Top > Search of International Patents > ENTANGLEMENT PHOTON PAIR GENERATOR

ENTANGLEMENT PHOTON PAIR GENERATOR

Foreign code F040000745
File No. (K055P01)
Posted date Apr 25, 2005
Country WIPO
International application number 2003JP000762
International publication number WO 2003/065117
Date of international filing Jan 28, 2003
Date of international publication Aug 7, 2003
Priority data
  • P2002-026085 (Feb 1, 2002) JP
Title ENTANGLEMENT PHOTON PAIR GENERATOR
Abstract An entangled photon pair generator comprises a first polarization-deterministic photon pair generator for generating a first polarization-deterministic photon pair according to incident pump beam, a wavelength plate for turning by 90° a polarized plane of the first polarization-deterministic photon pair beam emitted from the first polarization-deterministic photon pair generator, and a second polarization-deterministic photon pair generator for generating a second polarization-deterministic photon pair beam according to the incident pump beam. These components are successively disposed adjacent to each other along the optical axis of the incident pump beam.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】【請求の範囲】1.入射ポンプ光に応じて第1の偏光確定光子対ビームを発生する第1の偏光確定光子対発生装置と、第1の偏光確定光子対発生装置から出射された第1の偏光確定光子対ビームの偏光面を90度回転させる波長板と、入射ポンプ光に応じて第2の偏光確定光子対ビームを発生する第2の偏光確定光子対発生装置とが、入射ポンプ光の光軸に沿って、順に隣接して配置されていることを特徴とするもつれ合い光子対発生装置。

【請求項2】2.第1および第2の偏光確定光子対発生装置は、非線形光学素子であることを特徴とする請求の範囲第1項に記載のもつれ合い光子対発生装置。

【請求項3】3.非線形光学素子への入射ポンプ光の入射角は、非線形光学素子における結晶の光学軸と入射ポンプ光のなす角度が相互平行条件を満たすような角度であることを特徴とする請求の範囲第2項に記載のもつれ合い光子対発生装置。

【請求項4】4.非線形光学素子は、BBO(β-Ba B204)結晶であることを特徴とする請求の範囲第2項または第3項に記載のもつれ合い光子対発生装置。

【請求項5】5.もつれ合い光子対ビームの各ビームを集束するレンズと、集束されたビームを結合される光ファイバとを備えていることを特徴とする請求の範囲第1項ないし第4項に記載のもつれ合い光子対発生装置。

【請求項6】6.第1および第2の偏光確定光子対発生装置は、入射ポンプ光発生部、および結晶の光学軸と入射ポンプ光のなす角度を、そのチューニングカーブがある特定の単一波長aで接するような角度に設定された非線形光学素子からなる光子対発生部を備え、互いに発生時刻の等しい波長aの対光子を含むような2つの光子ビームを発生するものであることを特徴とする請求の範囲第1項に記載のもつれ合い光子対発生装置。

【請求項7】7.第1および第2の偏光確定光子対発生装置は、入射ポンプ光発生部、および結晶の光学軸と入射ポンプ光のなす角度を、そのチューニングカーブがそれぞれ波長a,bで接するような角度に設定された非線形光学素子からなる光子対発生部を備え、互いに発生時刻の等しい波長a,bの対光子を含むような2つの光子ビームを発生することを特徴とする請求の範囲第1項に記載のもつれ合い光子対発生装置。

【請求項8】8.発生した光子対の一方を検出する検出部を備え、ビームに含まれる個々の光子の発生時刻を特定可能にしたことを特徴とする請求の範囲第1項または第2項に記載のもつれ合い光子対発生装置。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • Japan Science And Technology Corporation
  • Inventor
  • Takeuchi, Shigeki
IPC(International Patent Classification)
Reference ( R and D project ) PRESTO Light and Control AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close