroyasu
  • NAKANISHI, Masataka
  • NISHIYAMA, Nobuhiro
  • MIYATA, Kanjiro
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE(UTILITY MODEL),AG,AL(UTILITY MODEL),AM(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),AO(UTILITY MODEL),AT(UTILITY MODEL),AU,AZ(UTILITY MODEL),BA,BB,BG(UTILITY MODEL),BH(UTILITY MODEL),BR(UTILITY MODEL),BW,BY(UTILITY MODEL),BZ(UTILITY MODEL),CA,CH,CL(UTILITY MODEL),CN(UTILITY MODEL),CO(UTILITY MODEL),CR(UTILITY MODEL),CU(INVENTOR'S CERTIFICATE),CZ(UTILITY MODEL),DE(UTILITY MODEL),DK(UTILITY MODEL),DM,DO(UTILITY MODEL),DZ,EC(UTILITY MODEL),EE(UTILITY MODEL),EG(UTILITY MODEL),ES(UTILITY MODEL),FI(UTILITY MODEL),GB,GD,GE(UTILITY MODEL),GH(UTILITY CERTIFICATE),GM,GT(UTILITY MODEL),HN(UTILITY MODEL),HR(CONSENSUAL PATENT),HU(UTILITY MODEL),ID,IL,IN,IS,JP(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),KG(UTILITY MODEL),KM,KN,KP(INVENTOR'S CERTIFICATE)(UTILITY MODEL),KR(UTILITY MODEL),KZ(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),LA,LC,LK,LR,LS(UTILITY MODEL),LT,LU,LY,MA,MD(UTILITY MODEL),ME,MG,MK,MN,MW,MX(UTILITY MODEL),MY(UTILITY-INNOVATION),MZ(UTILITY MODEL),NA,NG,NI(UTILITY MODEL),NO,NZ,OM(UTILITY MODEL),PE(UTILITY MODEL),PG,PH(UTILITY MODEL),PL(UTILITY MODEL),PT(UTILITY MODEL),RO,RS(PETTY PATENT),RU(UTILITY MODEL),SC,SD,SE,SG,SK(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SM,ST,SV(UTILITY MODEL),SY,TH(PETTY PATENT),TJ(UTILITY MODEL),TM(PROVISIONAL PATENT),TN,TR(UTILITY MODEL),TT(UTILITY CERTIFICATE),TZ,UA(UTILITY MODEL),UG(UTILITY CERTIFICATE),US,UZ(UTILITY MODEL),VC(UTILITY CERTIFICATE),VN(PATENT FOR UTILITY SOLUTION),ZA,ZM,ZW,EP(AL,AT,BE,BG,CH,CY,CZ,DE,DK,EE,ES,FI,FR,GB,GR,HR,HU,IE,IS,IT,LT,LU,LV,MC,MK,MT,NL,NO,PL,PT,RO,SE,SI,SK,SM,TR),OA(BF(UTILITY MODEL),BJ(UTILITY MODEL),CF(UTILITY MODEL),CG(UTILITY MODEL),CI(UTILITY MODEL),CM(UTILITY MODEL),GA(UTILITY MODEL),GN(UTILITY MODEL),GQ(UTILITY MODEL),GW(UTILITY MODEL),ML(UTILITY MODEL),MR(UTILITY MODEL),NE(UTILITY MODEL),SN(UTILITY MODEL),TD(UTILITY MODEL),TG(UTILITY MODEL)),AP(BW(UTILITY MODEL),GH(UTILITY MODEL),GM(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),LR(UTILITY MODEL),LS(UTILITY MODEL),MW(UTILITY MODEL),MZ(UTILITY MODEL),NA(UTILITY MODEL),SD(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SZ(UTILITY MODEL),TZ(UTILITY MODEL),UG(UTILITY MODEL),ZM(UTILITY MODEL),ZW(UTILITY MODEL)),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,MD,RU,TJ,TM)

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close