Top > Search of International Patents > Helicobacter pylori GROWTH INHIBITOR AND METHOD FOR PRODUCTION THEREOF

Helicobacter pylori GROWTH INHIBITOR AND METHOD FOR PRODUCTION THEREOF

Foreign code F110006017
File No. S2008-0367
Posted date Dec 27, 2011
Country WIPO
International application number 2009JP055952
International publication number WO 2009/119667
Date of international filing Mar 25, 2009
Date of international publication Oct 1, 2009
Priority data
  • P2008-084667 (Mar 27, 2008) JP
  • P2008-222526 (Aug 29, 2008) JP
Title Helicobacter pylori GROWTH INHIBITOR AND METHOD FOR PRODUCTION THEREOF
Abstract Disclosed is an inhibitor of the growth of Helicobacter pylori, which comprises a culture supernatant of a plant-derived lactic acid bacterium having 16S rRNA comprising a nucleotide sequence depicted in any one of SEQ ID NO:1 to SEQ ID NO:4 or an extract from the culture supernatant. It becomes possible to provide a novel technique for inhibiting the growth of Helicobacter pylori without supplying living cells of Helicobacter pylori to the stomach.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】植物乳酸菌の培養上清または該培養上清からの抽出物を含有している、Helicobacter pyloriの生育阻害剤であって、該植物乳酸菌の16S rRNAが、(a)配列番号1~4のいずれか1つに示される塩基配列を含むポリヌクレオチド;(b)配列番号1~4のいずれか1つに示される塩基配列に1もしくは数個の塩基が欠失、置換もしくは付加された塩基配列を含むポリヌクレオチド;または(c)配列番号1~4のいずれか1つに示される塩基配列の相補配列からなるポリヌクレオチドにストリンジェントな条件下でハイブリダイズし得るポリヌクレオチドであることを特徴とする生育阻害剤。

【請求項2】上記植物乳酸菌が、ラクトバシラス プランタルムSN35M株(受託番号:NITE BP-5)、ラクトバシラス プランタルムSN35N株(受託番号:NITE BP-6)、ラクトバシラス プランタルムSN13T株(受託番号:NITE BP-7)、およびラクトバシラス プランタルムSN26T株(受託番号:NITE BP-8)からなる群より選択されることを特徴とする請求の範囲1に記載の生育阻害剤。

【請求項3】上記培養上清が、果汁または野菜汁を培地として用いた培養によって得られることを特徴とする請求の範囲1または2に記載の生育阻害剤。

【請求項4】上記抽出物がエステル抽出物であることを特徴とする請求の範囲1~3のいずれか1項に記載の生育阻害剤。

【請求項5】ブルーベリー果汁またはザクロ果汁をさらに含有していることを特徴とする請求の範囲1~4のいずれか1項に記載の生育阻害剤。

【請求項6】請求の範囲1~5のいずれか1項に記載の生育阻害剤を含んでいることを特徴とする機能性食品。

【請求項7】Helicobacter pyloriの生育阻害剤を製造する方法であって、植物乳酸菌の培養上清を得る工程を包含し、該植物乳酸菌の16S rRNAが、(a)配列番号1~4のいずれか1つに示される塩基配列を含むポリヌクレオチド;(b)配列番号1~4のいずれか1つに示される塩基配列に1もしくは数個の塩基が欠失、置換もしくは付加された塩基配列を含むポリヌクレオチド;または(c)配列番号1~4のいずれか1つに示される塩基配列の相補配列からなるポリヌクレオチドにストリンジェントな条件下でハイブリダイズし得るポリヌクレオチドであることを特徴とする製造方法。

【請求項8】上記培養上清のエステル抽出物を得る工程をさらに包含することを特徴とする請求の範囲7に記載の製造方法。

【請求項9】果汁または野菜汁を培地として用いることを特徴とする請求の範囲7または8に記載の製造方法。

【請求項10】上記培地に酒粕もしくは焼酎蒸留残渣またはこれらの抽出物を添加することをさらに含むことを特徴とする請求の範囲7~9のいずれか1項に記載の製造方法。

【請求項11】ブルーベリー果汁またはザクロ果汁を上記培養上清に添加する工程をさらに包含することを特徴とする請求の範囲7~10のいずれか1項に記載の製造方法。

【請求項12】ラクトバシラス プランタルムSN35M株(受託番号:NITE BP-5)、ラクトバシラス プランタルムSN35N株(受託番号:NITE BP-6)、ラクトバシラス プランタルムSN13T株(受託番号:NITE BP-7)およびラクトバシラス プランタルムSN26T株(受託番号:NITE BP-8)からなる群より選択される乳酸菌の生菌を生存可能に含有していることを特徴とするHelicobacter pyloriの生育阻害剤を製造するための組成物。

【請求項13】上記生菌によって醗酵する醗酵原料をさらに含有していることを特徴とする請求の範囲12に記載の組成物。

【請求項14】上記醗酵原料が、乳、果汁または野菜汁であることを特徴とする請求の範囲13に記載の組成物。

【請求項15】酒粕もしくは焼酎蒸留残渣またはこれらの抽出物をさらに含有していることを特徴とする請求の範囲12~14のいずれか1項に記載の組成物。

【請求項16】ブルーベリー果汁またはザクロ果汁をさらに含有していることを特徴とする請求の範囲12~15のいずれか1項に記載の組成物。

【請求項17】カテコールまたはチロソールの製造方法であって、植物乳酸菌の培養上清を得る工程を包含し、該植物乳酸菌の16S rRNAが、(a)配列番号1~4のいずれか1つに示される塩基配列を含むポリヌクレオチド;(b)配列番号1~4のいずれか1つに示される塩基配列に1もしくは数個の塩基が欠失、置換もしくは付加された塩基配列を含むポリヌクレオチド;または(c)配列番号1~4のいずれか1つに示される塩基配列の相補配列からなるポリヌクレオチドにストリンジェントな条件下でハイブリダイズし得るポリヌクレオチドであることを特徴とする製造方法。

【請求項18】上記培養上清のエステル抽出物を得る工程をさらに包含することを特徴とする請求の範囲17に記載の製造方法。

【請求項19】果汁または野菜汁を培地として用いることを特徴とする請求の範囲17または18に記載の製造方法。

【請求項20】上記培地に酒粕もしくは焼酎蒸留残渣またはこれらの抽出物を添加することをさらに含むことを特徴とする請求の範囲17~19のいずれか1項に記載の製造方法。

【請求項21】カテコールまたはチロソールを含有していることを特徴とするHelicobacter pyloriの生育阻害剤。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • Hiroshima University
  • Inventor
  • SUGIYAMA, Masanori
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE(UTILITY MODEL),AG,AL(UTILITY MODEL),AM(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),AO(UTILITY MODEL),AT(UTILITY MODEL),AU,AZ(UTILITY MODEL),BA,BB,BG(UTILITY MODEL),BH(UTILITY MODEL),BR(UTILITY MODEL),BW(UTILITY MODEL),BY(UTILITY MODEL),BZ(UTILITY MODEL),CA,CH,CN(UTILITY MODEL),CO(UTILITY MODEL),CR(UTILITY MODEL),CU(INVENTOR'S CERTIFICATE),CZ(UTILITY MODEL),DE(UTILITY MODEL),DK(UTILITY MODEL),DM(UTILITY MODEL),DO(UTILITY MODEL),DZ,EC(UTILITY MODEL),EE(UTILITY MODEL),EG(UTILITY MODEL),ES(UTILITY MODEL),FI(UTILITY MODEL),GB,GD,GE(UTILITY MODEL),GH(UTILITY CERTIFICATE),GM,GT(UTILITY MODEL),HN,HR(CONSENSUAL PATENT),HU(UTILITY MODEL),ID,IL,IN,IS,JP(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),KG(UTILITY MODEL),KM,KN,KP(INVENTOR'S CERTIFICATE)(UTILITY MODEL),KR(UTILITY MODEL),KZ(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),LA,LC,LK,LR,LS(UTILITY MODEL),LT,LU,LY,MA,MD(UTILITY MODEL),ME,MG,MK,MN,MW,MX(UTILITY MODEL),MY(UTILITY-INNOVATION),MZ(UTILITY MODEL),NA,NG,NI(UTILITY MODEL),NO,NZ,OM(UTILITY MODEL),PG,PH(UTILITY MODEL),PL(UTILITY MODEL),PT(UTILITY MODEL),RO,RS(PETTY PATENT),RU(UTILITY MODEL),SC,SD,SE,SG,SK(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SM,ST,SV(UTILITY MODEL),SY,TJ(UTILITY MODEL),TM(PROVISIONAL PATENT),TN,TR(UTILITY MODEL),TT(UTILITY CERTIFICATE),TZ,UA(UTILITY MODEL),UG(UTILITY CERTIFICATE),US,UZ(UTILITY MODEL),VC(UTILITY CERTIFICATE),VN(PATENT FOR UTILITY SOLUTION),ZA,ZM,ZW,EP(AT,BE,BG,CH,CY,CZ,DE,DK,EE,ES,FI,FR,GB,GR,HR,HU,IE,IS,IT,LT,LU,LV,MC,MK,MT,NL,NO,PL,PT,RO,SE,SI,SK,TR),OA(BF(UTILITY MODEL),BJ(UTILITY MODEL),CF(UTILITY MODEL),CG(UTILITY MODEL),CI(UTILITY MODEL),CM(UTILITY MODEL),GA(UTILITY MODEL),GN(UTILITY MODEL),GQ(UTILITY MODEL),GW(UTILITY MODEL),ML(UTILITY MODEL),MR(UTILITY MODEL),NE(UTILITY MODEL),SN(UTILITY MODEL),TD(UTILITY MODEL),TG(UTILITY MODEL)),AP(BW(UTILITY MODEL),GH(UTILITY MODEL),GM(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),LS(UTILITY MODEL),MW(UTILITY MODEL),MZ(UTILITY MODEL),NA(UTILITY MODEL),SD(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SZ(UTILITY MODEL),TZ(UTILITY MODEL),UG(UTILITY MODEL),ZM(UTILITY MODEL),ZW(UTILITY MODEL)),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,MD,RU,TJ,TM)

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close