Top > Search of International Patents > DECODING DEVICE, PERPENDICULAR MAGNETIC RECORDING/REPRODUCING APPARATUS, RECEIVING DEVICE, AND DECODING METHOD

DECODING DEVICE, PERPENDICULAR MAGNETIC RECORDING/REPRODUCING APPARATUS, RECEIVING DEVICE, AND DECODING METHOD

Foreign code F110006005
File No. S2008-0218
Posted date Dec 27, 2011
Country WIPO
International application number 2008JP073794
International publication number WO 2010/001502
Date of international filing Dec 26, 2008
Date of international publication Jan 7, 2010
Priority data
  • P2008-171121 (Jun 30, 2008) JP
Title DECODING DEVICE, PERPENDICULAR MAGNETIC RECORDING/REPRODUCING APPARATUS, RECEIVING DEVICE, AND DECODING METHOD
Abstract There are provided a decoding device, a perpendicular magnetic recording/reproducing apparatus, a receiving device, and a decoding method capable of, without adding a special code (redundancy code) for detecting a burst error, performing decoding resistant even to a burst error not associated with an amplitude variation, such as pole erasing. The decoding device, the perpendicular magnetic recording/reproducing apparatus, the receiving device, and the decoding method perform a decoding process on an encoded data signal and perform a parity check on an encoded data signal encoded by a low-density parity-check code, thereby outputting burst information.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】符号化データ信号に対して復号化処理を実行する復号化装置であって、低密度パリティ検査符号により符号化された上記符号化データ信号のパリティ検査を行うことにより、バースト情報を出力するバースト検出手段、を備えたことを特徴とする復号化装置。

【請求項2】請求項1に記載の復号化装置において、上記バースト情報は、上記符号化データ信号のバーストエラーの位置および長さを特定した情報を含むこと、を特徴とする復号化装置。

【請求項3】請求項2に記載の復号化装置において、上記バースト検出手段は、上記符号化データ信号に対してパリティ検査行列の行毎にパリティ検査を行い、上記符号化データ信号の各ビットに対応する上記パリティ検査行列の列毎に、上記パリティ検査で誤りとして検出した行のビット「1」の数を合算し、上記合算した数の分布に従って上記符号化データ信号の上記バーストエラーの上記位置および上記長さを特定することにより上記バースト情報を生成して出力すること、を特徴とする復号化装置。

【請求項4】請求項2に記載の復号化装置において、上記バースト検出手段により出力された上記バースト情報に基づいて、上記バーストエラーの上記位置および上記長さに対応する、上記符号化データ信号のビットの尤度の上昇を抑制して繰り返し復号化処理を実行する復号手段、を更に備えたことを特徴とする復号化装置。

【請求項5】請求項4に記載の復号化装置において、上記バースト検出手段は、上記復号手段から出力された復号化結果を硬判定する硬判定手段と、上記硬判定手段により硬判定された上記復号化結果について、パリティ検査行列に基づいてパリティ検査を行って、パリティフラグを発生させるパリティフラグ発生手段と、上記パリティフラグ発生手段により発生された上記パリティフラグに、移動平均フィルタを適用してフィルタ出力を行うフィルタ出力手段と、上記フィルタ出力手段により出力された上記フィルタ出力について閾値判定を行うことにより上記バーストエラーの上記位置および上記長さを特定して上記バースト情報を上記復号手段に出力するバースト情報出力手段と、を備えたことを特徴とする復号化装置。

【請求項6】請求項5に記載の復号化装置において、上記フィルタ出力手段は、上記パリティフラグに上記移動平均フィルタを多段階で適用すること、を特徴とする復号化装置。

【請求項7】請求項5または6に記載の復号化装置において、上記フィルタ出力手段は、上記バースト情報出力手段により上記フィルタ出力の閾値判定が行われることにより特定された上記バーストエラーの上記長さが所定値以上の場合、適用した上記移動平均フィルタより長い区間の移動平均をフィルタ出力する上記移動平均フィルタを適用して再度フィルタ出力を行うこと、を特徴とする復号化装置。

【請求項8】請求項4乃至7のいずれか一つに記載の復号化装置において、上記復号手段は、上記符号化データ信号に対して事後確率復号化処理を実行して、上記尤度を含む上記復号化結果を出力するAPP(a posteriori probability)復号器と、上記バースト検出器から出力された上記バースト情報に基づいて、上記APP復号器から出力された上記尤度の上昇を抑制して、上記APP復号器から出力された上記復号化結果に対する繰り返し復号化処理を実行し、更新した上記尤度を含む復号化結果を上記APP復号器の入力として出力するSP(sum-product)復号器と、を備えたことを特徴とする復号化装置。

【請求項9】請求項8に記載の復号化装置において、上記SP復号器は、上記バースト情報に基づいて、上記APP復号器から出力された上記尤度の上昇を重み付けにより抑制すること、を特徴とする復号化装置。

【請求項10】請求項4乃至9のいずれか一つに記載の復号化装置において、上記符号化データ信号は、更にRS(Reed-Solomon)符号により符号化されており、上記復号化装置は、上記復号手段の出力に対して、上記RS符号の復号化を行うRS復号器、を更に備えたことを特徴とする復号化装置。

【請求項11】請求項2乃至10のいずれか一つに記載の復号化装置において、上記バーストエラーは、媒体欠陥とビットフリッピング状の信号バーストが同時に発生したことによるものであること、を特徴とする復号化装置。

【請求項12】請求項1乃至11のいずれか一つに記載の復号化装置を備えた垂直磁気記録再生装置。

【請求項13】請求項1乃至11のいずれか一つに記載の復号化装置を備えた受信装置。

【請求項14】符号化データ信号に対して復号化処理を実行する復号化方法であって、低密度パリティ検査符号により符号化された上記符号化データ信号のパリティ検査を行うことにより、バースト情報を出力するバースト検出ステップ、を含むことを特徴とする復号化方法。

【請求項15】請求項14に記載の復号化方法において、上記バースト情報は、上記符号化データ信号のバーストエラーの位置および長さを特定した情報を含むこと、を特徴とする復号化方法。

【請求項16】請求項15に記載の復号化方法において、上記バースト検出ステップは、上記符号化データ信号に対してパリティ検査行列の行毎にパリティ検査を行い、上記符号化データ信号の各ビットに対応する上記パリティ検査行列の列毎に、上記パリティ検査で誤りとして検出した行のビット「1」の数を合算し、上記合算した数の分布に従って上記符号化データ信号の上記バーストエラーの上記位置および上記長さを特定することにより上記バースト情報を生成して出力すること、を特徴とする復号化方法。

【請求項17】請求項15に記載の復号化方法において、上記バースト検出ステップにて出力された上記バースト情報に基づいて、上記バーストエラーの上記位置および上記長さに対応する、上記符号化データ信号のビットの尤度の上昇を抑制して繰り返し復号化処理を実行する復号ステップ、を更に含むことを特徴とする復号化方法。

【請求項18】請求項17に記載の復号化方法において、上記バースト検出ステップは、上記復号ステップにて出力された復号化結果を硬判定する硬判定ステップと、上記硬判定ステップにて硬判定された上記復号化結果について、パリティ検査行列に基づいてパリティ検査を行って、パリティフラグを発生させるパリティフラグ発生ステップと、上記パリティフラグ発生ステップにて発生された上記パリティフラグに、移動平均フィルタを適用してフィルタ出力を行うフィルタ出力ステップと、上記フィルタ出力ステップにて出力された上記フィルタ出力について閾値判定を行うことにより上記バーストエラーの上記位置および上記長さを特定して上記バースト情報を上記復号ステップに出力するバースト情報出力ステップと、を含むことを特徴とする復号化方法。

【請求項19】請求項18に記載の復号化方法において、上記フィルタ出力ステップは、上記パリティフラグに上記移動平均フィルタを多段階で適用すること、を特徴とする復号化方法。

【請求項20】請求項18または19に記載の復号化方法において、上記フィルタ出力ステップは、上記バースト情報出力ステップにて上記フィルタ出力の閾値判定が行われることにより特定された上記バーストエラーの上記長さが所定値以上の場合、適用した上記移動平均フィルタより長い区間の移動平均をフィルタ出力する上記移動平均フィルタを適用して再度フィルタ出力を行うこと、を特徴とする復号化方法。

【請求項21】請求項17乃至20のいずれか一つに記載の復号化方法において、上記復号ステップは、上記符号化データ信号に対して事後確率復号化処理を実行して、上記尤度を含む上記復号化結果を出力するAPP(a posteriori probability)復号ステップと、上記バースト検出ステップにて出力された上記バースト情報に基づいて、上記APP復号ステップにて出力された上記尤度の上昇を抑制して、上記APP復号ステップにて出力された上記復号化結果に対する繰り返し復号化処理を実行し、更新した上記尤度を含む復号化結果を上記APP復号ステップの入力として出力するSP(sum-product)復号ステップと、を含むことを特徴とする復号化方法。

【請求項22】請求項21に記載の復号化方法において、上記SP復号ステップは、上記バースト情報に基づいて、上記APP復号ステップにて出力された上記尤度の上昇を重み付けにより抑制すること、を特徴とする復号化方法。

【請求項23】請求項17乃至22のいずれか一つに記載の復号化方法において、上記符号化データ信号は、更にRS(Reed-Solomon)符号により符号化されており、上記復号ステップにおける出力に対して、上記RS符号の復号化を行うRS復号ステップ、を更に含むことを特徴とする復号化方法。

【請求項24】請求項15乃至23のいずれか一つに記載の復号化方法において、上記バーストエラーは、媒体欠陥とビットフリッピング状の信号バーストが同時に発生したことによるものであること、を特徴とする復号化方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • EHIME UNIVERSITY
  • Inventor
  • NAKAMURA, Yasuaki
  • OKAMOTO, Yoshihiro
  • OSAWA, Hisashi
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE(UTILITY MODEL),AG,AL(UTILITY MODEL),AM(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),AO(UTILITY MODEL),AT(UTILITY MODEL),AU,AZ(UTILITY MODEL),BA,BB,BG(UTILITY MODEL),BH(UTILITY MODEL),BR(UTILITY MODEL),BW(UTILITY MODEL),BY(UTILITY MODEL),BZ(UTILITY MODEL),CA,CH,CN(UTILITY MODEL),CO(UTILITY MODEL),CR(UTILITY MODEL),CU(INVENTOR'S CERTIFICATE),CZ(UTILITY MODEL),DE(UTILITY MODEL),DK(UTILITY MODEL),DM,DO(UTILITY MODEL),DZ,EC(UTILITY MODEL),EE(UTILITY MODEL),EG(UTILITY MODEL),ES(UTILITY MODEL),FI(UTILITY MODEL),GB,GD,GE(UTILITY MODEL),GH(UTILITY CERTIFICATE),GM,GT(UTILITY MODEL),HN,HR(CONSENSUAL PATENT),HU(UTILITY MODEL),ID,IL,IN,IS,JP(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),KG(UTILITY MODEL),KM,KN,KP(INVENTOR'S CERTIFICATE)(UTILITY MODEL),KR(UTILITY MODEL),KZ(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),LA,LC,LK,LR,LS(UTILITY MODEL),LT,LU,LY,MA,MD(UTILITY MODEL),ME,MG,MK,MN,MW,MX(UTILITY MODEL),MY(UTILITY-INNOVATION),MZ(UTILITY MODEL),NA,NG,NI(UTILITY MODEL),NO,NZ,OM(UTILITY MODEL),PG,PH(UTILITY MODEL),PL(UTILITY MODEL),PT(UTILITY MODEL),RO,RS(PETTY PATENT),RU(UTILITY MODEL),SC,SD,SE,SG,SK(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SM,ST,SV(UTILITY MODEL),SY,TJ(UTILITY MODEL),TM(PROVISIONAL PATENT),TN,TR(UTILITY MODEL),TT(UTILITY CERTIFICATE),TZ,UA(UTILITY MODEL),UG(UTILITY CERTIFICATE),US,UZ(UTILITY MODEL),VC(UTILITY CERTIFICATE),VN(PATENT FOR UTILITY SOLUTION),ZA,ZM,ZW,EP(AT,BE,BG,CH,CY,CZ,DE,DK,EE,ES,FI,FR,GB,GR,HR,HU,IE,IS,IT,LT,LU,LV,MC,MT,NL,NO,PL,PT,RO,SE,SI,SK,TR),OA(BF(UTILITY MODEL),BJ(UTILITY MODEL),CF(UTILITY MODEL),CG(UTILITY MODEL),CI(UTILITY MODEL),CM(UTILITY MODEL),GA(UTILITY MODEL),GN(UTILITY MODEL),GQ(UTILITY MODEL),GW(UTILITY MODEL),ML(UTILITY MODEL),MR(UTILITY MODEL),NE(UTILITY MODEL),SN(UTILITY MODEL),TD(UTILITY MODEL),TG(UTILITY MODEL)),AP(BW(UTILITY MODEL),GH(UTILITY MODEL),GM(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),LS(UTILITY MODEL),MW(UTILITY MODEL),MZ(UTILITY MODEL),NA(UTILITY MODEL),SD(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SZ(UTILITY MODEL),TZ(UTILITY MODEL),UG(UTILITY MODEL),ZM(UTILITY MODEL),ZW(UTILITY MODEL)),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,MD,RU,TJ,TM)
Shikoku TLO is introducing the seeds of 4 inside 20 university and a technical college. Please ask to the following about the detailed contents of seeds. I am waiting for an inquiry.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close