Top > Search of International Patents > PRODUCTION OF HYBRIDOMA PRODUCING ANTIHUMAN CENP-A PEPTIDE MONOCLONAL ANTIBODY AND METHOD OF USING THE SAME

PRODUCTION OF HYBRIDOMA PRODUCING ANTIHUMAN CENP-A PEPTIDE MONOCLONAL ANTIBODY AND METHOD OF USING THE SAME

Foreign code F040000743
File No. (A021P48)
Posted date Feb 22, 2005
Country WIPO
International application number 2002JP006773
International publication number WO 2003/064474
Date of international filing Jul 4, 2002
Date of international publication Aug 7, 2003
Priority data
  • P2002-023587 (Jan 31, 2002) JP
Title PRODUCTION OF HYBRIDOMA PRODUCING ANTIHUMAN CENP-A PEPTIDE MONOCLONAL ANTIBODY AND METHOD OF USING THE SAME
Abstract It is intended to provide antibodies, in particular, monoclonal antibodies against, as antigens, peptides comprising N-terminal 1/3 amino acid sequences of a protein CENP-A expressed in centromeres in chromosome and a process for producing the same. Antibodies against partial-length peptides of the CENP-A protein expressed in centromeres in chromosome (preferably a peptide having the amino acid sequence of 3- to 19-positions of the CENP-A protein, a peptide having the amino acid sequence of 27- to 40-positions thereof or a peptide having the amino acid sequence of 126- to 140-positions thereof); and a process for producing the same. A method of solubilizing a centromere chromatin while sustaining its completeness by treating with 0.3 M NaCl and MNase. A method of using an anti-CENP-A antibody which comprises chemically bonding the antibody to a support and isolating and purifying the same by the immunoprecipitation method.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】CENP-A蛋白質の部分長のペプチドに対する抗体。

【請求項2】CENP-A蛋白質のN末端部分の1/3のアミノ酸配列の一部を含んでいるペプチドに対する抗体である請求の範囲第1項に記載の抗体。

【請求項3】CENP-A蛋白質の部分長のペプチドが、CENP-A蛋白質の3~19番目のアミノ酸配列を含むペプチド、27~40番目のアミノ酸配列を含むペプチド、又は126~140番目のアミノ酸配列を含むペプチドである請求の範囲第1項又は第2項に記載の抗体。

【請求項4】CENP-A蛋白質の部分長のペプチドが、CENP-A蛋白質の3~19番目のアミノ酸配列を含むペプチドである請求の範囲第3項に記載の抗体。

【請求項5】CENP-A蛋白質が、ヒトCENP-A蛋白質である請求の範囲第1項~第4項のいずれかに記載の抗体。

【請求項6】抗体が、モノクローナル抗体である請求の範囲第1項~第5項のいずれかに記載の抗体。

【請求項7】細胞融合法によりモノクローナル抗体を製造する方法において、抗原としてCENP-A蛋白質を用いミエローマ細胞としてマウスの骨髄腫細胞であるP3-X63-Ag8.653細胞を使用し、かつ培地としてGIT培地を使用することを特徴とするCENP-A蛋白質のモノクローナル抗体を製造する方法。

【請求項8】抗原としてCENP-A蛋白質のN末端部分を使用する請求の範囲第7項に記載の方法。

【請求項9】セントロメアクロマチンをMNaseを用いて可溶化する方法。

【請求項10】MNaseの濃度が1U/mL~500U/mLであり、処理時間が1~100分間である請求の範囲第9項に記載の方法。

【請求項11】セントロメアクロマチンをMNaseを用いて可溶化し、次いで得られた可溶化物を抗CENP抗体を用いて免疫沈降する方法。

【請求項12】抗CENP抗体が、担体に固定化されている抗体である請求の範囲第11項に記載の方法。

【請求項13】抗CENP抗体が、抗CENP-A抗体である請求の範囲第11項又は第12項に記載の方法。

【請求項14】セントロメアクロマチンをMNaseを用いて可溶化し、次いで得られた可溶化物を抗CENP抗体を用いて免疫沈降し、沈殿したタンパク質を検出・同定する方法。

【請求項15】検出・同定されるタンパク質が、分化に関連するタンパク質である請求の範囲第11項又は第14項に記載の方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • Japan Science And Technology Corporation
  • Inventor
  • Yoda, Kinya
  • Nozaki, Naohito
  • Okazaki, Tsuneko
IPC(International Patent Classification)
Reference ( R and D project ) CREST Genetic Programming AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close