Top > Search of International Patents > COMMUNICATION CIRCUIT, COMMUNICATION APPARATUS, IMPEDANCE MATCHING CIRCUIT AND IMPEDANCE MATCHING CIRCUIT DESIGNING METHOD

COMMUNICATION CIRCUIT, COMMUNICATION APPARATUS, IMPEDANCE MATCHING CIRCUIT AND IMPEDANCE MATCHING CIRCUIT DESIGNING METHOD

Foreign code F110005921
File No. QP040088-PC
Posted date Nov 28, 2011
Country WIPO
International application number 2006JP304154
International publication number WO 2006/126320
Date of international filing Mar 3, 2006
Date of international publication Nov 30, 2006
Title COMMUNICATION CIRCUIT, COMMUNICATION APPARATUS, IMPEDANCE MATCHING CIRCUIT AND IMPEDANCE MATCHING CIRCUIT DESIGNING METHOD
Abstract A communication circuit (1) is provided with, for instance, an antenna section (3) such as a nonresonant antenna, and a matching section (5) for performing impedance matching by being connected to the antenna section (3). The matching section (5) is provided with a transmission line, and the electrical length and characteristic impedance of the transmission line are decided based on a frequency or frequency band where the antenna section (3) and the transmission line resonate. In the nonresonant antenna, for instance, since there is no need for matching the resonance frequency with a center frequency, the antenna can be reduced in sizes. Furthermore, a wide band can be achieved by changing the characteristic impedance of the transmission line.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】非共振型アンテナと前記非共振型アンテナに接続するインピーダンス整合回路を備えた通信回路であって、前記インピーダンス整合回路は伝送線路を有し、前記伝送線路の電気長及び特性インピーダンスは前記非共振アンテナ及び前記伝送線路が共振する周波数又は周波数帯域に基づき決定される通信回路。

【請求項2】前記伝送線路の電気長及び特性インピーダンスは少なくとも前記非共振型アンテナ及び前記インピーダンス整合回路以外の外部回路との結合量を表す外部Qに基づいて決定される請求項1記載の通信回路。

【請求項3】前記伝送線路の電気長θ0及び特性インピーダンスZ1は、外部Q Qe1並びに前記非共振アンテナのリアクタンスXa及び放射抵抗Raに対して(eq1)式により算出される請求項2記載の通信回路。【数42】

【請求項4】前記インピーダンス整合回路は、前記非共振アンテナ及び前記伝送線路の電力と前記外部回路の電力を整合する電力整合手段を有する、請求項1から3のいずれかに記載の通信回路。

【請求項5】前記電力整合手段はインバータであり、前記インバータのJパラメータは前記非共振アンテナ及び前記伝送線路の特性インピーダンスZ0及びコンダクタンスGin対して(eq2)式により算出される請求項4記載の通信回路。【数43】

【請求項6】負荷に接続するインピーダンス整合回路であって、伝送線路を有し、前記伝送線路の電気長及び特性インピーダンスの少なくとも一方は外部回路との結合関係に基づいて決定されるインピーダンス整合回路。

【請求項7】前記負荷は非共振型アンテナであり、前記外部回路は前記非共振型アンテナを除く回路である請求項6記載のインピーダンス整合回路。

【請求項8】請求項6又は7記載のインピーダンス整合回路を複数備える通信装置であって、 前記複数のインピーダンス整合回路のうち中心周波数が隣り合う少なくとも2つのインピーダンス整合回路による周波数帯域が互いに重ならずに区別されて設定されて互いに異なる周波数の信号を前記整合回路に入力可能、前記整合回路から出力可能、若しくは、入出力可能な、又は、重なって広域に設定されて互いに異なる周波数の信号を前記整合回路に入力可能、若しくは、前記整合回路から出力可能な通信装置。

【請求項9】負荷に接続するインピーダンス整合回路の設計方法であって、外部回路との結合関係に基づいてインピーダンス整合回路の回路パターンを決定するステップを含むインピーダンス整合回路設計方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • Kyushu University, National University Corporation
  • Fukuoka Industry, Science & Technology Foundation
  • Inventor
  • YOSHIDA, Keiji
  • KANAYA, Haruichi
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE,AG,AL,AM,AT,AU,AZ,BA,BB,BG,BR,BW,BY,BZ,CA,CH,CN,CO,CR,CU,CZ,DE,DK,DM,DZ,EC,EE,EG,ES,FI,GB,GD,GE,GH,GM,HR,HU,ID,IL,IN,IS,JP,KE,KG,KM,KN,KP,KR,KZ,LC,LK,LR,LS,LT,LU,LV,LY,MA,MD,MG,MK,MN,MW,MX,MZ,NA,NG,NI,NO,NZ,OM,PG,PH,PL,PT,RO,RU,SC,SD,SE,SG,SK,SL,SM,SY,TJ,TM,TN,TR,TT,TZ,UA,UG,US,UZ,VC,VN,YU,ZA,ZM,ZW,EP(AT,BE,BG,CH,CY,CZ,DE,DK,EE,ES,FI,FR,GB,GR,HU,IE,IS,IT,LT,LU,LV,MC,NL,PL,PT,RO,SE,SI,SK,TR),OA(BF,BJ,CF,CG,CI,CM,GA,GN,GQ,GW,ML,MR,NE,SN,TD,TG),AP(BW,GH,GM,KE,LS,MW,MZ,NA,SD,SL,SZ,TZ,UG,ZM,ZW),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,MD,RU,TJ,TM)
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close