Top > Search of International Patents > PROTEIN SHOWING SELENIC ACID-REDUCING ACTIVITY

PROTEIN SHOWING SELENIC ACID-REDUCING ACTIVITY

Foreign code F130007315
File No. S2012-1246-N0
Posted date Apr 26, 2013
Country WIPO
International application number 2011JP071442
International publication number WO 2012127716
Date of international filing Sep 21, 2011
Date of international publication Sep 27, 2012
Priority data
  • P2011-065289 (Mar 24, 2011) JP
Title PROTEIN SHOWING SELENIC ACID-REDUCING ACTIVITY
Abstract The purpose of the present invention is to provide a protein showing selenic acid-reducing activity, the gene that encodes this protein, and a method for reducing selenic acid using these. The invention provides a protein selected from the following groups: (a) a protein composed of an amino acid sequence represented by sequence No. 2; (b) a protein composed of the amino acid sequence represented by sequence No. 2 one or several amino acids of which have been deleted, substituted, or added, such protein showing selenic acid-reducing activity when combined with a protein composed of the amino acid sequence represented by sequence No. 4, a protein composed of the amino acid sequence represented by sequence No. 6 and a protein composed of the amino acid sequence represented by sequence No. 8; and (c) a protein composed of an amino acid sequence having at least 98% homology with the amino acid sequence represented by sequence No. 2, such protein showing selenic acid-reducing activity when combined with a protein composed of the amino acid sequence represented by sequence No. 4, a protein composed of the amino acid sequence represented by sequence No. 6 and a protein composed of the amino acid sequence represented by sequence No. 8.
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
Trace metals (rare metal) which is a kind of selenium, is essential for any living organism element, water-soluble selenium compounds (selenium acid, selenious acid and the like) having biological toxicity. Selenium, copying machine, to be used for the coloring of the glass since a wide range, is desirable to ensure in its source. In addition, waste water, selenium compounds in waste of the influence on human health and ecological systems in question. Detoxified and removal of selenium acid as a method, resin adsorption, such as electrochemical methods have been studied in the related art is, efficiency, the problems of cost yet developed for practical use. In addition, such a method can be recovered and re-selenium could not be used.
The inventors of the present invention, the biological treatment selenium compounds aimed at the development of the method, the isolated strain Pseudomonas stutzeri NT-I(patent document 1). Strain Pseudomonas stutzeri NT-I, selenium acid reduced to efficiently selenite, selenium selenite reduced to elemental state further has the ability. Insoluble in water and a selenium element state, since the nontoxic, the use of strain Pseudomonas stutzeri NT-I, relatively low cost, such as the effluent containing selenium compounds and nontoxic, selenium from which could be recovered and reused. Microorganisms using the recovery of selenium and selenium compound treatment in order to more efficiently, development of examination or processing conditions in addition to the facility, the molecular mechanisms involved in the reduction of selenium compounds need not be. However, strain Pseudomonas stutzeri NT-I, selenium compound of the molecular mechanisms involved in a redox not yet been clear.
On the other hand, Patent Document 2 is, gram-positive bacteria Bacillus selenatarsenatis SF-1 strain as selenium acid reducing the activity of the protein having an ability of, a gene coding for it, their use for selenate reduction method is described. Strain Pseudomonas stutzeri NT-I in aerobic, anaerobic under both reducing selenate, and selenium to the outside of the bacteria, whereas the large reduction ability of selenite, selenate Bacillus selenatarsenatis SF-1 reducing strain under anaerobic conditions, the accumulation of selenium in their body, and is less in the reduction ability of selenite, there is a difference.
Scope of claims (In Japanese)請求の範囲 [請求項1]
以下からなる群より選択されるタンパク質:
(a)配列番号2のアミノ酸配列からなるタンパク質;
(b)配列番号2のアミノ酸配列において1もしくは数個のアミノ酸が欠失、置換もしくは付加されたアミノ酸配列からなり、かつ配列番号4のアミノ酸配列からなるタンパク質、配列番号6のアミノ酸配列からなるタンパク質及び配列番号8のアミノ酸配列からなるタンパク質と組み合わせた場合にセレン酸還元活性を示すタンパク質;および
(c)配列番号2のアミノ酸配列と98%以上の配列同一性を有するアミノ酸配列からなり、かつ配列番号4のアミノ酸配列からなるタンパク質、配列番号6のアミノ酸配列からなるタンパク質及び配列番号8のアミノ酸配列からなるタンパク質と組み合わせた場合にセレン酸還元活性を示すタンパク質。

[請求項2]
以下からなる群より選択されるタンパク質:
(a)配列番号4のアミノ酸配列からなるタンパク質;
(b)配列番号4のアミノ酸配列において1もしくは数個のアミノ酸が欠失、置換もしくは付加されたアミノ酸配列からなり、かつ配列番号2のアミノ酸配列からなるタンパク質、配列番号6のアミノ酸配列からなるタンパク質及び配列番号8のアミノ酸配列からなるタンパク質と組み合わせた場合にセレン酸還元活性を示すタンパク質;および
(c)配列番号4のアミノ酸配列と98%以上の配列同一性を有するアミノ酸配列からなり、かつ配列番号2のアミノ酸配列からなるタンパク質、配列番号6のアミノ酸配列からなるタンパク質及び配列番号8のアミノ酸配列からなるタンパク質と組み合わせた場合にセレン酸還元活性を示すタンパク質。

[請求項3]
以下からなる群より選択されるタンパク質:
(a)配列番号6のアミノ酸配列からなるタンパク質;
(b)配列番号6のアミノ酸配列において1もしくは数個のアミノ酸が欠失、置換もしくは付加されたアミノ酸配列からなり、かつ配列番号2のアミノ酸配列からなるタンパク質、配列番号4のアミノ酸配列からなるタンパク質及び配列番号8のアミノ酸配列からなるタンパク質と組み合わせた場合にセレン酸還元活性を示すタンパク質;および
(c)配列番号6のアミノ酸配列と98%以上の配列同一性を有するアミノ酸配列からなり、かつ配列番号2のアミノ酸配列からなるタンパク質、配列番号4のアミノ酸配列からなるタンパク質及び配列番号8のアミノ酸配列からなるタンパク質と組み合わせた場合にセレン酸還元活性を示すタンパク質。

[請求項4]
以下からなる群より選択されるタンパク質:
(a)配列番号8のアミノ酸配列からなるタンパク質;
(b)配列番号8のアミノ酸配列において1もしくは数個のアミノ酸が欠失、置換もしくは付加されたアミノ酸配列からなり、かつ配列番号2のアミノ酸配列からなるタンパク質、配列番号4のアミノ酸配列からなるタンパク質及び配列番号6のアミノ酸配列からなるタンパク質と組み合わせた場合にセレン酸還元活性を示すタンパク質;および
(c)配列番号8のアミノ酸配列と98%以上の配列同一性を有するアミノ酸配列からなり、かつ配列番号2のアミノ酸配列からなるタンパク質、配列番号4のアミノ酸配列からなるタンパク質及び配列番号6のアミノ酸配列からなるタンパク質と組み合わせた場合にセレン酸還元活性を示すタンパク質。

[請求項5]
請求項1記載のタンパク質をコードする核酸。

[請求項6]
以下からなる群より選択される、請求項5記載の核酸。
(a)配列番号1の塩基配列からなる核酸;
(b)配列番号1のヌクレオチド配列からなる核酸とストリンジェントな条件下でハイブリダイズし、かつ配列番号4のアミノ酸配列からなるタンパク質、配列番号6のアミノ酸配列からなるタンパク質及び配列番号8のアミノ酸配列からなるタンパク質と組み合わせた場合にセレン酸還元活性を示すタンパク質をコードする核酸。

[請求項7]
請求項2記載のタンパク質をコードする核酸。

[請求項8]
以下からなる群より選択される、請求項7記載の核酸。
(a)配列番号3の塩基配列からなる核酸;
(b)配列番号3のヌクレオチド配列からなる核酸とストリンジェントな条件下でハイブリダイズし、かつ配列番号2のアミノ酸配列からなるタンパク質、配列番号6のアミノ酸配列からなるタンパク質及び配列番号8のアミノ酸配列からなるタンパク質と組み合わせた場合にセレン酸還元活性を示すタンパク質をコードする核酸。

[請求項9]
請求項3記載のタンパク質をコードする核酸。

[請求項10]
以下からなる群より選択される、請求項9記載の核酸。
(a)配列番号5の塩基配列からなる核酸;
(b)配列番号5のヌクレオチド配列からなる核酸とストリンジェントな条件下でハイブリダイズし、かつ配列番号2のアミノ酸配列からなるタンパク質、配列番号4のアミノ酸配列からなるタンパク質及び配列番号8のアミノ酸配列からなるタンパク質と組み合わせた場合にセレン酸還元活性を示すタンパク質をコードする核酸。

[請求項11]
請求項4記載のタンパク質をコードする核酸。

[請求項12]
以下からなる群より選択される、請求項11記載の核酸。
(a)配列番号7の塩基配列からなる核酸;
(b)配列番号7のヌクレオチド配列からなる核酸とストリンジェントな条件下でハイブリダイズし、かつ配列番号2のアミノ酸配列からなるタンパク質、配列番号4のアミノ酸配列からなるタンパク質及び配列番号6のアミノ酸配列からなるタンパク質と組み合わせた場合にセレン酸還元活性を示すタンパク質をコードする核酸。

[請求項13]
請求項5又は6に記載の核酸を含む組み換えベクター。

[請求項14]
請求項7又は8に記載の核酸を含む組み換えベクター。

[請求項15]
請求項9又は10に記載の核酸を含む組み換えベクター。

[請求項16]
請求項11又は12に記載の核酸を含む組み換えベクター。

[請求項17]
請求項5又は6に記載の核酸を宿主細胞に導入して得られる形質転換体。

[請求項18]
請求項7又は8に記載の核酸を宿主細胞に導入して得られる形質転換体。

[請求項19]
請求項9又は10に記載の核酸を宿主細胞に導入して得られる形質転換体。

[請求項20]
請求項11又は12に記載の核酸を宿主細胞に導入して得られる形質転換体。

[請求項21]
請求項1記載のタンパク質、請求項2記載のタンパク質、請求項3記載のタンパク質、及び請求項4記載のタンパク質を宿主細胞において発現させることを含む、セレン酸の還元方法。

[請求項22]
請求項5又は6記載の核酸、請求項7又は8記載の核酸、請求項9又は10記載の核酸、及び請求項11又は12記載の核酸を宿主細胞に導入することによって、請求項1記載のタンパク質、請求項2記載のタンパク質、請求項3記載のタンパク質、及び請求項4記載のタンパク質を宿主細胞において発現させる、請求項13に記載の方法。

  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • SHIBAURA INSTITUTE OF TECHNOLOGY
  • Inventor
  • YAMASHITA Mitsuo
  • IKE Michihiko
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IS JP KE KG KM KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ MD RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW ML MR NE SN TD TG

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close