Top > Search of International Patents > OLIGONUCLEOTIDE STRUCTURE, AND METHOD FOR REGULATION OF GENE EXPRESSION

OLIGONUCLEOTIDE STRUCTURE, AND METHOD FOR REGULATION OF GENE EXPRESSION meetings

Foreign code F120006135
Posted date Jan 10, 2012
Country WIPO
International application number 2009JP062535
International publication number WO 2010/005055
Date of international filing Jul 9, 2009
Date of international publication Jan 14, 2010
Priority data
  • P2008-178693 (Jul 9, 2008) JP
Title OLIGONUCLEOTIDE STRUCTURE, AND METHOD FOR REGULATION OF GENE EXPRESSION meetings
Abstract Disclosed is an oligonucleotide structure which can distinguish between a normal cell and an abnormal cell such as a cancer cell and can act only in an abnormal cell. The oligonucleotide structure comprises three oligonucleotide chains, i.e., a trigger chain, an effector chain and a support chain, wherein each of the three oligonucleotide chains is bound to the other two chains so as to form a structure like a three-way joint, and wherein the trigger chain has a site capable of recognizing the sequences of other polynucleotide chains on the outside of a site that is bound to the support chain.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】トリガー鎖と、エフェクター鎖と、サポート鎖との3本のオリゴヌクレオチドで構成され、前記3本のオリゴヌクレオチドは、それぞれの鎖が、他の2本の鎖と結合して三方向ジョイント構造を形成し、前記トリガー鎖は、前記サポート鎖の結合している部位の外側に他のポリヌクレオチドの配列を認識する部位を有する、オリゴヌクレオチド構造体。

【請求項2】前記三方向ジョイント構造は、前記トリガー鎖に結合する前記他のポリヌクレオチドにより崩壊する、請求項1に記載のオリゴヌクレオチド構造体。

【請求項3】前記エフェクター鎖は、標的遺伝子または標的遺伝子転写産物の少なくとも一部の塩基配列と実質的に同一の塩基配列を有する、請求項1または2に記載のオリゴヌクレオチド構造体。

【請求項4】前記エフェクター鎖は、相補性を有するオリゴヌクレオチドと二本鎖を形成する、請求項1ないし3のいずれかに記載のオリゴヌクレオチド構造体。

【請求項5】前記トリガー鎖が結合する他のポリヌクレオチドの配列がそれぞれ異なるトリガー鎖を有する二種類のオリゴヌクレオチド構造体から、得られるエフェクター鎖同士から二本鎖を形成する、請求項1ないし3のいずれかに記載のオリゴヌクレオチド構造体。

【請求項6】前記他のポリヌクレオチドの配列が異なる遺伝子由来のものである、請求項5に記載のオリゴヌクレオチド構造体。

【請求項7】トリガー鎖と、エフェクター鎖と、サポート鎖との3本のオリゴヌクレオチドで構成され、前記3本のオリゴヌクレオチドは、それぞれの鎖が、他の2本の鎖と結合して三方向ジョイント構造を形成し、前記トリガー鎖は、前記サポート鎖の結合している部位の外側に他のポリヌクレオチドの配列を認識する部位を有する、オリゴヌクレオチド構造体を細胞、あるいは組織に導入し、他のポリヌクレオチドが存在する細胞、あるいは組織においてのみ、前記三方向ジョイント構造の崩壊を生じさせ、1本鎖エフェクター鎖を得る、遺伝子発現抑制方法。

【請求項8】前記エフェクター鎖は、標的遺伝子または標的遺伝子転写産物の少なくとも一部の塩基配列と実質的に同一の塩基配列を有する、請求項7に記載の遺伝子発現抑制方法。

【請求項9】前記オリゴヌクレオチド構造体と共に、このオリゴヌクレオチド構造体のエフェクター鎖と相補的に結合するオリゴヌクレオチドを導入し、前記三方向ジョイント構造の崩壊を生じた細胞、あるいは組織内で、生じた1本鎖エフェクター鎖とオリゴヌクレオチドとが二本鎖を形成する、請求項7または8に記載の遺伝子発現抑制方法。

【請求項10】エフェクター鎖の塩基配列が同一で、トリガー鎖が認識する他のポリヌクレオチドが異なる二種類のオリゴヌクレオチド構造体を細胞、あるいは組織に導入し、前記トリガー鎖が認識する他のポリヌクレオチドが二種類存在する細胞、あるいは組織においてのみ、前記二種類のオリゴヌクレオチド構造体の三方向ジョイント構造を崩壊させ、生じたエフェクター鎖同士が二本鎖を形成する、請求項9に記載の遺伝子発現抑制方法。

【請求項11】トリガー鎖と、エフェクター鎖と、サポート鎖との3本のオリゴヌクレオチドで構成され、前記3本のオリゴヌクレオチドは、それぞれの鎖が、他の2本の鎖と結合して三方向ジョイント構造を形成し、前記トリガー鎖は、前記サポート鎖の結合している部位の外側に他のポリヌクレオチドの配列を認識する部位を有する、オリゴヌクレオチド構造体と、他のポリヌクレオチドまたは他のポリヌクレオチドの一塩基置換体とを混合し、前記オリゴヌクレオチド構造体の崩壊の有無により、他のポリヌクレオチドの一塩基置換体を検出する、一塩基置換体の検出方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • OSAKA CITY UNIVERSITY
  • Inventor
  • TACHIBANA Akira
  • TANABE Toshizumi
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE(UTILITY MODEL),AG,AL(UTILITY MODEL),AM(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),AO(UTILITY MODEL),AT(UTILITY MODEL),AU,AZ(UTILITY MODEL),BA,BB,BG(UTILITY MODEL),BH(UTILITY MODEL),BR(UTILITY MODEL),BW(UTILITY MODEL),BY(UTILITY MODEL),BZ(UTILITY MODEL),CA,CH,CL(UTILITY MODEL),CN(UTILITY MODEL),CO(UTILITY MODEL),CR(UTILITY MODEL),CU(INVENTOR'S CERTIFICATE),CZ(UTILITY MODEL),DE(UTILITY MODEL),DK(UTILITY MODEL),DM,DO(UTILITY MODEL),DZ,EC(UTILITY MODEL),EE(UTILITY MODEL),EG(UTILITY MODEL),ES(UTILITY MODEL),FI(UTILITY MODEL),GB,GD,GE(UTILITY MODEL),GH(UTILITY CERTIFICATE),GM,GT(UTILITY MODEL),HN,HR(CONSENSUAL PATENT),HU(UTILITY MODEL),ID,IL,IN,IS,JP(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),KG(UTILITY MODEL),KM,KN,KP(INVENTOR'S CERTIFICATE)(UTILITY MODEL),KR(UTILITY MODEL),KZ(PROVISIONAL PATENT)(UTILITY MODEL),LA,LC,LK,LR,LS(UTILITY MODEL),LT,LU,LY,MA,MD(UTILITY MODEL),ME,MG,MK,MN,MW,MX(UTILITY MODEL),MY(UTILITY-INNOVATION),MZ(UTILITY MODEL),NA,NG,NI(UTILITY MODEL),NO,NZ,OM(UTILITY MODEL),PE(UTILITY MODEL),PG,PH(UTILITY MODEL),PL(UTILITY MODEL),PT(UTILITY MODEL),RO,RS(PETTY PATENT),RU(UTILITY MODEL),SC,SD,SE,SG,SK(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SM,ST,SV(UTILITY MODEL),SY,TJ(UTILITY MODEL),TM(PROVISIONAL PATENT),TN,TR(UTILITY MODEL),TT(UTILITY CERTIFICATE),TZ,UA(UTILITY MODEL),UG(UTILITY CERTIFICATE),US,UZ(UTILITY MODEL),VC(UTILITY CERTIFICATE),VN(PATENT FOR UTILITY SOLUTION),ZA,ZM,ZW,EP(AT,BE,BG,CH,CY,CZ,DE,DK,EE,ES,FI,FR,GB,GR,HR,HU,IE,IS,IT,LT,LU,LV,MC,MK,MT,NL,NO,PL,PT,RO,SE,SI,SK,SM,TR),OA(BF(UTILITY MODEL),BJ(UTILITY MODEL),CF(UTILITY MODEL),CG(UTILITY MODEL),CI(UTILITY MODEL),CM(UTILITY MODEL),GA(UTILITY MODEL),GN(UTILITY MODEL),GQ(UTILITY MODEL),GW(UTILITY MODEL),ML(UTILITY MODEL),MR(UTILITY MODEL),NE(UTILITY MODEL),SN(UTILITY MODEL),TD(UTILITY MODEL),TG(UTILITY MODEL)),AP(BW(UTILITY MODEL),GH(UTILITY MODEL),GM(UTILITY MODEL),KE(UTILITY MODEL),LS(UTILITY MODEL),MW(UTILITY MODEL),MZ(UTILITY MODEL),NA(UTILITY MODEL),SD(UTILITY MODEL),SL(UTILITY MODEL),SZ(UTILITY MODEL),TZ(UTILITY MODEL),UG(UTILITY MODEL),ZM(UTILITY MODEL),ZW(UTILITY MODEL)),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,MD,RU,TJ,TM)

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close