Top > Search of International Patents > NUCLEAR MATERIAL DETECTION DEVICE AND NUCLEAR MATERIAL DETECTION METHOD

NUCLEAR MATERIAL DETECTION DEVICE AND NUCLEAR MATERIAL DETECTION METHOD

Foreign code F140007908
File No. 3854
Posted date Aug 13, 2014
Country WIPO
International application number 2013JP073042
International publication number WO 2014034734
Date of international filing Aug 28, 2013
Date of international publication Mar 6, 2014
Priority data
  • P2012-191500 (Aug 31, 2012) JP
Title NUCLEAR MATERIAL DETECTION DEVICE AND NUCLEAR MATERIAL DETECTION METHOD
Abstract This nuclear material detection device (1) comprises a neutron source (10) for generating neutrons to irradiate into a container, a detector (20) capable of detecting neutrons including primary neutrons irradiated from the neutron source and secondary neutrons generated from a fission reaction of a nuclear material (4), and a processing unit (30) for performing reactor noise analysis on the basis of data provided by the detector detecting neutrons. The neutron source (10) generates neutrons in a pulse form. The processing unit (30) performs reactor noise analysis on the basis of data that excludes, from the time series data provided by the detector detecting neutrons, data in the time region that contains the time while the neutron source generates neutrons in pulse form. By virtue of the present invention, nuclear material (4) concealed in a container (3) can be detected.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
対象物内の核物質を探知する核物質探知装置であって、
前記対象物に対して照射する中性子を発生させる中性子源と、
前記中性子源から照射させた一次中性子及び核物質の核分裂反応により発生した二次中性子を含む中性子を検出可能な検出部と、
前記検出部が中性子を検出して得たデータに基づいて炉雑音解析処理を行う処理部と、を備え、
前記中性子源は、パルス状に中性子を発生させ、
前記処理部は、前記検出部が中性子を検出して得た時系列データから、前記中性子源がパルス状に発生させた中性子の発生時間を含む時間領域のデータを除いたデータに基づいて、前記炉雑音解析処理を行うことを特徴とする核物質探知装置。
[請求項2]
前記処理部は、前記時系列データを生成すると共に、この時系列データから、前記時間領域のデータを除いたデータを抽出し、抽出したこのデータに基づいて前記炉雑音解析処理を行って雑音成分を求める請求項1に記載の核物質探知装置。
[請求項3]
前記処理部は、前記中性子源がパルス状に発生させる中性子の発生開始タイミングから、当該中性子の前記発生時間の500~5000倍の時間経過後までのタイミングを前記時間領域として、この時間領域のデータを、前記時系列データから除く請求項1又は2に記載の核物質探知装置。
[請求項4]
前記中性子源は、2つの重水素を反応させる核融合反応を用いて中性子を発生させる請求項1~3のいずれか一項に記載の核物質探知装置。
[請求項5]
前記中性子源と前記検出部との内の少なくとも一方は、路面に対して移動する移動体に搭載されている請求項1~4のいずれか一項に記載の核物質探知装置。
[請求項6]
前記中性子源から前記対象物へ向かう方向と、前記対象物から前記検出部へと向かう方向とは、交差する関係にある請求項1~5のいずれか一項に記載の核物質探知装置。
[請求項7]
前記中性子源は、2つの重水素を反応させる核融合反応を用いて中性子を発生させる構成であり、
前記検出部は、中性子をそのエネルギーと共に検出する機能を有し、
前記処理部は、前記核融合反応により発生し前記検出部に到達する中性子が有する最大エネルギーよりも高いエネルギーを有する中性子が、前記検出部により検出された中性子に含まれていることを求める機能を有している請求項1~6のいずれか一項に記載の核物質探知装置。
[請求項8]
対象物内の核物質を探知する核物質探知方法であって、
前記対象物に対してパルス状に中性子を照射し、
照射した一次中性子及び核物質の核分裂反応により発生した二次中性子を含む中性子を検出し、
この検出して得たデータに基づいて炉雑音解析処理を行い、
前記炉雑音解析処理を、中性子を検出して得た時系列データから、前記パルス状に発生させた中性子の発生時間を含む時間領域のデータを除いたデータに基づいて行うことを特徴とする核物質探知方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • KYOTO UNIVERSITY
  • Inventor
  • MASUDA KAI
  • MISAWA TSUYOSHI
  • TAKAHASHI YOSHIYUKI
  • YAGI TAKAHIRO
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close