Top > Search of International Patents > DEVICE FOR GENERATING THREE-DIMENSIONAL RETINA IMAGE

DEVICE FOR GENERATING THREE-DIMENSIONAL RETINA IMAGE

Foreign code F140007862
File No. S2013-1456-N0
Posted date Apr 15, 2014
Country WIPO
International application number 2013JP057779
International publication number WO 2013141229
Date of international filing Mar 19, 2013
Date of international publication Sep 26, 2013
Priority data
  • P2012-064565 (Mar 21, 2012) JP
Title DEVICE FOR GENERATING THREE-DIMENSIONAL RETINA IMAGE
Abstract [Problem] To provide a device for generating a three-dimensional retina image enabling detection of shifting of a scanning position during retinal scanning by a simple configuration, and also making it possible to obtain a retina image in which the impact of image distortion caused by such positional shifting of the retina has been reduced. [Solution] A device (100) for generating an optical tomographic fundus image constituted of: a second light source unit (210) for outputting a line beam for forming a linear image on the retina (R) in order to detect movement of the retina (R); a positional shifting detection unit (220) for detecting a line reflection beam reflected by the retina (R) and detecting shifting of a scanning position during scanning of the retina; and a dichroic mirror (230) for propagating the line beam on the same optical path in an inspection unit (140) as that of an object light scanning beam.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
第1光源を有する第1光源ユニットと、
前記第1光源から出射された出射光ビームを、眼球の網膜に照射する物体走査光ビームと、参照用の参照光ビームと、に分割する光分割器と、
前記参照光ビームが入力され、当該入力された参照光ビームを参照反射光ビームとして反射させる参照光ビームユニットと、
前記物体走査光ビームによって前記網膜を走査し、当該網膜にて散乱された光を物体反射光ビームとして反射させる測定ユニットと、
前記参照反射光ビームと前記物体反射光ビームとを干渉させた干渉光ビームを生成し、当該生成された干渉光ビームにおける波長毎の干渉強度を検出する干渉強度検出手段と、
前記検出された波長毎の干渉強度に基づいて前記網膜の3次元画像を生成する生成手段と、
ラインビームを出射するための第2光源を有し、前記測定ユニットの物体走査光ビームと同一の経路を伝搬するように前記ラインビームを出力する第2光源ユニットと、
ラインセンサを有し、前記網膜にて反射され、前記測定ユニットから出力された前記網膜で反射されたラインビームを前記ラインセンサで検出し、当該検出したラインビームに基づいて前記物体走査光ビームによる網膜の走査中における走査位置のずれを検出する位置ずれ検出ユニットと、
を備え、
前記測定ユニットが、
前記ラインビーム及び前記物体走査光ビームの前記網膜を走査する際の走査位置を調整する単一の光制御機構と、
前記単一の光制御機構の制御を行う制御手段と、
を有し、
前記制御手段が、前記検出された走査位置のずれに基づいて、前記単一の光制御機構における前記ラインビーム及び物体走査光ビームの前記網膜を走査する際の走査位置を制御することを特徴とする網膜用3次元画像生成装置。
[請求項2]
請求項1に記載の網膜用3次元画像生成装置において、
前記単一の光制御機構が、可動ミラーから構成され、
前記制御手段が、前記検出された走査位置のずれに基づいて、前記可動ミラーを制御し、前記物体走査光ビームとともに前記ラインビームの前記網膜を走査する際の走査位置を制御する、網膜用3次元画像生成装置。
[請求項3]
請求項1又は2に記載の網膜用3次元画像生成装置において、
前記位置ずれ検出ユニットが、
前記反射されたラインビームである各ライン反射ビームを画像化し、
前記各ライン反射ビームによって得られる2つの画像の相互相関を算出し、
前記算出した相互相関に基づいて網膜の走査中における前記走査位置のずれを算出する、網膜用3次元画像生成装置。
[請求項4]
請求項3に記載の網膜用3次元画像生成装置において、
前記位置ずれ検出ユニットが、
前記各ライン反射ビームによって得られる各画像を、それぞれ、当該ラインビームの主走査方向に対して複数の小領域に分割し、
前記2つの画像における主走査方向で同一の位置に属する2つの小領域の画像について相互相関を算出し、
前記算出した相互相関に基づいて網膜の走査中における走査位置のずれを算出する、網膜用3次元画像生成装置。
[請求項5]
請求項3又は4に記載の網膜用3次元画像生成装置において、
前記位置ずれ検出ユニットが、
前記ライン反射ビームにおける主走査の走査ラインが隣接する2つのライン反射ビームであって、主走査方向で同一の位置に属する2つの小領域の画像について、重複した画像領域の相互相関を算出する、網膜用3次元画像生成装置。
[請求項6]
請求項1~5のいずれか一項に記載の網膜用3次元画像生成装置において、
前記ラインビームが、前記物体走査光ビームの副走査方向に延伸するビームである、網膜用3次元画像生成装置。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • UTSUNOMIYA UNIVERSITY
  • Inventor
  • ABRAHAM J CENSE
  • ROY DE KINKELDER
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IS JP KE KG KM KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW ML MR NE SN TD TG

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close