Top > Search of International Patents > CANCER MARKER AND APPLICATION THEREOF

CANCER MARKER AND APPLICATION THEREOF

Foreign code F130007634
File No. 850-1336,S2014-0600-N0
Posted date Oct 1, 2013
Country WIPO
International application number 2013JP074377
International publication number WO 2014042148
Date of international filing Sep 10, 2013
Date of international publication Mar 20, 2014
Priority data
  • P2012-199508 (Sep 11, 2012) JP
Title CANCER MARKER AND APPLICATION THEREOF
Abstract Provided is a new cancer marker for testing the morbidity risk of cancer. The cancer marker of this invention is a prorenin receptor. The method for testing the morbidity risk of cancer of this invention is a method which measures the expression of prorenin receptors in a biological sample of a subject, and further includes, for example, a step in which the morbidity risk of cancer of the subject is tested by comparing the level of expression of prorenin receptors in the biological sample of the subject with a reference value. The reference value is the level of expression of prorenin receptors in the biological sample of healthy subjects or the level of expression of prorenin receptors in the biological samples of cancer patients. If the level of expression in the subject is higher than the level of expression in a healthy subject, is the same as the level of expression in the cancer patient, or is higher than the level of expression in the cancer patient, the subject is deemed to have a risk of dying from cancer.
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
In recent years, the cancer is, the top cause of death in Japanese and, also in other countries, the leading cause of death ranking are expelled. And development is the occurrence of cancer, genetic factors, environmental factors such as related to the different factors, definitive diagnosis and therapeutic method, not yet been established.
Cancer among, for example, pancreatic cancer, early detection is difficult for progresses quickly, at the time of discovery, transferred to the surrounding lymph nodes and organs such as in many cases. In this way, in the stages of therapy, a cancer progress, for example, and difficult to treat, even when surgical operation and the problem of a poor prognosis. For this reason, various for cancer including pancreatic cancer, and early detection of cancer marker for the development of desired (non-patent document 1 and 2).
Scope of claims (In Japanese)請求の範囲 [請求項1]
プロレニン受容体であることを特徴とするがんマーカー。

[請求項2]
消化器がんマーカーまたは脳腫瘍マーカーである、請求項1記載のがんマーカー。

[請求項3]
前記消化器がんマーカーが、膵臓がんマーカー、胃がんマーカー、大腸がんマーカーおよび肝臓がんマーカーからなる群から選択された少なくとも1つのがんマーカーである、請求項2記載のがんマーカー。

[請求項4]
前記脳腫瘍マーカーが、グリオーママーカー、アストロサイトーママーカー、中枢神経系原発悪性リンパ腫マーカーおよび海綿上血管腫マーカーからなる群から選択された少なくとも1つのがんマーカーである、請求項2記載のがんマーカー。

[請求項5]
被検者の生体試料におけるプロレニン受容体の発現量を測定する工程を含むことを特徴とする、がんの罹患危険度を試験する方法。

[請求項6]
前記がんが、消化器がんまたは脳腫瘍である、請求項5記載の試験方法。

[請求項7]
前記消化器がんが、膵臓がん、胃がん、大腸がんおよび肝臓がんからなる群から選択された少なくとも1つである、請求項6記載の試験方法。

[請求項8]
前記脳腫瘍が、グリオーマ、アストロサイトーマ、中枢神経系原発悪性リンパ腫および海綿上血管腫からなる群から選択された少なくとも1つである、請求項6記載の試験方法。

[請求項9]
さらに、前記被検者の生体試料におけるプロレニン受容体の発現量を、基準値と比較することにより、前記被検者のがんの罹患危険度を試験する工程を含み、前記基準値が、健常者の生体試料におけるプロレニン受容体の発現量またはがん患者の生体試料におけるプロレニン受容体の発現量である、請求項5から8のいずれか一項に記載の試験方法。

[請求項10]
前記試験工程において、前記被検者の生体試料におけるプロレニン受容体の発現量が、前記健常者の生体試料におけるプロレニン受容体の発現量よりも高い場合、前記がん患者の生体試料におけるプロレニン受容体の発現量と同じ場合または、前記がん患者の生体試料におけるプロレニン受容体の発現量よりも高い場合に、前記被検者は、がんに罹患する危険性があるとする、請求項9記載の試験方法。

[請求項11]
前記生体試料が、血液である、請求項5から10いずれか一項に記載の試験方法。

[請求項12]
前記生体試料が、消化器または脳由来の試料である、請求項5から10のいずれか一項に記載の試験方法。

[請求項13]
前記消化器が、膵臓、胃、大腸および肝臓からなる群から選択された少なくとも1つである、請求項12記載の試験方法。

[請求項14]
前記脳が、大脳、側頭葉、後頭葉、小脳、大脳基底核および間葉組織からなる群から選択された少なくとも1つである、請求項12記載の試験方法。

[請求項15]
プロレニン受容体の発現量が、そのmRNAの発現量およびタンパク質の発現量の少なくとも一方である、請求項5から14のいずれか一項に記載の試験方法。

[請求項16]
請求項5から15のいずれか一項に記載のがんの罹患危険度の試験方法に使用する試験試薬であって、プロレニン受容体の発現測定試薬を含むことを特徴とする試験試薬。

[請求項17]
前記発現測定試薬が、プロレニン受容体タンパク質に結合する物質、およびプロレニン受容体と前記結合物質との結合を検出する検出試薬を含む、請求項16記載の試験試薬。

[請求項18]
前記発現測定試薬が、プロレニン受容体遺伝子のmRNAを逆転写により増幅する試薬である、請求項16記載の試験試薬。

[請求項19]
プロレニン受容体に結合する結合物質およびプロレニン受容体の発現を抑制する発現抑制物質の少なくとも一方を含むことを特徴とするがん治療薬。

[請求項20]
前記結合物質が、プロレニン受容体に対する抗体である、請求項19記載のがん治療薬。

[請求項21]
前記発現抑制物質が、プロレニン受容体遺伝子のmRNAの発現を抑制する物質、発現したmRNAを切断する物質および発現したmRNAからのタンパク質の翻訳を抑制する物質からなる群から選択された少なくとも一つである、請求項19記載のがん治療薬。

[請求項22]
請求項19から21のいずれか一項に記載のがん治療薬を、患者に投与する工程を含むことを特徴とするがんの治療方法。

[請求項23]
がんの治療用候補物質のスクリーニング方法であって、被検物質から、プロレニン受容体に結合する結合物質またはプロレニン受容体の発現を抑制する発現抑制物質を、前記治療用候補物質として選択することを特徴とするスクリーニング方法。

[請求項24]
プロレニン受容体に前記被検物質を接触させる工程、プロレニン受容体と前記被検物質との結合を検出する工程、およびプロレニン受容体に結合した前記被検物質を、前記治療用候補物質として選択する工程を含む、請求項23記載のスクリーニング方法。

[請求項25]
プロレニン受容体の発現系に前記被検物質を共存させて、プロレニン受容体を発現させる工程、前記発現系におけるプロレニン受容体の発現を検出する工程、およびプロレニン受容体の発現量が、前記被検物質を共存させていないコントロールの発現系よりも低い前記被検物質を、前記治療用候補物質として選択する工程とを含む、請求項23記載のスクリーニング方法。

[請求項26]
前記被検物質が、低分子化合物、ペプチド、タンパク質および核酸からなる群から選択された少なくとも一つである、請求項23から25のいずれか一項に記載のスクリーニング方法。

  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION KAGAWA UNIVERSITY
  • GIFU UNIVERSITY
  • Inventor
  • Nishiyama formation
  • Fumiaki Suzuki
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG
Shikoku TLO is introducing the seeds of 4 inside 20 university and a technical college. Please ask to the following about the detailed contents of seeds. I am waiting for an inquiry.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close