Top > Search of International Patents > METHOD OF PREPARING PROTEIN SAMPLE

METHOD OF PREPARING PROTEIN SAMPLE

Foreign code F110006039
File No. S2009-0651
Posted date Dec 27, 2011
Country WIPO
International application number 2008JP068124
International publication number WO 2009/044903
Date of international filing Sep 30, 2008
Date of international publication Apr 9, 2009
Priority data
  • P2007-259176 (Oct 2, 2007) JP
Title METHOD OF PREPARING PROTEIN SAMPLE
Abstract It is intended to provide a method of preparing a protein sample whereby a protein to be analyzed can be sufficiently digested enzymatically and the digested protein or peptide fragments can be sufficiently collected while avoiding the risk of the contamination of an analyzer with a surfactant. A method of preparing a protein sample characterized in that, in the technique of solubilizing a protein by using a surfactant and then digesting with a protease followed by the removal of the surfactant, the surfactant is made fat-soluble and separated into an organic solvent.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】(a)(i)分析対象タンパク質;(ii)1種又は2種以上の脂溶性に改変可能な界面活性剤;及び(iii)プロテアーゼを含む反応溶液中で、分析対象タンパク質を消化するステップと、(b)該反応溶液に前記界面活性剤を脂溶化する試薬を添加するステップとを含み、脂溶化された前記界面活性剤を有機溶媒中に分離することを特徴とする、タンパク質試料の調製方法。

【請求項2】脂溶性に改変可能な界面活性剤がイオン性界面活性剤であることを特徴とする請求項1記載の方法。

【請求項3】イオン性界面活性剤はドデシル硫酸ナトリウム(SDS)であることを特徴とする請求項2記載の方法。

【請求項4】前記界面活性剤を脂溶化する試薬はカリウム塩であることを特徴とする請求項3記載の方法。

【請求項5】イオン性界面活性剤はカルボン酸型界面活性剤であることを特徴とする請求項2記載の方法。

【請求項6】カルボン酸型界面活性剤はコール酸ナトリウム、グリココール酸、ラウリルサルコシン酸ナトリウム、デオキシコール酸ナトリウム、グリコケノデオキシコール酸ナトリウム、ケノデオキシコール酸ナトリウム又はウルソデオキシコール酸ナトリウムであることを特徴とする請求項5記載の方法。

【請求項7】脂溶性に改変可能な界面活性剤が酸不安定界面活性剤であることを特徴とする請求項1記載の方法。

【請求項8】酸不安定界面活性剤は、3-[(2-メチル-2-ウンデシル-1,3-ジオキソラン-4-イル)メトキシル]-1-プロパンスルホン酸ナトリウム又は3-[3-(1,1-アルキルオキシエチル)ピリジン-1-イル]プロパン-1-スルホン酸であることを特徴とする請求項7記載の方法。

【請求項9】前記界面活性剤を脂溶化する試薬は酸であることを特徴とする請求項5又は7記載の方法。

【請求項10】前記酸はトリフルオロ酢酸であることを特徴とする請求項9記載の方法。

【請求項11】2種以上の脂溶性に改変可能な界面活性剤は、カルボン酸型界面活性剤から選択されることを特徴とする請求項1記載の方法。

【請求項12】カルボン酸型界面活性剤は、デオキシコール酸ナトリウム及びラウリルサルコシン酸ナトリウムであることを特徴とする請求項11記載の方法。

【請求項13】前記有機溶媒は予め前記反応溶液中に混合されていることを特徴とする請求項1記載の方法。

【請求項14】前記反応溶液はマイクロエマルジョンの形態であることを特徴とする請求項13記載の方法。

【請求項15】ステップ(b)後に前記有機溶媒を前記反応溶液に添加し、脂溶化された前記界面活性剤を有機溶媒中に分離することを特徴とする請求項1記載の方法。

【請求項16】前記有機溶媒はオクタノール、酢酸エチル、ジエチルエーテル、クロロホルム又はヘキサノールであることを特徴とする請求項1記載の方法。

【請求項17】分析対象タンパク質は電気泳動による分離後に切り出したゲルに含まれる目的のタンパク質であることを特徴とする請求項1記載の方法。

【請求項18】請求項1~17のいずれか1項記載の方法によりタンパク質試料を調製し、分析に供することを特徴とするタンパク質の分析方法。

【請求項19】前記分析は該サンプルを液体クロマトグラフィー質量分析(LC-MS)又はマトリックス支援レーザー脱離イオン化質量分析(MALDI-MS)であることを特徴とする請求項18記載のタンパク質の分析方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • KEIO UNIVERSITY
  • Inventor
  • ISHIHAMA, Yasushi
  • MASUDA, Takeshi
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE(UTILITY MODEL),AG,AL(UTILITY MODEL),AM(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),AO(UTILITY MODEL),AT(UTILITY MODEL),AU,AZ(UTILITY MODEL),BA,BB,BG(UTILITY MODEL),BH(UTILITY MODEL),BR(UTILITY MODEL),BW(UTILITY MODEL),BY(UTILITY MODEL),BZ(UTILITY MODEL),CA,CH,CN(UTILITY MODEL),CO(UTILITY MODEL),CR(UTILITY MODEL),CU(INVENTOR'S CERTIFICATE),CZ(UTILITY MODEL),DE(UTILITY MODEL),DK(UTILITY MODEL),DM(UTILITY MODEL),DO(UTILITY MODEL),DZ,EC(UTILITY MODEL),EE(UTILITY MODEL),EG(UTILITY MODEL),ES(UTILITY MODEL),FI(UTILITY MODEL),GB,GD,GE(UTILITY MODEL),GH(UTILITY CERTIFICATE),GM,GT(UTILITY MODEL),HN,HR(CONSENSUAL PATENT),HU(UTILITY MODEL),ID,IL,IN,IS,JP(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),KG(UTILITY MODEL),KM,KN,KP(INVENTOR'S CERTIFICATE)(UTILITY MODEL),KR(UTILITY MODEL),KZ(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),LA,LC,LK,LR,LS(UTILITY MODEL),LT,LU,LY,MA,MD(UTILITY MODEL),ME(PETTY PATENT),MG,MK,MN,MW,MX(UTILITY MODEL),MY(UTILITY-INNOVATION),MZ(UTILITY MODEL),NA,NG,NI(UTILITY MODEL),NO,NZ,OM(UTILITY MODEL),PG,PH(UTILITY MODEL),PL(UTILITY MODEL),PT(UTILITY MODEL),RO,RS(PETTY PATENT),RU(UTILITY MODEL),SC,SD,SE,SG,SK(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SM,ST,SV(UTILITY MODEL),SY,TJ(UTILITY MODEL),TM(PROVISIONAL PATENT),TN,TR(UTILITY MODEL),TT(UTILITY CERTIFICATE),TZ,UA(UTILITY MODEL),UG(UTILITY CERTIFICATE),US,UZ(UTILITY MODEL),VC(UTILITY CERTIFICATE),VN(PATENT FOR UTILITY SOLUTION),ZA,ZM,ZW,EP(AT,BE,BG,CH,CY,CZ,DE,DK,EE,ES,FI,FR,GB,GR,HR,HU,IE,IS,IT,LT,LU,LV,MC,MT,NL,NO,PL,PT,RO,SE,SI,SK,TR),OA(BF(UTILITY MODEL),BJ(UTILITY MODEL),CF(UTILITY MODEL),CG(UTILITY MODEL),CI(UTILITY MODEL),CM(UTILITY MODEL),GA(UTILITY MODEL),GN(UTILITY MODEL),GQ(UTILITY MODEL),GW(UTILITY MODEL),ML(UTILITY MODEL),MR(UTILITY MODEL),NE(UTILITY MODEL),SN(UTILITY MODEL),TD(UTILITY MODEL),TG(UTILITY MODEL)),AP(BW(UTILITY MODEL),GH(UTILITY MODEL),GM(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),LS(UTILITY MODEL),MW(UTILITY MODEL),MZ(UTILITY MODEL),NA(UTILITY MODEL),SD(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SZ(UTILITY MODEL),TZ(UTILITY MODEL),UG(UTILITY MODEL),ZM(UTILITY MODEL),ZW(UTILITY MODEL)),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,MD,RU,TJ,TM)
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close